contact

音楽

ゲーム

その他

2010.08.27

Lost Butterfly

退院して2週間以上経ち、9月からは仕事再開予定。正直不安は山ほど。病院から家に戻り普段の生活をしていると、いろいろ気になる症状も分かってきて。ちょっと味覚がおかしかったり、やはり右半身が思うように動かないことがある。微妙に不器用で、微妙に疲れる。この微妙にというのがミソで、一見問題なさそうに見えるからたちが悪い。

「プロジェクトでやってほしい仕事あるんだけど、すぐ残業いける?」とか聞かれた。「はぁ、まぁ、毎日深夜までは厳しいですけど、そこそこなら」。・・・どうなることやら。

右手、右目を長く使ってると疲れやすく、頭が痛くなったり。果たして以前のように仕事をこなせるのか、大いに不安だが、いずれにしろ金は稼がなくちゃいけないし、頑張ってみるしかない。

と、気合入れてる矢先・・・。

胸部に疾患が見つかった。

自覚症状がなく、まだすぐに手術するほどではないということなので、とりあえずまた入院するとかそういうのはなさそう。しかし、また高血圧で年配の人がよくなる症状。正直なぜにこんな目にって気がしないでもない。

何より気がかりなのは、循環器系の疾患ということで、益々スクーバダイビングがやばいことになりそうだってこと。これからの人生の生き甲斐にしたいくらいに考えていたのに。マスクやフィンも買ったのに・・・。これから何を楽しみに南の島へ旅したらいいんだ。神様がこの世にいるのであれば、そりゃぁいろいろ僕も過ちをおかしてきたかもしれないが、神様よ、このタイミングはどうよ。しがない庶民の、小さな夢や楽しみも奪う気か。

ヘコむ。病は気から、だから基本は前向きなつもりだけど、さすがにヘコむ。大いにへコむ。

もちろん、半身不随になったわけではないし、胸の疾患だってお陀仏に成る前に見つかったのは良かった、と考えるべきなんだろうけど、誰かと比べて幸せだとか、不幸だとか言うよりも、なんか自分が悔しい。

音楽でも聴いていないとやってられないな。ルルティアでも久々に大音量で聴くか。

2010.08.11

WALKING WITH DINOSAURS、さいたまスーパーアリーナ公演

7日(土)、さいたまスーパーアリーナで、WALKING WITH DINOSAURS LIVE ARENA TOUR IN JAPANを観て来ました。

恐竜の誕生から絶滅までを描く、アニマトロニクスの恐竜ショー。ほぼ実寸大のアニマトロニクスが歩き回る様は迫力。巨大な草食恐竜の代表格、ブラキオサウルスは首が天井に届きそうな大きさ。みんなの憧れ、ティラノサウルス・レックスの登場では、会場内から歓声も湧きました。

なかには2速歩行の小型肉食恐竜で人が入った気ぐるみタイプもありましたが、ゴジラの気ぐるみとは一味違うリアルさ。ただ、背景セットや場を繋ぐスクリーンの映像が少し安っぽいのと、アニマトロニクスのキャリー(土台)が見えちゃうのがちょっと残念でした。

本物の恐竜を見てみたいというのは、子どもたちの永遠の夢だと思うのですが、少しだけジュラシック・パークのような気分が味わえる大人も十二分に楽しめるショーでした。さらに精密度を高めて、例えば翼竜が客席の上を飛んだり、そんな続編も期待したいなぁ。

http://www.fujitv.co.jp/events/wwdj/index.html

ティラノサウルス・レックス
▲クライマックスは、やはりT.REX。なんか盛り上がっちゃうんですよね。

2010.08.08

入院

入院

7月20日、入院。
夜22時に歩いて近所の病院の救急を訪れたら、わけのわからないまま、パジャマ着せられ、点滴やいろんなコードを付けられ、カテーテルをあそこに突っ込まれて、あれよあれよというまに気付いたらベッドの上。

脳出血。右半身に軽い麻痺が出る程度だったのは不幸中の幸いだったけど、まさか自分がこんなことになろうとは考えもしなかった。生まれて初めて、自分にも「死」というものが意外と紙一重の近いところにあるんだなというのを実感したり。

CTやらMRIやらいろいろやっていますが、動脈瘤や血管奇形も見つからず、普段それほど高血圧というわけでもないので、はっきりとした原因は分からないのですが、ま、これという原因というよりは、仕事のストレスとか、体調とかいろんな条件が重なって起きたのかな。

入院

個室(部屋がなく入れられた)→ICU→一般病室と移り、カテーテルが外され、トイレ付き添いもなくなり、点滴も減って・・・と日に日に自由度は増していくものの、きわめて限られた行動範囲での生活、寝ては起きて飯食ってまた寝るみたいな毎日が、こんなにも苦痛だとは・・・。以前から冗談で「入院して休みたい」なんて言っていたことを、今は深く反省しております(苦笑)。

入院生活、18日間。
この週末、無理言って当初の予定より少し早めに退院させて頂きました。まだまだ20日前の自分に戻るには、いろいろやるべきことが山積みだけど、とりあえず良かった。猛暑の突き抜けるような青空が、泣けてくるほど気持ちいい。

2010.01.30

寒冷地で電池、流氷見たい、知床行きたい

冬山に登る親族が言っていたのですが、マイナスの気温ではしばしば電池がイカレて、デジカメとかが使えなくなるとか。3月に北海道旅行を検討しているのですが、北海道でもデジカメが使えなくなることがあったりするのでしょうか。流氷を是非見てみたくて、冬の知床へ行きたいと考えています。3月上旬じゃ遅いかなぁ!?ちょっと心配。今年は大丈夫と踏んで考えているのですが・・・。

テレビ番組を観ていたら、カナダでは、駐車場に自動車のバッテリーを温めておく器具と電源があるらしい。そういえば、特に電池の品質が悪かった昔は、よく寒い朝、なかなかクルマのエンジンが掛からなくて困っていたのを思い出します。

そのテレビ番組。ま、「ふしぎ発見」で、オーロラ特集でしたが、やはりオーロラは一度は見てみたいですね~。カナダもいいけど、個人的には、アイスランドが断然気になります。旅費も張るので、こちらはなかなか実現に至りません・・・。

2009.09.21

炭酸文明、ディシプリン 帝国の誕生、キャンセル待ち

炭酸文明

スーパーで、思わず買ってしまいました。

炭酸文明」。・・・なんだそりゃ。

ローヤルゼリーエキス配合、言わばオロナミンCとかあっち系の風味の炭酸飲料。なんでも炭酸飲料の起源はエジプトにあるとか。ホントかいな。

一応サントリーと、ちゃんとしたところ(?)から発売されているようです。

http://www.suntory.co.jp/softdrink/tansanbunmei/

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

ゲーム「ディシプリン 帝国の誕生」がなかなか興味深い。いつも一癖あるゲームで定評のある飯田和敏の久々のプロデュース作品らしい。監獄でイカれてるけど、どこかの誰かを想起させるような囚人達にちょっかい出して、彼らの心が開かれると心のうちや過去を明らかにされていく、みたいな。ま、ゲームとしては結構単純なクリックゲームみたいなもんなのですけど。

最近世の中妙な規制は厳しくて、パッケージソフトとかメジャーなところではこういう内容ってなかなか難しいんだろうけど、こうした配信とか、iPhone、iPodや携帯ゲームのほうで同人的なゲームも増えているのは、受け皿としていいのかもしれませんね。

http://www.mmv.co.jp/special/game/wiiware/discipline/

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

年内に海外へダイビングに行こうかと、旅行社に問い合わせてみましたが、11月の連休とか含むと既にキャンセル待ちの場合も多くてビックリ。

う~む、ダイビングは来年初めに延期して、他に旅行したほうが得策か。格安なアジア辺りなら行けるかなぁ。中韓台以外がいいけど。

2009.08.10

地震、台風、KFC

渋谷で飲み会に参加。旅の話とかして、楽しいひととき。でもなんだか刹那的でちょっぴり切ない。

途中地震があったけど、最初は、酔いが回ったかな、それにしちゃ揺れが激しいな~と思ったら、地震でした。

飲んでる時、話に出たので、写真を引っ張り出してみたり。エジプト、ギザの大スフィンクスの視線の先には、ケンタッキーフライドチキンとピザ・ハットがあります。結構有名な話ですけど。

日本にいても、どうせこんなに暑いなら、いっそエジプトにでも行きたいものです。そうだ、海のエジプト展とか、トリノ・エジプト展ってやってるんですよね。夏休みは子供たちで混み合いそうですが、行ってみようかなぁ。

ギザの大スフィンクス
スフィンクスの視線の先は、KFCとピザ・ハット

2009.08.05

Zeppもヴィーナスフォートも閉鎖、のりPもサッチンも悲ぴー、でも楽しいロンドン

テレビの情報番組を観ていて、驚くべき事実を知ってしまいました。

お台場でおなじみのヴィーナスフォートやパレットタウン、大江戸温泉も来年にはみ~んな閉鎖になるって!これらの土地、都から期限付き破格の安値で借りていた借地らしく。

Zepp Tokyoもなくなっちゃうらしい!!衝撃だぁ・・・。

って、知らなかったの僕だけ!?

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

いや~、ここ数日、いろんなことが起きていますね。
のりピーは大丈夫かなぁ。あんなに明るく元気なイメージだっただけに、夫が逮捕の上、自称サーファーだったなんて。悲ぴー・・・もとい、無事を祈るばかりです。

WinkのサッチンはまさかのMUTEKIデビューで切な過ぎることになっているし、80年代、90年代のアイドルたちもいろいろ岐路ですねぇ・・・。

September Shock

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

ロンドンと聞くと、ついこのCMを思い出してしまう。というと、世代がバレそうですけど。

昔は池袋に行くと、三越の裏辺りだったかな、ここのテープが延々スピーカから流れていたのを子供心に思い出します。さすがにもうないですよね?なんかダークで昭和なアダルトだわ。

ロンドン、ロンドン、楽しいロンドン

2009.06.11

顔を上げろ胸を張れ

人の命とはつくづく不思議なもの。
確かなことは自分で生きているのではない。
生かされているのだと言うことだ。
どんなところにも必ず生かされていく道がある。
すなわち人生に絶望なし。
いかなる人生にも決して絶望はないのだ。

中村久子

2009.01.21

めんめんメガネ

よくメガネドラッグの店頭に置いてあるメガネ洗浄器。洗浄液に付けて、ビーッと微妙な振動で洗うあれ。

家にあったらいいなぁなんて思ってたのですが、あれに似たクリーン・ウォッシャーなるものを手に入れました。カードポイントの景品で(笑)。

メガネドラッグにあるような本格的なものはもっと高価らしく、ちょっと振動具合とか安っちかったけど、ま、充分でしょう。なんかいろいろ洗ってみたくなりますね(笑)。

レンズもクリアになって、めんめんメガネ気分爽快。

水振動洗浄器・クリーンウォッシャー

2009.01.18

千葉です。 / 運命の1月21日 / カダフィ大佐

千葉に行きました。

正直物心着いてから千葉駅で降りた覚えがない。想像していたより、結構街でした。

モノレールが走ってるんですね。しかもぶら下がり型の!上野動物園かと思いましたよ(笑)。用事はなくとも、あれ、近々一回乗ってみたいなぁ。

考えてみれば、千葉県はこれまであまり遊びにも行ったことない。温かくなってきたら、いっちょ房総半島巡りでもすっかなぁ。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

1月21日は興味深いことが2つ。

まず一つは、憂鬱ながら、小室哲哉の初公判。結局返済の目処は付いたのかなぁ。起訴事実を争わない方針という報道なので、意外と早く結審しそうですが、量刑、判決はどうなるんでしょうね。ファンとしては寛大であって欲しいような、反面、刑務所でしっかりお灸を据えて貰ったほうが、本人の為でもあるのかなと思ったりも。

世界的にはこの日の話題は、オバマ大統領就任式になるんでしょうね。そういえば、小室哲哉逮捕の日も確かオバマ選出の日だったような。これは何かの縁でしょうかね・・・。オバマには期待したいですが、親中派なんて聞きますし、日本にとっては吉となる凶となるか、不況も重なって予断を許さない感じですね。"Yes, We Can. Change, Who Need?"

気になる気になる。

東大阪市の町工場が結集して開発した民間人工衛星「まいど1号」を積んだ、H2Aロケットの打ち上げも21日の予定でしたが、延期になったそうです。残念。でも期待。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

昔からずっと思ってたことなのですが、
カダフィ大佐って、いつまで大佐なのさ。

と思ってたら、言わばニックネームみたいなもんらしい。ファンファン大佐みたいなもんか!?(笑)当然リビアの軍にも大佐より上の将官はあるそうです。

カダフィ大佐も長いねぇ。最近ではリビアは解放も進んで、観光旅行も気軽に行けるみたいですね。

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ