contact

音楽

ゲーム

« 熊本城 | トップページ | 銀座、ジャポネのジャリコ »

2011.09.27

はやぶさ -HAYABUSA-

映画「はやぶさ -HAYABUSA-」の試写会に行ってきました。

「アポロ13」や「アルマゲドン」のような派手さはなく地味ではあるものの、そこそこ楽しめました。事実に基づくと分かっているからかな。にも関わらず、肝心の主人公が架空の人物というのが痛いところ。純粋にドキュメンタリーに近いものを求めるのか、フィクションとして楽しむものを目指すのかが少々曖昧になってしまった感じは否めません。竹内結子演じる水沢が、宇宙に興味を持ったりスタッフになるきっかけも急にフィクションがかっているし、はやぶさについても結構重大なアドバイスとかしちゃうし。ただ、竹内のコミカルでドタバタした演技が、映画に明るさやテンポを加味しているのも確か。

映画は2時間20分あり、前半の打ち上げまでの展開などは少々冗長に感じる部分もありますが、一時は絶望に瀕しつつも、幾多の苦難を乗り越え、偉業を達成した7年間60億kmに及ぶはやぶさ君の旅は、やはり日本人の琴線に触れるものであることは間違いありません。

イオンエンジンには!?のおばあちゃんから子どもに至るまではやぶさ君の最期には号泣です。はやぶさの地球再突入シーンでは、僕も感極まり、涙を抑えるのに必死でした。ま、ぶっちゃけYouTubeの実際の再突入映像だけでもう何度も泣いてますけどね・・・。それならドキュメンタリーで充分というのは言いっこなしで。

佐野史郎も川口(役名は川渕)さんに雰囲気似ているし、西田敏行も良かったですよ。竹内演じる水沢を筆頭にスタッフが少しオタクキャラ過剰なのは気になりましたけど。

事あるごとに予算予算と言うのにも苦笑いしつつ、ま、でも実際NASAの何分の1か何百の分の1か知れない限られた予算で、コツコツとトライ&エラーを繰り返しては"成果"を積み重ねてきた技術者たちの功績は、日本の誇りだと思います。

冒頭に書いたアポロ計画のように莫大な予算を投じスケールのデカいアメリカとも、技術の蓄積をすっ飛ばして早急にパクり、・・・もとい宇宙技術大国のふりをしたがる東アジア某国とも異なる、日本らしい地味な地道さが生み出した壮大なロマン。

ニュートリノは光より速く、物理法則が覆されるかも、なんてこれからの時代。はやぶさのような話を知って、将来科学あるいは、宇宙を志す子どもたちが増えたら素晴らしいですね。

http://movies.foxjapan.com/hayabusa/


▲はやぶさ君が火の鳥のごとく燃え散った後、カプセルだけが残り輝く光景は何度見ても涙が・・・。

« 熊本城 | トップページ | 銀座、ジャポネのジャリコ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

映画館で見るか迷っているけど、この手の話は好きだし、
例のはやぶさが帰還する映像を大画面で見る価値はあるかもしれないので、映画館で見てみようかなと思ってます。

>アニキさん
映画館で見てもいいかもしれません。
ただ竹内結子のお色気シーンは一切ないので、失望なさらずに。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4825/52840909

この記事へのトラックバック一覧です: はやぶさ -HAYABUSA-:

» はやぶさ/HAYABUSA [うろうろ日記]
試写会で見ました。竹内さんが演じる主人公は、色々な方をミックスされて完成された人 [続きを読む]

» 映画「はやぶさ/HAYABUSA」感想 [タナウツネット雑記ブログ]
映画「はやぶさ/HAYABUSA」観に行ってきました。2003年5月9日に打ち上げられ、2010年6月13日にサンプルを地球に投下して消滅した小惑星探査機「はやぶさ」、およびその... [続きを読む]

» 「はやぶさ/HAYABUSA」お帰り~!! [シネマ親父の“日々是妄言”]
[はやぶさ] ブログ村キーワード  日本中を感動の渦に巻き込んだ、あの小惑星探査機帰還のニュースを映画化。「はやぶさ/HAYABUSA」(20世紀フォックス映画)。競作ブームの先陣を切っての公開です。さあスクリーンで、あの感動を再現できるか?  古本屋でバイトをしながら論文を書いていた水沢恵(竹内結子)は、かつて講演を聞きに行き、質問をぶつけた“宇宙科学研究所”の的場室長(西田敏行)からスカウトされ、研究生として小惑星探査機のプロジェクトで働き始める。このプロジェクトの内容は、探査機を小... [続きを読む]

» 夢ある宇宙。【映画】はやぶさ/HAYABUSA [B級生活 ゲームやら映画やらD-POPやら]
【映画】はやぶさ/HAYABUSA 2003年に飛び立ち、小惑星イトカワからサンプル採取に成功した 小惑星探査機「はやぶさ」の挑戦を描いたドラマ。 【あらすじ】 2003年5月9日。小惑星探査機「はやぶさ」は、小惑星イトカワを目指し地球を出発した。イオンエンジンの実験、成... [続きを読む]

» はやぶさ/HAYABUSA ほんとよく帰ってきてくれたよ〜!感動再び。 [労組書記長社労士のブログ]
【=51 -9-】 ハヤブサはJAXAのウェブサイトでちょこちょこ追っかけていた、ほんとに大変な挑戦でそして日本はやりきった! 自分の中でも昨年1年間で一番感動し勇気を貰った出来事だった。 そんなハヤブサを題材にした映画はいくつも作られているらしいが、この映画が一...... [続きを読む]

» 映画:「はやぶさ/HAYABUSA」♪。 [☆みぃみの日々徒然日記☆]
平成23年10月11日(火)。 映画:「はやぶさ/HAYABUSA」。 2012年2月11日に「はやぶさ 遥かなる帰還」。 2012年3月10日に「おかえり、はやぶさ」が、公開予定。 【監  督】堤幸彦 【脚  本】奥平綾子・井上潔 【撮  影】唐沢悟…... [続きを読む]

» 『はやぶさ/HAYABUSA』 あなたも必見かもしれない [映画のブログ]
 こうしてみなさんにブログをご覧いただけるのも、インターネットへの接続も、そもそもパソコンや携帯電話やスマートフォンが動作するのも、コンピュータの中でプログラムが動いているからだ。現代社会ではあ...... [続きを読む]

» 『はやぶさ−HAYABUSA−』 [シチュー鍋の中の混沌の弐]
『はやぶさ−HAYABUSA−』公式サイト 来年2月の東映版、3月の松竹版の先駆けて公開されたFOX版『はやぶさ』映画。 初日の10月1日、そして12日と2回観に行きました。2回目にはすでに小さなシアターになっちゃって、ちょっと(´・ω・`)となりましたが。 総じて言えば「秀作」です。よく出来てます。 とにかく「ちゃんと『サイエンス』で『ヒューマン』があって、きちんと『映画』になってた!」と、すごく安心しました。それだけ不安だったんですよ。「妙なラブストーリーになってないか、... [続きを読む]

» 『はやぶさ/HAYABUSA』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「はやぶさ/HAYABUSA」□監督 堤 幸彦□脚本 白崎博史、井上潔□キャスト 竹内結子、西田敏行、高嶋政宏、佐野史郎、山本耕史、鶴見辰吾■鑑賞日 10月10日(月)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は...... [続きを読む]

» 『はやぶさ/HAYABUSA』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「はやぶさ/HAYABUSA」□監督 堤 幸彦□脚本 白崎博史、井上潔□キャスト 竹内結子、西田敏行、高嶋政宏、佐野史郎、山本耕史、鶴見辰吾■鑑賞日 10月10日(月)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は...... [続きを読む]

» [映画『はやぶさ/HAYABUSA』を観た(短信)] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆非常に面白かった。  先だって見た『はやぶさ HAYABUSA BACK TO THE EARTH』(クリック!)にはなかった人間ドラマを加えつつ、  また、その「はやぶさ」自体の旅路の予習も出来ていたので、相乗効果で楽しめた。  この物語は、言わずと知れた実際の宇宙計画だっ...... [続きを読む]

« 熊本城 | トップページ | 銀座、ジャポネのジャリコ »

無料ブログはココログ