contact

音楽

ゲーム

« さいたま水族館 | トップページ | 日光湯元温泉、滝巡り、日光田母沢御用邸跡 »

2011.06.22

さや侍

「さや侍」、観て来ました。松本人志監督の3作目。

"30日の業"のネタ連発は監督の過去作に通ずる構成。相変わらず結構スベります。スベるのはともかく、中盤くだらないネタが延々続いて、ちょっとダラけるのも相変わらず。ある意味エンドロールが一番笑ったかも(見れば分かる)。

全体的には、話の筋は分かり易いし、娘のたえ役の子や板尾の演技も相まって、これまでで一番映画らしい映画にはなっています。しかし終盤は、"30日の業"の結末にしろ、エンディングの演出にしろ、唐突感は否めません。ま、これも「大日本人」なんかと同様で、松っちゃんらしいっちゃ松っちゃんらしいのですが。

とは言いつつも、ラストは、素直に感動しました。突飛で、一瞬「ほへっ!?」となることうけあいですが。松っちゃんも、結婚して、人の親になっていろいろ感じることがあったのかな。

http://www.sayazamurai.com/

« さいたま水族館 | トップページ | 日光湯元温泉、滝巡り、日光田母沢御用邸跡 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
「30日の業」はすべってなんぼなんですね。
めっちゃうけたら、ハッピーエンドで終わっちゃいますからね。
しょうもないことを、黙々とやり続ける野見さん、もとい武士、そして父の姿がいいんです。
でもわたしもまさか泣かされるとは思ってなかったから、ハンカチを慌てて用意した次第でした~(°°;)))オロオロ(((;°°)~

>やんたんさん
コメントありがとうございます。
30日の業は、特に後半観客の庶民の盛り上がりとちょっと落差を感じてしまいました。

正直ラストの心情が唐突な気もしたのですが、それを知って見ると野見さんの演技もそう見えなくもないのが不思議です。

竹原ピストルは、松っちゃんかなりの推薦みたいですね。イイ歌です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4825/52013081

この記事へのトラックバック一覧です: さや侍:

« さいたま水族館 | トップページ | 日光湯元温泉、滝巡り、日光田母沢御用邸跡 »

無料ブログはココログ