contact

音楽

ゲーム

« 阿蘇 | トップページ | はやぶさ -HAYABUSA- »

2011.09.10

熊本城

熊本城の長塀
▲熊本城の長塀。(熊本)

帰京する日の朝、出発まで少し時間があったので、熊本城へ。

ホテルから近かったので、加藤清正像や長塀を眺め、坪井川を渡り、徒歩で向かいます。南西の櫨方門から入城。迷路のような石垣、階段を昇っていくと、やがて本丸御殿そして天守閣がそびえる中心部分に辿り着きます。

まず数奇屋丸、宇土櫓を見学。天守閣などは西南戦争時に焼けてしまい復元されたものですが、宇土櫓は約400年前に建てられてから焼け残った唯一の櫓だそうです。その後、天守閣、本丸御殿を見学。天守閣は外観は美しいのですが、内部は日本の復元された城にありがちなコンクリート造の博物館のようになっていて、復元に出資した人の名札を並べた部屋などがあり、少し味気ない。でも最上階からの眺めは熊本を一望できて爽快です。

二様の石垣
▲二様の石垣。上に行くほど反りが大きくなる「武者返し」。(熊本城)

熊本城、天守閣
▲天守閣。(熊本城)

本丸御殿は3年前に復元されたばかりで、今回初めて訪れるので特に楽しみにしていました。外観や大方の部屋は一見地味。しかし天守閣と違ってたくさんの丸太による梁など丁寧な木組みで忠実に復元された内部は興味深い。見ものは、金箔、漆塗りで彩られた昭君之間。部屋に入ることは出来ませんが、ガイドさんが常に立っていて説明してくれます。眩しい金色ながら草花が描かれた天井や中国の古事が描かれた襖絵は繊細で上品。加藤清正の当時の権力、威厳を感じます。

熊本城本丸御殿、若松之間から覗く昭君之間
▲若松之間から覗く昭君之間。(熊本城)

城のすぐそばには、新たに土産や飲食店が集まった桜の小路という施設や、人形劇などを行う歴史体験施設なんかも出来て、日本有数の名城を堪能しました。

出発を前に、熊本交通センターの地下商店街で少し早めの昼食を取ることに。やはり最後はという感じで、熊本ラーメン老舗こむらさきの支店へ。交通センターでは、こむらさきと桂花の支店が向かい合って店舗を構えていましたが、桂花は確か新宿など東京でも食べられるので、こむらさきを選択。最近は熊本ラーメンも進化して、趣向を凝らした新手の人気店舗もあるようですが、やはり濃厚豚骨にマー油、焦がしニンニク、木耳の昔ながらの熊本ラーメンも捨て難いですね。よかばい、美味かばい。

シルシルミシルで見て(笑)無性に食べたくなっていたお菓子、その名も武者返しを買い込み、午後早々の飛行機で帰京の途に。久方ぶりの熊本。法事で祖父母との想い出を振り返ったこともあり、なんだか第二の故郷に帰ってきたような気持ちになれました。

こむらさきの熊本ラーメン
▲こむらさきのラーメン。(熊本)

« 阿蘇 | トップページ | はやぶさ -HAYABUSA- »

旅行・地域2011-」カテゴリの記事

コメント

あれれ、下関通過してたのねん・・・。

遥か上空ですけどねwink下関、山口にも行きたいねぇ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4825/52690707

この記事へのトラックバック一覧です: 熊本城:

« 阿蘇 | トップページ | はやぶさ -HAYABUSA- »

無料ブログはココログ