contact

音楽

ゲーム

« ざくざくラー油バーガー | トップページ | 東伊豆、富戸ヨコバマでダイビング »

2010.06.15

YUKI、Bunkamuraオーチャードホール公演

渋谷Bunkamuraオーチャードホールで開かれたYUKIのライブへ行ってきました。

ど真ん中の前から4列目。久々、ホントJAM以来じゃなかろうか、こんなに近くでYUKI姉を拝んだのは。アラフォーで二児の母とは思えない相変わらずの可愛さで、キレイな脚にスカートひらひらさせて、・・・ドキドキです。

オーケストラ対応のいつもとちょっと違うホールで、いつもとちょっと違うライブ。ストリングやホーンセクション、生ピアノを従えた10人を超える大編成。これは1万円するわ。セットリストも、バラードやミディアム中心。アップテンポも、ちょっとJazzyなアレンジで聴かせたり。アンコールまで皆座ったままで、ちょっとだけ大人な雰囲気?

なんでだろう、YUKIの言葉はすーっと心に入ってくる。っていうか、素敵なこといっぱい言い過ぎ。泣きそうになるじゃないか。数々の名曲の熱唱、「プリズム」や「歓びの種」、「ミス・イエスタデイ」・・・。泣きそうになるじゃないか。時に語りかけるように、時に演劇やバレエのように情熱的に華麗に動き回って、今日も"上手に歌うのではなく、心を込めて"歌ってくれました。

全体的には、最近のポップでダンサブルで、みんなで楽しく歌って踊りましょといった感じのライブではなかったので、戸惑った観客もいたかな。でも、個人的には、そろそろ「JOY」でダンスとか飽きたとは言わないけど、違うのも見たい!と思っていたので大満足。

ま、とはいえ、終盤、定番の「ティンカーベル」のフレーズ合唱はあったし、アンコールは皆我慢しきれず(?)スタンディングになりましたが、それはそれはで良かったんじゃないかな。盛り上がったし。そうそう、ヤマタツの「DONUT SONG」(ミスドのあれね)もありました(笑)。意外な選曲。さて、来月はまたすぐにツアーがあります。YUKIもだいぶ歳を重ねてきましたし、今回のスペシャル・ライブを機にまた少しずつ変わっていくのかな。楽しみ。

ところで、ライブや楽曲のタイトルになっているthe present。贈り物の意だけではなく、「かけがえのない今」、「いまここにいることの大切さ」といった意味も含んでいるとか。

入場時に貰ったリーフレットに書かれた詩の一節。

ありふれた「愛してる」を繰り返し
「また明日遊ぼう」と笑うだろう
ありがとう
私に起きた全ての出来事に

人生は短い
それはまるでたった一日のように

YUKI「24hours」より

だから、自分には喧嘩したり憂鬱になったりしてる時間なんてない。すべてを肯定して受け入れることができたなら。そんな思いで彼女は、「うれしくって抱きあうよ」を歌ったとか。

・・・泣きそうになるじゃないか。

YUKI
THE Present
2010年6月15日(火) 渋谷Bunkamuraオーチャードホール

« ざくざくラー油バーガー | トップページ | 東伊豆、富戸ヨコバマでダイビング »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4825/48641530

この記事へのトラックバック一覧です: YUKI、Bunkamuraオーチャードホール公演:

« ざくざくラー油バーガー | トップページ | 東伊豆、富戸ヨコバマでダイビング »

無料ブログはココログ