contact

音楽

ゲーム

« 2011年9月 | トップページ | 2011年12月 »

2011.11.30

サンシャイン水族館

マイワシの回遊水槽
▲マイワシの回遊水槽。(サンシャイン水族館)

サンシャイン水族館、先日大幅リニューアルオープンしたってんで、超久々に行ってきました。

すっかりキレイになって。展示内容もビルの屋上にあるとは思えない充実ぶり。少しそれぞれの水槽は小さいけど、マイワシの回遊もあるし、ラッコやマンボウ、唯一の淡水に住むアザラシのバイカルアザラシも。クラゲのドームも地味だけどなんか好きで、ボーッと見入ってしまいました。自分の部屋にほしい(笑)。

ラッコ
▲ラッコ、ラッコ~。(サンシャイン水族館)

クラゲ
▲クラゲはいいよな。うん、クラゲはいいよ。(サンシャイン水族館)

マンボウ
▲大きい身体におちょぼ口。眠たげな目でゆっくり泳ぐ。どこか弱々しいマンボウ。隣で見ていたオバちゃんが「私マンボウの刺身食べたことあるの」と同伴の知り合いに熱弁していた。(サンシャイン水族館)

一つの見どころかなと期待していた屋外のアシカの回遊リングは、意外とほほぉこんな感じかといった程度でした。リングになってることで、逆に離れると見辛いので、演出としては面白いですが、泳いでる姿をじっと見るなら普通の水槽でいいかもとちょっと思ったりもして。

順路終盤は、ペリカンやサル、そう言えば以前逃げ出して話題になったアルマジロまでいて、なかなか楽しいひとときを過ごすことが出来ました。

久々にプラネタリウムも楽しんじゃおうかなと思ったら、演目入れ替えのため休業中。残念。池袋自体、最近来なてなかったけど、昔、学生時代は東京と言えば池袋の頃があったなぁ。東武沿線の埼玉人らしく(笑)。予備校も池袋だったし。

サンシャイン通り入口の角にロッテリアがあったり、途中の映画館とかもまだちゃんとあって、意外と変わってなくてちょっと嬉しかった。

帰りは予定もなく暇だったので、東池袋から都営荒川線でのんびり帰りました。王子、飛鳥山公園の近辺で道路に出て、カーブを曲がる辺りがイイね。

アシカのサンシャインアクアリング
▲頭上をアシカがグールグル。新名物アクアリング。(サンシャイン水族館)

2011.11.24

ステキな金縛り

三谷幸喜の才能はだれもが認めるところですし、僕も嫌いというわけではなく、むしろ好きだと思うのですが、なぜかあまり作品を見ていません。古畑や何本かのドラマくらい。舞台はおろか、三谷映画も全くの未体験。なんか雰囲気が舞台みたいな映画が多いなぁみたいな印象くらいしかありませんでした。

そんな僕ですが、ついに三谷映画デビュー。「ステキな金縛り」を観てきました。深津絵里扮する失敗ばかりの新人弁護士が、担当することになったある殺人事件の証人に、西田敏行扮する落ち武者の幽霊を呼んで真実を明らかにしようと奮闘するサスペンスコメディ。

キュートな深津ちゃん、あり得ないキャラクターを感情豊かに演じる西田敏行を軸に、阿部寛、中井喜一、草なぎ剛など脇も豪華。しつこいくらいのギャグの連発、多少強引な展開も気にならないのは、物語の展開がテンポよいからでしょう。2時間20分を超える上映時間は、もう少しコンパクトにまとめるともっと見やすかったのではという気はしますけど。

幽霊や殺人事件がテーマになっている映画ですが、とても楽しく、ホロリとするエンディングも含めなんだか幸せな気分になれる映画。また、映画の広がりは持ちつつ、少しオーバーな演技とかどこか舞台演劇の匂いも感じる。頭に書いたように彼の作品に詳しいわけではありませんが、この感覚が一つの三谷映画の魅力なのかなとは思いました。

ちなみに、テーマソングの「Once in a blue moon」が好き。シンプルな楽曲だけど、久々の深津絵里の歌声が透明感があって、西田敏行のハモリも活きていて、心地よいです。「不思議な髪の人~♪」の歌詞にくすり。

2011.11.12

銀座、ジャポネのジャリコ

有楽町。昼を食べ逃したまま4時過ぎ、夕食には少し早い時間帯。以前テレビで知って気になっていたけどお昼時などは混むと聞いて延ばし延ばしにしていたお店に、この時間ならと行ってみることに。

有楽町駅からロフトなどのある道をちょっと行った首都高ガード下のショッピング街・インズの1階。マクドナルドのテナントをスルーして建物の奥に進むと、隅にまるでそこだけ時間が止まったようなレトロな看板、カウンターのみ十数席程度のこじんまりとしたお店が。ジャポネ。スパゲッティ&カレーのお店。この日は、5時前かつ雨が降っていたという条件もあいまってか、行列はなし。すぐに座れました。

Japone


注文したのは、ジャリコのレギュラー。ジャリコという名前からは味などさっぱり想像つきませんが、簡単に言うと焼うどん風のような醤油味の炒めスパゲッティ。豚肉に小エビ、シイタケ、コマツナ、しその葉、最後にその上に細切れのトマトがチョンチョンと乗っています。シイタケやエビかな、味の素かな(笑)旨味も効いています。決して上品な盛り付けじゃないけど、B級グルメ的な美味しさ。初めて食べたけど、お店の雰囲気同様なぜか懐かしくなるようなそんな味。パスタではなく、まさにスパゲッティです。

他にも、トマトケッチャップ感、脂ぎっとり感満点、ナポリタンとか、カレーかけたインディアンとか、気になるメニューがいろいろ。店名になっているジャポネも気になる。みんなスパゲッティ注文しているようでしたが、カレーの味はどうなんだろう。

ここはテレビに取り上げられたり似つかわしくない(?)銀座という土地柄もあって有名なお店だと思いますが、全国探せば同じような美味しくて庶民的なスパゲッティのお店はいろいろありそうだなとは思います。

Jalico
▲ジャポネのジャリコ。

« 2011年9月 | トップページ | 2011年12月 »

無料ブログはココログ