contact

音楽

ゲーム

音楽

2012.03.22

Tomato n' Pine

汐留の日テレ前の広場で、春のPON!祭りというイベントをやっていて、その特設ステージで、Tomato n' Pineのステージがあったので、見てきました。初生トマパイ。

そうそう、意外にもまだ一度もブログで語ったことがなかったけど、昨年夏くらいから注目しています。単体でもそこそこ有名なYUIこと小池唯、WADAこと和田えりか、HINAこと草野日菜子の3人組。切ないメロディとコード感の打ち込みポップスの「旅立ちトランスファー」、「なないろ☆ナミダ」というシングル曲をイイ曲だなぁと思ったのがキッカケ。案の定(?)、プロデュースしているのはagehasprings。YUKIや元気ロケッツでも好きな楽曲が多いチームです。

で、話戻して、生トマパイ。ファンは若い人が多いので、ステージ前のスペースから少し離れたところから、こっそり鑑賞(笑)。黒のジャケットに青の短パンというシックで大人っぽいのか、元気いっぱいなのかよく分からない衣装。ま、中身が可愛ければ、無問題でしょう。喋りとかも少し大人しい気がしますが、「戦わないアイドル」を自称するくらいなので(笑)。

歌は基本リップシンクだったと思いますが、ところどころ、あと「ジングルガール」のセリフとかは、頑張ってました。

正直まだPerfumeブレイク前に感じたような勢いは感じませんし、セールスも思うように右肩上がりとはいっていないようですが、まだ結成2年だし、これからが勝負ですね。

Tomato n' Pine
春のPON!祭りスペシャルステージ
2012年3月22日(木) 日本テレビタワー B2F スペシャルステージ

1. 渚にまつわるエトセトラ
2. なないろ☆ナミダ
3. ジングルガール上位時代
4. 旅立ちトランスファー
5. 夢ノカケラ・・・

2012.03.21

ALL That LOVE、幕張メッセ。米米、TM、PRINCESSx2

TM NETWORK 2012

トップバッターとして登場したのは米米CLUB。初生ライブ体験。TMやプリプリと比べると大好きというほどではありませんでしたが、それでも『GO FUNK』や『5 1/2』辺りはテープにダビングしてかなり聴いていました。「浪漫飛行」は名曲だけど、「君がいるだけで」までいっちゃうとあまり好きじゃない。米米は宴会ノリと言ったら失礼かもしれませんが少しバカバカしいくらいがいいなと思っています。衣装は意外とシックでしたが、エンタテイメント精神は旺盛で、自然に観客が笑顔になってしまう感じ。ホーンセクションまでいる大所帯だからサウンドも華やかだし。そうそう「WE ARE MUSIC!」、何年か前リリースされた復活後の曲だと思うのですが、今回ライブで聴いて改めてイイ曲だなぁと思いました。ジェームス小野田も、序盤とうとうご欠席?と心配になったけど、中盤颯爽と登場して良かった(笑)。昔は凄いメイクしていて、素顔も素性も謎でしたよね。

プリプリの復活は素晴らしかった。パワフルな歌も演奏もそのまま。数年であっさり活動再開したり、安っぽい懐メロ番組で復活して、しかもガッカリさせられたりなんてことも少なくないなか、彼女たちの16年ぶりの復活は最高だったと思います。生でプリプリを見るのは初めてですが、ライブビデオは繰り返しよく見ていたので、一番音楽に夢中だったあの頃がまるで昨日であったかのように、気持ちが一気にあの頃に戻って、奥居あらため岸谷香も言ってたけど、音楽の力を感じた約40分間でした。もっと見たかった!

トリは我らが(?)TM NETWORK。対バンだから、有名曲中心になることは予想されましたが、そのなかで「BEYOND THE TIME」から始め、「Kiss You」や「We love the EARTH」を演奏したのは面白かったです。「Kiss You」カッコ良過ぎ。FENCEのギターフレーズとか、哲ちゃんのキーボードソロとか、相変わらず即興的で、プリプリの「一生懸命練習してきました」との言葉が少し耳に痛い気がしなくもないですが(汗)、ま、それもTMらしいと言えばTMらしいということで。衣装や金髪などは、今回のイベントの趣向から昔のTMを意識しているのかなと思いました。メイクは濃過ぎでしたが(苦笑)、それだけ気合入ってたってことかな。ウツの投げキッス連発も、「オーライ」しか言わない時代さながら(笑)でした。今回は歌いませんでしたが、新曲「I am」も往年のFANKSも比較的受け入れやすいメロディやアレンジの楽曲だし、今後のTMは全体的にこの雰囲気を広げるのか、はたまた変化球が来るのか、来月の武道館を期待して待ちたいと思います。

正直プリプリがトリだろうと踏んでいたので、TMだったのは意外でFANKSとしては嬉しいやら他のファンには申し訳ないやら。周囲からもちらほらそういう声が聞こえました。特にアンコールはTMに対してのみというより、他アーティストも含めてだったと思うので、せめて最後に全出演者が登場するくらいの演出は欲しかったかな。広い会場、もっと縦に横にステージを工夫できなかったかなとか欲を言えばいろいろありますが、細かいことはさておき、プリプリの復活、時を経て80年代を代表する3組が集ったこと、とにかくそれだけで熱くなるステージでした。

過剰に強調はされませんでしたが、このライブは東日本大震災チャリティ。会場へ向かう舗道の不自然な段差と修繕の跡。幕張周辺も土壌の液状化など被害があったことを思い出します。京葉線の車窓を流れる臨海部。ここに大地震や津波が押し寄せたらと考えるとふと不安にもなります。これからもこうして笑顔で音楽を楽しめるよう、東日本大震災の被災地の復興と、あの経験が今後に活かされることを切に願って止みません。

KOME KOME CLUB / TM NETWORK / PRINCESS PRINCESS
ALL That LOVE -give & give-
2012年3月20日(火・祝) 幕張メッセ国際展示場 9・10・11ホール

米米CLUB -
1. 愛 Know マジック
2. 浪漫飛行
3. 君がいるだけで
4. WE ARE MUSIC!
5. 狂わせたいの
6. どうにも止まらない
7. Shake Hip!

PRINCESS PRINCESS -
8. 世界でいちばん熱い夏
9. Diamonds
10.GET CRAZY!
11.M
12.SEVEN YEARS AFTER
13.OH YEAH!
14.ROCK ME

TM NETWORK -
15.BEYOND THE TIME
16.Kiss You
17.We love the EARTH
18.Love Train
19.小室哲哉 Keybord Solo
  (CAROL~humansystem~TIME TO COUNT DOWN)
20.Be Together
21.Get Wild
22.SEVEN DAYS WAR
~ENCORE
23.Self Control

2012.02.06

拡散

1984/4/21がTM NETWORKの地球に舞い降りた日でした。

2014/4/21はそれから30年、3名の地球潜伏者もそろそろ、身体能力、創作能力を検査して当初から予定していた30年目の任務終了まで地球の環境をより良くするため働かなくてはなりません。

1974からの計画です。あと2年、現代の文化をより知るべく3名のみで、2日間、約2万人を対象に48トラックの楽曲2曲を新しく制作し、集ってくれた人達の気持ちに金色の夢を見せてあげなければなりません。そんな指令が1/25に届いたのです。

28年、さすがにカルチャーの進化のスピードは加速しました。けれど、音楽という文化の風化というものは他のものと何か違うという事は間違いないという証明をする義務が僕たちにはあるのです。

-----
みたいな感じで、デビューから僕は2人にわがままを言ってつきあってもらい、プロデュースを楽しませてもらってきました。

そしてTMはフィクションありきで音楽活動をやってきたことは貫きたいなと。
こういった楽しみ方につきあってくれてきた皆さんには心から感謝します。

とりあえず、、、
近々にTM NETWORKとして、お会いしましょう。


小室哲哉


--------------------------------------------------
以上、拡散に賛同します。

https://plus.google.com/u/0/111212040212155147566
http://avexnet.or.jp/tk/index.html


2012.01.31

Perfume、さいたまスーパーアリーナ公演

Perfume JPNツアー、さいたまへ行ってきました。スーパーアリーナでライブを見るのは初めてでしたが、スタジアムモードということもあって、デカいなぁと感じました。ステージまで結構奥行きがあって、音響的には1日目アリーナ後方席では遅延を若干感じたけど、2日目1階席ではそうでもなかったです。

ステージは従来のPerfumeのスタイルは完成の域。花道やリフト、セカンドステージなどを使って、広い会場の観客皆が飽きないよう頑張ってます。長めの客弄り、あ~ちゃんの情緒不安定も健在。

やはりPerfumeはダンス、コリオグラフが何気に凄い。「ねぇ」のセクシーな脚で軽快なステップにはやはり思わず見入っちゃいます。ツアーオリジナルインスト曲でのダンスコーナーも、クール。そして、ここ数年毎回書いてるかもしれないけど、ホント3人ともキレイになりました。

1日目の「私たちに出来ること」についてのMCはいらなかったかもと思います。もちろん、ヘンな計算などをしないあ~ちゃんの正直な素直な気持ちだったのだろうし、責める気はないけど。ま、収益金を寄付するチャリティライブとかではないし。。。2日目のさらっとな感じくらいが大人として丁度いいかな。

中盤のメドレーや、ライブのエンディングは、これまでと変えてきた感じ。ファンクラブの「ツアー中あんまり内容書くな」要請になるべく従いたいと思うのであれだけど、「Perfume」のパッパッや「Wonder2」がなくなったのは寂しかった反面、ニューアルバムでも大好きな曲「心のスポーツ」の新たな振り付けは楽しかった。「お決まり」が変わっていくのは往年のファンにとっては残念だったり不安な部分もあるけど、変わらない部分と変わり続けていく部分両方大事だなと思いました。

変わっていくことという意味では、そろそろ、もっと大胆にステージ構成やスタイルを変えるのも面白いのではと、個人的には感じています。メドレーなどはCDの切り貼りのような安っぽさもやはり若干否めない。DJを演奏に取り入れるなどクラブサウンドに傾倒してもいいし、あるいは、ダンスについては一部だけでもバックやサポートダンサーを導入してみてもいいのではないでしょうか。ダメ。。。?

Perfume
3rd Tour JPN
2012年1月28(土)、29日(日) さいたまスーパーアリーナ

2011.07.30

ぽんぽん うぇいうぇいうぇい

2011.07.19

Khob khun Krab, T-POP!!

Sweet Vacationも好きですが、最近、タイ本国からのポップス、アイドルポップスが日本でもどんどん入っていてイイですね。K-POPは食傷気味だし、代わって頑張れT-POP!(笑)

Newwy(ニウ)。Yahoo!などで現地PVが「可愛い」と話題になった女性アーティスト。ついに日本デビューするそうです。日本語は微妙(苦笑)、タイ語版のほうがいいけど、今後に期待したいです。

http://www.newwy.jp/index.html

Neko Jump。

http://www.starchild.co.jp/artist/nekojump/

T-POPといえば、台湾も密かに注目しているのですが、その時はどっちをどう呼べば・・・C-POPは本土中国みたいですし。

2010.11.12

Perfume、東京ドーム公演

Perfume LIVE @ TOKYO DOME 1234567891011

3日、Perfumeの東京ドーム公演へ友人と行ってきました。個人的に、ドームでライブは4年前のマドンナ以来。それがまさかPerfumeになるなんて、数年前には想像だにしないこと。日本の女性グループとしても、SPEED以来史上2組目らしい。

開演2時間前に会場周辺に着きましたが、凄い人。東京ドームシティのお店などではPerfumeの曲が引っ切り無しに流れていて、気分はいやがうえにも盛り上がります。

座席はアリーナの後方。メインステージはグランド中央で、それを取り囲むようにアリーナ客席が配置されています。3階席までビッシリ埋まった約5万人の観客。8年前、広島でインディーズデビュー、ショッピングモールなどで数人のお客を前に歌っていたアイドル"ぱふゅ~む"が、その数年後東京ドームを満員にするなんて。例えば秋元康プロデュースで専用劇場や多額の広告費を投資され売れることを義務付けられた(それはそれで大変なことですが)今をときめくAKB48などと比較しても、それはまったく異なるサクセスストーリーだなと感心するばかり。

何重にも競り上がり回転するメインステージや巨大スクリーンなどセットや演出こそドーム仕様で豪華でしたが、Perfumeの3人以外に共演者やゲストはなく、ある意味いつものパフォーマンス。これで5万人を揺らすのだからただものではない。リップシンクで、こんなに盛り上がるライブを僕はいまだかつて見たことはない(笑)。もしかしてドームだし、例えば中田ヤスタカがゲスト出演とかあるかなぁなんて期待もしたのですが、ありませんでした。でも、それで良かったと思う。ヤスタカコスプレはたくさんいたけど。デデデデデデデデデ~デッデ♪新曲「ねぇ」や、ちょっとだけどペプシCMの「Lovefool」が聴けたのも嬉しかったです。

気が付けば約3時間のライブ。楽しい充実した時間でした。正直に言って、Perfumeは今一つのピークを迎えたといっていいと思います。これから新たな11年目をどのように踏み出し、歩んでいくのか気になるところです。なんでも11月下旬にはマカオで行われるアジアの音楽祭のステージに出演、初めて海外でパフォーマンスを披露するというので、注目ですね。余談ですが、中国は北京五輪の例の騒動以来、ライブでの口パクを禁止したなんてニュースを読んだ気が、・・・どうなんでしょうね(笑)。

Perfume
LIVE @ TOKYO DOME
1234567891011
2010年11月3日(水・祝) 東京ドーム

01. シークレットシークレット
02. 不自然なガール
03. GAME
04. ワンルーム・ディスコ
05. ナチュラルに恋して
06. love the world
07. I still love U
08. 575
09. Perfumeの掟
10. VOICE
11. コンピューターシティ
12. エレクトロ・ワールド
13. パーフェクトスター・パーフェクトスタイル
14. Dream Fighter
15. P.T.A.のコーナー
16. ジェニーはご機嫌ななめ
17. コンピュータードライビング
   ~ Perfume
18. チョコレイト・ディスコ
19. Puppy love
20. wonder2
Encore -
21. ねぇ
22. ポリリズム

2010.08.27

ルルティア、10月にミニアルバムを発売

10月にルルティアが新譜を出すそうです。最近が動きがなかったのでどうなってるんだろうと思っていた矢先、嬉しい限り。ルルティアは、僕にとってデビュー当初から大好き、・・・いや大好きというかもう信仰に近いくらい(苦笑)愛してやまないアーティストの1人。

ふとインディーズになってからの近作2枚を聴き返す。最近は通勤の途中ヘッドホンステレオで聴くことが多かったが、あらためて歌詞カードを見ながらじっくり聴いたら、やはりルルティアは歌詞もいいなぁ~と再認識。昔のような自分の内へ内へ深く抉るような表現は減ったかもしれないけど、その分、女性らしい優しさ、包容力と、一方でこの世への憂いや怒りが表裏一体で存在していたり。

アルバム全体の音というかトータルバランスとしては『Chorion』のほうが好きだけど、例えば『Seirios』の「サイレントプレイヤー」のイントロ打ち込みなんかも、ストリングスとブリブリのパッド音と"プチ"っていうシーケンス音・・・、もうたまらないです。

10月7日発売のミニアルバム『Behind the blue』も、公式HPによると"かつて無いジャンク性の高いハイスピードなダンスリミックスナンバー"が収録されるということなので、楽しみです。

さよならは始まりに
寂しさはやさしさに
苦しみは強さに
超えてゆける

僕はいつでも隣にいるよ
理屈なんかじゃない 繋がっているんだ

♪サイレントプレイヤー
words by RURUTIA

http://www.rurutia.com/

2010.08.09

安全地帯、東京国際フォーラム公演

8月4日(水)、入院中の病院に自宅に帰るとちょっとだけ嘘を付いて外出許可を取り、東京国際フォーラムの安全地帯ライブへ。

地下鉄千代田線で行ったら、日比谷駅から結構歩くから、死ぬかと思った(苦笑)。こっそり訪れたライブで倒れたなんてことになったら、洒落になりません・・・木陰のベンチで一休み、息を整え、いざホールへ。静かに楽しもうと心に言い聞かせて・・・と思ったけど、無駄な抵抗でした。

この日は、座席がなんと1階2列目。しかもど真ん中。まさに玉置さんの真ん前。1列目のおばさん挟んでだけど、よかった、1列目だったら、確実に血圧MAX超えて死んでました・・・。これはいやがおうにも、緊張するし、テンション上がります。玉置さんと何度も目が合う感じがして、途中から恥ずかしくて、あまり顔凝視できなかった。ま、玉置さんも、なるべく若い女のコと目を合わせたいでしょ(笑)。

正直ライブは行けないなと諦めかけていたこともあって、ライブが始まり派手な衣装に身を包んだ玉置さんが現れ、激しく「じれったい」を歌い始めたときには、本当に身体が震えました。涙が溢れました。玉置さんの歌はまさに「生命力」に溢れていて、ちょっと大袈裟だけど生きて会えた喜びっていうか。生きてる!みたいな。安全地帯を好きになった小中の青春時代のこととか、ぶわーっと頭に走馬灯の如く浮かんできて、このタイミングで安全地帯とライブで出会えることの何という幸せというか、めぐりあわせをひしひしと感じました。

ライブは、ニューアルバムではなく、過去曲中心の構成。本当にファンが聴きたい曲をと言っていた内容に嘘偽りない選曲。「碧い瞳のエリス」や「Friend」などバラードは、中盤、小編成のアコースティックで披露。アコースティックコーナーは最後、「かあさんの歌」~「あの頃へ」の流れが、歌の世界に引き込まれ最高でした。ホント玉置さんの歌唱力と、安全地帯の大人な確かな演奏力に終始圧倒されました。

後半戦。玉置さん、客席を揉みくちゃになりながら疾走。「Lonely Far」を、自身を巡るメディアやインターネットを皮肉った歌詞も追加したりして、ハードにパワフルに歌う。

8時30分。さあ、これから・・・というところですが、実はこの日のライブ、僕自身はここで会場を後にしました。病院の外出許可が、21時までしか貰えなかったのです・・・。とても残念。でもそれでも、見に来て良かった。1時間30分弱の途中まででも、確かな満足感というか、充実感があったのは、強烈なパフォーマンスで楽しませてくれた他でもない安全地帯の力あってのことでしょう。「I Love Youからはじめよう」で拳を振り上げたかったけど、それは10月の武道館でぜひ。

そうそう、「プルシアンブルーの肖像」で、客席の女性をステージ脇に連れ出して抱きしめる演出があって、僕は一般のファンだろうと思っていたのですが、ネットで他の方が書いているブログなどを見ると、その女性が青田典子だったとか!?そういうことかぁ~とも思うけど、でも青田には見えなかったような・・・。ま、結婚もされたそうですし、とにかく「もう離さない」ようお願いします。僕に言われたくはないでしょうけど。

青田は青田。俺は安全地帯。

安全地帯
完全復活 CONCERT TOUR 2010
~Starts & Hits~ 「またね・・・。」
2010年8月4日(水) 東京国際フォーラムホールA

2010.07.08

YUKI、神奈川県民ホール公演

YUKI concert tour 2010 うれしくって抱きあうよ

YUKIの"うれしくって抱きあうよ"ツアー、神奈川県民ホールへ行ってきました。

Bunkamuraの"THE Present"から一転、従来の感じのライブになるのかなぁと思いきや!意外にもしっかり継承した、ストリングスやホーンの生音あり、最新アルバムのバラード、ミディアムメインの曲構成のライブでした。

グッズのタオルを首に巻き、盛り上がりとか関係なしに緞帳が上がった途端からオールスタンディングだった観客に、数曲歌ったところで「席に座って聴いてください。私のライブではあまりないことだけど」とYUKI姉。「joy」や「ティンカーベル」はなし。「Wagon」も「星屑サンセット」もいつもとは違った落ち着いたアレンジ。

正直こういうのって、難しいことだと思うんですよね。意外にリスクがある賭けっていうか。ファンは定番やいつものノリってのを求めがち。仲間の知ってる感とか、参加してる的な自己満足とかもあって。YUKIもたぶんその辺は重々承知していて、だからこそ前の『five-star』のライブは、ベストセレクション的な集大成だったわけで。そのとき彼女に求められていたダンサブルでポップでキュートなパフォーマンスの最大限、極限を見せてくれたのでしょう。

そしてYUKIがYUKI自身に回帰したここ数年。でも、独りよがりってのとはちょっと違って、素直にいま歌いたい歌を歌い、いま奏でたい音を奏でているという感じで、喜びや情熱が自然に伝わってきて、聴いている方も心地良いという。

ちょっと残念だったのは、この日はツアー2公演目で初日から数日空いていたにも関わらず、YUKIの喉の調子が少しだけ良くなさそうだったこと。音がふらついたり伸びに欠け、高音部や伸ばしの部分で苦心している様も伺えました。2児のお母さんで日々大変だろうし、体調に気をつけてツアー乗り切って欲しいですね。

手作りの温もりがあって、まるで絵本の中に入り込んだようなファンタジックな舞台セットも見ものです。オープニングの影絵も、インパクト大です。今回は三つ編がモチーフの1つになっていますが、five-starの時はスプーンだったり、そういうテーマなり世界観なりを構築するセンスも相変わらず秀逸。

うれしくって抱きあっちゃうこと、請け合いです。

YUKI
concert tour 2010
うれしくって抱きあうよ
2010年7月7日(水) 神奈川県民ホール

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ