contact

音楽

ゲーム

« 屋久島へ | トップページ | Perfume、東京ドーム公演 »

2010.10.30

屋久島でダイビング

屋久島2日目は、友人とは別行動で、ファンダイビング。少し遅め9時過ぎにダイビングショップのピックアップ。30分くらい離れた宮之浦港でもうひとりのお客さんを乗せ、さらに北西に15分、一湊という港へ。

インストラクターはショップオーナーの男性。ご夫婦で経営しているとか。送迎してくれた奥さんやメンテナンスのおじさんもアットホームで、重器材は運んでくれたりサービスはさながら殿様ダイビング。一方で、安全面などはきちんと指導してくれます。

当初はビーチの予定でしたが、ショップからの提案でボートに変更。一湊港には休憩や着替えが出来るショップ所有の小屋があり、そこで準備をしていざ出航!すぐ傍だからと言われたけど、出航して数分、本当にすぐそば、港の堤防の裏へちょっとまわったくらいの辺りで「さあ、ここです」と言われて、ちょっとビックリ。

「タンク下」と呼ばれるポイント。ビーチというか港からでもエントリーできるみたいですが、まぁ結構泳ぐようなので、今日のお客は初心者2名だしって判断かな。お昼休みを挟んで2ダイブ。1ダイブ終了後インストラクターさんがまだ見せ切れていないとプッシュするので、結果同じタンク下を2ダイブになりました。ちょっとボート代分、高く付いたかなという気がしないでもないですが、それは言いっこなしかな。

この日、天気は曇り時々雨でしたが、視界は20mはあり上々。船からシッティングバックでエントリー。実際やったの初めてかも!?ロープを掴んで潜行。最深約16.6mまで散策しました。

黄色いヘラヤガラ、大きなヤコウガイ、カジキの群れなど結構いろいろな魚がいました。海底の砂からニョロニョロと顔を出したたくさんのガーデンイールは、水族館で見たことのある光景が野生で見れたという感じで、とても興味深かったです。

そして、何と言っても印象的だったのは、アオウミガメ。何やら一心不乱に海底の藻か何かを食べており、優雅に泳ぐシーンは残念ながら見れませんでしたが、それでも個人的には初ウミガメでして、感動しました。一緒に潜った人は海外などで結構何度も出会っているからとあまり盛り上がってなかったですが(汗)。

アオウミガメと初遭遇
▲アオウミガメと初遭遇。(屋久島、タンク下)

レンタルしたカメラが調子悪くて、2ダイブ目のはじめには電池切れ表示で一切取れなくなったのは、残念だったかな。追加料金払ってるんだから、そこはもっとちゃんとしてほしかったです・・・。

屋久島というと、正直あまりダイビングのイメージはないのではと思いますし、僕もそうだったのですが、ここ数年ダイビングショップも増えて結構な数あるようです。東京からダイビングだけ考えると、屋久島まで行くならいっそ沖縄までとか考えちゃうと思うのですが、トレッキングも兼ねてというなら、ダイビングやる人は潜ってみるのも面白いかもしれません。

屋久島では、8月になると、永田浜という浜でアオウミガメの産卵も見学も出来るそうです。これは一度見てみたいですね。それから、ふと思ったのですが、特産でもあるトビウオはダイビングなどで見れるのでしょうか!?海上を滑空するくらいだから、浅いとこ泳いでるのかな。岩盤の島なので海水浴できるようなビーチこそほとんどないものの、意外に海も興味深い屋久島です。

屋久島の海。多くの魚が息づいている
▲屋久島の海。多くの魚が息づいている。(屋久島、タンク下)

« 屋久島へ | トップページ | Perfume、東京ドーム公演 »

旅行・地域2008-2010」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4825/49889446

この記事へのトラックバック一覧です: 屋久島でダイビング:

» 重器材 ダイビング機材通販 [重器材 ダイビング機材通販 Div Master's Shop ダイビング機材アクセサリーWebショップ]
重器材のカテゴリ スクーバダイビングで使用するBC レギュレータ ウエイト ウエイトベルト に各種ゲージ ダイブコンピュータの事です [続きを読む]

« 屋久島へ | トップページ | Perfume、東京ドーム公演 »

無料ブログはココログ