contact

音楽

ゲーム

« 日暮里・COUS COUSの野菜のクスクス、谷中・シャレースイスミニでお茶 | トップページ | 屋久島へ »

2010.10.23

鹿児島、黒福多の黒豚ロースカツ膳、天文館むじゃきの白熊

屋久島旅行は、7月に入院する以前から知り合いと立てていた計画で、直前までさすがに中止しようかと何度も悩みましたが、決行を決意。縄文杉トレッキングは知人と屋久島で落ち合い一緒に行きます。民宿に一緒に泊まる友人も現地で会う予定で、行き帰りは単独行動です。

朝9:30羽田発の全日空機で、まずは鹿児島へ。機内アナウンスで、エグチ・ヨウスケという機長の名前に「マジすか」と心の中で突っ込みを入れます。そうそう、久々にANA国内便に乗りましたが、ジュースや食事が有料になったんでしたね・・・。そうこうしているうち、2時間弱で鹿児島空港に到着。いやぁ5年ぶりくらい久々の九州。しかも鹿児島県は初めてです。東京から陸路だと直通の新幹線や高速バスもないし、九州の中でも遠いイメージですが、飛行機は四国上空を横切って想像よりは早かったかも。

空港前に停車していたハイウェイバスに乗り込み、鹿児島市内へ。空港は少し山の中にあって、市内中心地まで40分くらいかかります。バスは補助席まで使って満員で、僕も補助席。乗客にはリュックを持っていたり、いかにも同じく屋久島へ行くんだろうなという人もちらほら。

天文館のアーケード
▲鹿児島の繁華街、天文館のアーケード。手前の広告には、「HAVE A NICE TENMONKAN!」の文字・・・。(鹿児島市、天文館)

屋久島への船は鹿児島港南埠頭から乗りますが、あえて少し余裕を持って15:00発の船で予約。ちょっとの時間ですが鹿児島市を感じるべく、随一の繁華街だという天文館というところでバスを一旦降ります。ちょうど昼時だったので、事前にチェックしていたその名も黒福多(くろぶた)という黒豚料理専門店へ。

http://kurobuta.fc2web.com/

1,000円のロースカツ定食を注文しようとしたら、「黒豚ではないですけどよろしいですか」と言われる。よろしくないです!そらぁ黒豚専門店来て黒豚食べないわけには行かないでしょ。というわけで、黒豚ロースカツ膳(\1,780)にチェンジ。豚の耳(ミミガー)の和え物や味噌汁にも豚肉が入っていて、黒豚尽くしの様相。鹿児島名物さつま揚げも添えられています。メインの黒豚ロースカツは、お肉が柔らかくて美味しかったです。雰囲気が我が家の坪倉に似た店員さんがいて、客が食べ終わって皿を引く際、必ず「いかがでしたか」と聞いています。自分の時、「共食いですか」「俺は豚じゃねぇよ」的なやり取りになるんじゃないかと内心ドキドキしましたが、そんなことはなく「柔らかくて美味しかったです」「ありがとうございます」と無難なやり取りでごちそうさま(当たり前か)・・・。お客さんは観光客らしき人が多かったけど、結構繁盛してました。

黒豚料理専門店、黒福多
▲鹿児島の黒福多。天文館にある黒豚料理専門店。

黒福多の黒豚ロースカツ膳
▲鹿児島天文館、黒福多の黒豚ロースカツ膳。

カツで満腹、時間もあまりありませんでしたが、せっかく天文館に来たならもう一店寄らないととばかり向かったのは、天文館むじゃき。カップアイスでも御馴染み白熊の元祖といわれる店。

http://www.mujyaki.co.jp/

たっぷり練乳と蜜がかかったカキ氷に、フルーツやレーズン、豆などがたくさんのった氷菓。実はカップアイスの白くまは好きで結構日頃食べてますが、本場の喫茶店で食べる白熊はまた少し違った味わいがあって美味しかったし楽しかったです。サイズがレギュラーとベイビーがあって、レギュラーはすこぶるデカいです。隣の客が注文して出て来たのを見てビックリ、僕はベイビーにしましたがこれでも充分かと。レギュラーはさすがに途中で食べ飽きちゃうんじゃないかとちょっと思いました。暑い夏場はいけるかもしれないけど。あとチョコレート白熊とかストロベリー白熊なんかのバリエーションもあります。

滞在わずか数時間ながらも、黒豚と白熊を無事食べることが出来て良かったな。白熊で冷えた身体が少し寒いくらいのこの日の鹿児島。天気は、あいにくの曇り時々雨。むじゃきでホットコーヒーも頼み、少し温まってから、いざ高速船トッピーの待つ鹿児島港南埠頭へと急ぎます。

天文館むじゃき
▲天文館むじゃき。店頭には、白熊のキャラクター人形やこの手前には本物の白熊の剥製も飾ってある。

天文館むじゃきの白熊
▲天文館むじゃきの白熊。写真はベイビーサイズ。ベイビーとは言ってもボリューム充分。

« 日暮里・COUS COUSの野菜のクスクス、谷中・シャレースイスミニでお茶 | トップページ | 屋久島へ »

旅行・地域2008-2010」カテゴリの記事

コメント

ボイスではよくやりとりしてますが日記は久しぶりですね!笑
お元気そうで何よりです。

まだ日本で社会人をしていた頃にロブと鹿児島へ行ったことがあり、むじゃきの白熊食べましたよー。懐かしい。そして、イギリスへ移住する前に家族と屋久島にも行ったのでした。

高千穂のあたりにむかし遠い親戚が住んでいて、これまた小学生のときにおばあちゃんと遊びに行ったことがあります。

何かとご縁のある県なのでまた行きたいのですが、なにぶん遠い。。。笑

>Maiさん
お久しぶりです。ボイスではいつもどうもです。
元気そうです!でもそんなに元気でもないんですけどね(どっちよ)。
なんとイギリスへ行く前に屋久島へ!さらにロブさんも白熊を!白熊はお口にあいましたか?

屋久島へ行かれたときは、やはり縄文杉など行きましたか?ま、杉ばっかっちゃ杉ばっかですが、鹿がそこかしこに居たり、やはり都会では味わえない空気や景色はたまにはいいものですね。

鹿児島は市内に今回はほんの数時間の滞在だったので、またいずれゆっくり訪れてみたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4825/49820738

この記事へのトラックバック一覧です: 鹿児島、黒福多の黒豚ロースカツ膳、天文館むじゃきの白熊:

« 日暮里・COUS COUSの野菜のクスクス、谷中・シャレースイスミニでお茶 | トップページ | 屋久島へ »

無料ブログはココログ