contact

音楽

ゲーム

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010.09.28

奥多摩、大岳山、御岳山で、屋久島予行演習

奥多摩、大岳山、御岳山へ行ってきました。
御岳山は山頂に武蔵御嶽神社、周囲には山荘やお土産屋の集落もあり、ケーブルカーとちょっとした徒歩で行くことが出来ます。

http://www.mitaketozan.co.jp/

クルマを置き、御岳登山鉄道滝本駅へ。ケーブルカーは、そこから標高831mの御岳山駅まで標高差約420mを約6分で登ります。平均勾配は関東一とのことですが、残念ながら周囲は杉植林に囲まれていて、車内での見晴らしはそれほど良くありません。

上の御岳山駅から武蔵御嶽神社までは、両脇に山荘やお土産屋の並ぶ舗装された小道を歩き、数分程度。この後の登山の無事を祈りました。

御岳山登山鉄道、滝本駅
▲御岳山登山鉄道、滝本駅。SUICAも使えます。(東京都、青梅市)

御岳山登山鉄道ケーブルカー。これは日の出号
▲御岳山登山鉄道ケーブルカー。これは日の出号。

武蔵御嶽神社の参道
▲御岳山、お土産屋が並ぶ武蔵御嶽神社の参道。

御岳山頂にある武蔵御嶽神社。拝殿
▲御岳山頂にある武蔵御嶽神社。拝殿。(東京都、青梅市)

日の出山。遠くに白い屋根の西武ドームも見える
▲大岳山へ向かう途中の眺望。手前は日の出山。遠くに白い屋根の西武ドームも見える。

今日の目標である大岳山へはいくつかのルートがありますが、その手前にある奥の院(男具那ノ峰)を超えて行くことに。9時30分頃。御岳山の観光地の雰囲気から、ハイキング、登山の雰囲気へと変わっていきます。

ハイキングレベルと甘く見ていましたが、久々の登山で、かつ先日入院して以来身体が万全でないこともあって、登り始めはキツかった。若干右足がふらつくこともあって岩や木の根に苦戦。退院して1ヶ月ちょっと、まだ早かったかなとか、大岳山までは無理かなとか、弱音を吐きつつ、しかしなんとか奥の院山頂(1077m)にたどり着きます。山頂には小さな祠があるのみですが、お酒や野菜がお供えしてありました。あまり眺望は良くないが、広いスペースがあるのでとりあえず一休み。

その後、奥の院を下って、鍋割山は巻き道と書かれた道を進んでスルー、大岳山へ向かいます。しばし比較的緩やかな道が続い後、しばらくするとまた所々岩肌で鎖の張られた道など次第に道が険しくなっていきます。トレイル・ランで走り去る人、楽しげに歓談しながら追い越していく山ガールたちを横目に、「倒れる前の俺だったら負けなかったはず」などと意味のない負け惜しみを思いながらも、着実に一歩一歩進んでいきます。

大岳山頂を目指す途中には、数年前に閉鎖されすっかり廃墟と化した大岳山荘があります。そばにある展望デッキも残念ながらコンクリート崩壊の恐れがあるということで立ち入り禁止。公衆トイレは使用できました。

大岳山荘のすぐ上には大岳神社があります。拝殿も埃にまみれ障子のビニールが破けていたり、こちらもなんだか少し荒んだ感じ。時間はそろそろお昼時。神社近辺には所々広いスペースがあるため、登山客が思い思いに弁当などを広げて休んでいました。

ここからもう一息頑張って、今日の一番の目標、大岳山頂に到着。標高1266m。たくさんの人。ちょうどお昼時ということもあり、みなお弁当などを広げていました。この日はちょっと天気が曇り始め、木や雑草が生い茂り妨げになってはいたものの、南西側の眺望が開けていて、奥多摩の景色が望めます。

大岳山、山頂。標高1266m
▲大岳山、山頂。標高1266m。

山頂はかなり多くの人で混んでいたので、ちょっと下ったところにある木陰の広いスペースに腰と荷物を降ろし、つかの間のランチタイム。同行者が持参してくれたガスバーナーとお鍋でインスタントラーメンを作って、コンビニで買ってきたおにぎりといただきました。なんでもない食べ物でも山に自然に囲まれて食べると格別ですね。

さあ、今度は御岳山に戻る帰路です。違うコースを通って帰ったほうが面白いかと、途中から岩石園(ロックガーデン)方面へ。15時過ぎ。綾広の滝の側から入り、沢をゆっくりくだって行きます。綾広の滝は、落差10mほどというこじんまりした感じですが、今回の道中初めての水辺、沢ということで水の音、景色に癒されます。岩石園は、渓流沿いに作られた遊歩道で1.5kmほど続きます。苔生した岩に囲まれ、広葉樹の木の感じとか全然違うだろうけど、ちょっとだけ2週間後の屋久島先取り気分。

天狗岩と呼ばれる上には祠のある巨石のある分岐に到着。案内板の片方は御岳山駅、もう一方は七代の滝と書かれています。七代の滝を見たい!ということで、そちらに行きましたが、階段などもある急勾配を結構な距離下ります。

滝では、御岳山の山荘で行っている滝行ツアーのご一行が来ていて、やっとこさ階段を降り岩陰にある滝つぼのほうへと行こうとしたら、「滝行するため、岩の向こうでちょっと女性陣が着替えているので、少し待って欲しい」と言われました。登山スタイルで来て、滝のそばで着替えるんですね・・・。

この時は夕方でしたが、日中にも行っているらしく、山を登っている途中、何やら人の叫び声のようなものが聞こえていったいなんだろうと思ったのですが、正体はこの滝行だったようです。

七代の滝自体は落差8mほどの小さな滝、かと思ったら落差50mに渡って連なる滝の総称だそうで、僕らが見学したのはその下から4段目の部分なのだとか。

七代の滝から御岳山駅への道は勾配は緩やかだけど延々と続く登り階段。さすがに足も疲れ、膝も笑うような状態で、岩石園歩いているときはもうこのままの比較的楽な感じで御岳山到着かなと思っていたこともあって、正直キツかったです。

綾広の滝。御岳山岩石園
▲綾広の滝。御岳山岩石園。

御岳山岩石園
▲御岳山岩石園。

七代の滝
▲七代の滝。8段のうちの下から4段目。近くの山荘で開催している滝行ツアーの一行が白装束に着替え、滝行に挑んでいた。

しかし永遠に続くかと思われた階段もついには終わり、武蔵御嶽神社の石段を降り、参道を戻り、無事ケーブルカーの御岳山駅に到着。17時頃で、9時出発だったので約8時間。人によっては何てことはないハイキングコースでしょうけど、奥の院も登って、七代の滝まで降りてまた登って、高低差にすると結構歩いたと思うし、一定の達成感を感じつつ、終わってみれば楽しい一日でした。翌日の筋肉痛が怖い(苦笑)。

2週後の連休には、知り合いと3泊4日で屋久島へ行く予定。病気で倒れる前に立てた計画で、今回の登山の結果次第では中止しようかとも思っていましたが、余裕とは言えないまでも今回のようにどうにか縄文杉まで行けるのではないかと考えています。多少足元の安定感、体力は落ちたけど、頭痛とか吐気とかはほとんど感じなかったし。

縄文杉、どうか行けますように。

御岳山
▲御岳山。山の上に山荘などの集落が見える。

ケーブルカーで山を降りる
▲ケーブルカーで山を降りる。お疲れ様でした。

2010.09.18

Everything you see is a message

円高にしろ、尖閣などの問題にしろ、日本の政治がしっかりしないから、諸外国に好き勝手にされているなぁという感じ。

菅政権が内閣改造を行いましたが、正直脱小沢とか反小沢とか、いい加減にして欲しい。小沢支持でへそを曲げるのは簡単だけど、そんなことで揉めている余裕なんてないはず。煽るマスコミもいい加減にして欲しい。

日本はしっかりと強いメッセージを発信しなくてはいけない。そういう意味で円高の為替介入は良かったかな。

尖閣の問題にしろ、ちょっと前に中国の潜水艦やらがちょっかい出していた時に、もう少し毅然とした態度とメッセージを出しておくべきだったんじゃないかな。挑発に乗るべきではないというのは分かるけど、言うべきことを言わないのは冷静とは違うと思う。

韓国との竹島問題やロシアとの北方領土問題もそうだけど、両国といくら友好関係を築いていこうとも、ことあるごとにこの問題を蒸し返されて、結局積み重ねてきたものが崩れてしまう繰り返し。やはり根本的にこの問題を解決しなくては、難しい問題だけど、逃げていては本当の意味で信頼も友好もあり得ないんだろうなと思います。

これから資源やら経済的混乱などもあって、もっともっとシビアになっていくであろう国際関係の中で、日本の事なかれ主義ではいよいよ生き残っていくのが難しい時代になるのかなって気はします。

新内閣の外務大臣は前原さんだそうで。尖閣の問題についても、国土交通大臣の時から毅然としたメッセージを述べていたし、民主党の中ではタカ派のイメージだったけど、例の参政権などについては前向きだったり、必ずしも右一辺倒というわけでもないようで。個々の思想の賛否はともかく、ま、バランスがある方だし悪くないんじゃないかなと僕は思いますけど。

一方で、千葉法務大臣がやっと辞めたと思ったら、今度は岡崎トミ子とかいうおば様が国家公安委員長といった首をかしげたくなるような人事もあって。

いや、別に旧社会党で朝鮮寄りだから怪しからん!とかって前に、国の方向性として民主党政権としてどうしたいのかってのがいまいち見えないのが嫌ですね。そういう意味でも、メッセージ発信かなぁ。これはネットで騒がれているようなそういうメッセージと捉えちゃっていいのかな。小沢さんじゃないけど、自らがきちんと発信しないと周りが勝手に解釈し兼ねませんよ。ま、個人的には日本国としてそこまでして韓国、北朝鮮と友好を目指すメリットはあまり感じませんが、ただ、中国は無視できない存在だなというのはあります。経済的にも軍事的にも、脅威だし。だからこそ先の尖閣の問題も重要かつ困難な問題なわけで。

僕が幼少の頃、ひばりヶ丘駅で一生懸命演説をしていた菅さんの姿は、今も覚えています。よく政治家は選挙のときになると「命がけで」と言いますが、選挙は勝てばいいのです。命をかけるのは、その後の政治の仕事へ。代表選で、菅さんは選挙に勝ったら首相の仕事を「命がけで」と言っていました。ぜひ有限実行内閣で。

とにかく、右でも左でも、親小沢でも脱小沢でも、何でもいいから(よかないけどさ)、いろいろ限界ギリギリな日本。急いで最小不幸でお願いしたいところ。

2010.09.05

バイオハザードIV アフター・ライフ

映画「バイオハザードIV アフター・ライフ」、観て来ました。
前作IIIの思わせぶりなエンディングで、東京も舞台になるってんでいろいろ期待する部分もありましたが、結論から言うと、う~んという感じ、いまひとつだったかなぁ。

雨の渋谷の交差点に、傘も差さずに立つ中島美嘉の姿から始まるイントロダクションに期待が高まります。その後序盤からアンブレラ東京本部での熱いバトルが繰り広げられますが、意外にあっさり本部壊滅。サヨナラ東京。結局印象的な日本人は中島美嘉のみという嬉しいんだか悲しんだか。

以降、舞台はアラスカ、ロスの刑務所へと移りますが、前作までの流れでいよいよスケール感爆発するのかと思いきや、逆になんだかこじんまり。しかし、そこはめでたく復帰したポール・W・S・アンダーソン監督のこと、1作目のような閉鎖空間での息詰る展開を描いてくれることを期待しますが、アンデッドは種類も襲い方もワンパターン。どこから襲ってくるんだろうという緊迫感とか、大切な仲間がT-ウイルスに感染して・・・みたいな展開も皆無。愛する妻・ミラを痛めつけるのが忍びなかったのでしょうか!?(そういえば毎回お決まりの如くあったサービスカットもなかったなぁ)

タイラントのような中ボス級モンスターらしきものも途中出てはくるけど、設定も強さも中途半端で残念な感じ。

ちょっといろいろ脚本が「?」というか、弱いかなぁという印象。ミラ演じるアリスは、相変わらずカッコいいけど、前作の超人的な強さはとある理由で鳴りを潜めてしまったり。

初3D化というのを売りにしているようですが、映像的にもなぜか1作目以上に漂うB級感。シリーズのスケールがデカくなり過ぎて、表現も予算も収拾つかずいっそスケールダウンというのはそれはそれでありだと思うのですが、片や大作感にも未練がある感じで、どっちつかずというか。マトリックスの物真似のような映像を3Dで見せられても・・・。個人的には、恥ずかしながら「アバター」も先日DVDで観たくらいで、初3D体験でしたが、3D感もあまり感じなかったし(メガネが悪かったのかもしれませんが)、この映画が3Dである必然性が分かりませんでした。ま、僕自身、テレビなど含めて元々3Dそのものに懐疑的な方ではあるのですけど。

IIIの時は完結編と謳っておいてのあのエンディングで呆然としましたが、IVも大いに続編を予感させるエンディング。今回は完結編なんて言っていないので製作サイドはやる気満々なのかもしれませんが、今回の出来からすると、正直シリーズの将来は厳しいかも・・・。ネタ切れか、新たな切り口で復活なるか。ま、なんだかんだ言っても"バイオ"はゲームも映画も大好きなので、もし次回作もあるとすれば、どうにか盛り返して欲しいところ。

結果IVは、個人的には初っ端の中島美嘉に尽きますね(笑)。とはいえ、セリフなどなくホントに初め数分のイントロダクション部分で、ほとんどストーリー的にはなくてもいいシーンですので、過度の期待は禁物。

http://biohazard4.jp/

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

無料ブログはココログ