contact

音楽

ゲーム

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010.06.27

東伊豆、富戸ヨコバマでダイビング

東伊豆へスクーバダイビングしに行ってきました。大昔三浦海岸で潜って以来2度目の国内でのダイビング。

自宅出発は朝5時過ぎ。そんな前日に限って23時過ぎまで残業。ついてない。寝不足は大敵なのに~。東京から約3時間弱。ショップに着いたら、凄い数のお客さん。行くスポットは人それぞれだけれど、40人はいたんじゃないかなぁ。ちょっとビックリ。

熱海駅でJR東海道本線から伊豆急行に乗り換え
▲熱海駅でJR東海道本線から伊豆急行に乗り換え。熱海温泉も、いつかゆっくり来たいなぁ。(静岡、熱海)

僕は、富戸のヨコバマというビーチスポットへ。横浜じゃなくて、ヨコバマ。漁港のすぐそばで、シャワーやトイレなどの施設があり、船底を改造した湯船なども。この日はこれまた数十人の多くのダイバーで大賑わい。僕が参加したのは、比較的初心者向けのツアー。7人のチームでしたが、僕が経験本数最少。でも、どうにかそれほど迷惑はかけずに済んだんではないかと。昼食を挟んで2ダイブ。ガイドさんも盛り上げ上手、皆さん初めましてでしたが、終始笑顔が絶えず、楽しく安心して潜れました。梅雨だというのに、空には太陽も覗き、気温は30度近い。水温は少し冷たく19度程度でしたが、フードベストを借りたら、ウェットでほぼ問題ありませんでした。

透明度も上々。15m以上は見えたかと。度入りマスク買って来て良かった。水深は10m前後まででしたが、色とりどり様々な魚にも出会えて、想像以上に楽しめました。クマノミ、ウミテング、ヤマドリ、キビナゴ、ミノカサゴ、エソなどなど!アオリイカの卵も海底に浮遊してたり。正直、伊豆の海をどこかナメていたかも。浅いビーチでこれですから、かなり奥深いです。伊豆に足繁く通うダイバーが少なくないのは、単に安近短だからというだけではないようです。

クマノミヒメジミノカサゴ
▲水中写真。ほとんどバディの方が撮ったもの(苦笑)で、よく撮れてます。クマノミ、ヒメジ(?)、ミノカサゴ。(静岡富戸、ヨコバマ)

ところで、終わり時間なくログ付けがありませんでした。インストラクターもサインくれず、後でと思っていたら、結局バディの方からもサイン貰うの忘れ。そんなもんって言ってたけど、そんなもん、なんですかね・・・!?

いずれにしろ、日帰りでダイビングが出来るのはいいですね。朝は少しハードだけど。温かいうち、8月か9月にまた伊豆へ行こうかなぁ。一方で、やはり早くアドバンスを取りたいなという気持ちも次第に強くなってきていて、悩ましいところです。

富戸漁港。ヨコバマでのダイビング終了。お疲れ様でした
▲2ダイブを終え、漁港の中、ダイビングサービスへ向かうメンバ。お疲れ様でした。(静岡、富戸)

2010.06.15

YUKI、Bunkamuraオーチャードホール公演

渋谷Bunkamuraオーチャードホールで開かれたYUKIのライブへ行ってきました。

ど真ん中の前から4列目。久々、ホントJAM以来じゃなかろうか、こんなに近くでYUKI姉を拝んだのは。アラフォーで二児の母とは思えない相変わらずの可愛さで、キレイな脚にスカートひらひらさせて、・・・ドキドキです。

オーケストラ対応のいつもとちょっと違うホールで、いつもとちょっと違うライブ。ストリングやホーンセクション、生ピアノを従えた10人を超える大編成。これは1万円するわ。セットリストも、バラードやミディアム中心。アップテンポも、ちょっとJazzyなアレンジで聴かせたり。アンコールまで皆座ったままで、ちょっとだけ大人な雰囲気?

なんでだろう、YUKIの言葉はすーっと心に入ってくる。っていうか、素敵なこといっぱい言い過ぎ。泣きそうになるじゃないか。数々の名曲の熱唱、「プリズム」や「歓びの種」、「ミス・イエスタデイ」・・・。泣きそうになるじゃないか。時に語りかけるように、時に演劇やバレエのように情熱的に華麗に動き回って、今日も"上手に歌うのではなく、心を込めて"歌ってくれました。

全体的には、最近のポップでダンサブルで、みんなで楽しく歌って踊りましょといった感じのライブではなかったので、戸惑った観客もいたかな。でも、個人的には、そろそろ「JOY」でダンスとか飽きたとは言わないけど、違うのも見たい!と思っていたので大満足。

ま、とはいえ、終盤、定番の「ティンカーベル」のフレーズ合唱はあったし、アンコールは皆我慢しきれず(?)スタンディングになりましたが、それはそれはで良かったんじゃないかな。盛り上がったし。そうそう、ヤマタツの「DONUT SONG」(ミスドのあれね)もありました(笑)。意外な選曲。さて、来月はまたすぐにツアーがあります。YUKIもだいぶ歳を重ねてきましたし、今回のスペシャル・ライブを機にまた少しずつ変わっていくのかな。楽しみ。

ところで、ライブや楽曲のタイトルになっているthe present。贈り物の意だけではなく、「かけがえのない今」、「いまここにいることの大切さ」といった意味も含んでいるとか。

入場時に貰ったリーフレットに書かれた詩の一節。

ありふれた「愛してる」を繰り返し
「また明日遊ぼう」と笑うだろう
ありがとう
私に起きた全ての出来事に

人生は短い
それはまるでたった一日のように

YUKI「24hours」より

だから、自分には喧嘩したり憂鬱になったりしてる時間なんてない。すべてを肯定して受け入れることができたなら。そんな思いで彼女は、「うれしくって抱きあうよ」を歌ったとか。

・・・泣きそうになるじゃないか。

YUKI
THE Present
2010年6月15日(火) 渋谷Bunkamuraオーチャードホール

2010.06.11

ざくざくラー油バーガー

モスバーガーのざくざくラー油バーガー、食べましたよ。

思っていたより辛い。美味しいけど、想像していたほどは美味くないかも。とびきりハンバーグサンドチーズのほうが断然美味いなぁ。

しかし、具入りラー油、ご飯やサラダにもたまにかけて食べますが、正直あまりこればっかり食べてるとクセになるし、味覚もおかしくなるんじゃないかと思う、きっと。

食べ物っつうものは、チーズだ、揚げ物だ、肉だなんだと、脂っこいものは大抵美味いみたいなところもありますが、ほどほどに、ですね。

http://www.mos.co.jp/

モスバーガーのざくざくラー油バーガー

2010.06.04

建設中の東京スカイツリー

先日、東京スカイツリーを見てきました。

東武伊勢崎線なんて久々に乗りました・・・。業平橋駅で下車。もうホームの目の前には建設中のスカイツリー。

業平橋駅のホームからスカイツリー工事現場
▲東武伊勢崎線業平橋駅のホームから。ホームは高い位置にあるので、工事現場の様子がよく見える。(東京、墨田区)

北十間川を渡って、川沿いの対岸を歩いて、京成の押上駅を横切ってという感じで、工事現場の周囲を30分くらいかけてぐるっと一周。結構歩きました。

断面が一番下は正三角形で、上に向かうに連れて円形になっていくというデザインと、藍白という薄く青みがかった白が印象的。360度、いろんな角度からじーっ。確かに角度によっては、傾いているように見えなくもない!?「お宅、傾いてますよ!」と本気で心配して電話してくる奇特な人もいるとか。見て分かるくらいなら、現場の人がまず気付くって(苦笑)。

タワーの周りも商業施設とかいろいろできるんでしょうけど、まだバリバリ工事中で、さらにその周囲にはまだ大したものはありません。まさに再開発、ALWAYSといった様相ですね。そんな光景に年配の方々は古き良き日本を思い出すのか、若者は日本の未来に夢を馳せるのか、多くの見物客がいて、写真を撮ったりしていました。既に観光名所。

この日の高さは389m。上部は工事用のネットがかけられているものの、もう350mの第1展望台のシルエットが分かります。完成時の高さは634mだそうですから、もう少しで2/3ですね。既に東京タワーの高さは超えているわけですが、正直、そばで見てもそこまで高い!とは感じなかったかなぁ。約1年前に見た台湾の台北101(509.2m)を見た時は「デカッ」と感じましたが、タワーということでビルと比べると重量感もないし。まだまだ伸びる子(!?)ですから、完成時が楽しみ。

ちなみに、ウチのテレビはまだアナログです。

http://www.tokyo-skytree.jp/

東京スカイツリー
▲まさに木が空まで伸びるように、日々高くなっている。(東京スカイツリー)

東京スカイツリー
▲足元の部分。完成時はどんな感じになるのだろう。(東京スカイツリー)

さて、墨田区まで来て、そのまま家へ帰るのももったいなぁということで、帰り道、ちょこっとですが浅草寺へも寄ってきちゃいました。

仲見世通りや境内を見学。修学旅行なのか遠足なのかの学生やら、外国人観光客やらでごった返してました。さすが東京の一大観光名所。幼い頃に親に連れられてきたような気もするけど、あまり記憶になかったんですよね~。

おおっ、これが雷門かぁ。おおっ、五重塔があるではないか。といった感じで。しかし、本堂はなんと全体が工事壁に覆われていて大工事中。いや、そりゃぁ建設中のスカイツリー見に行くようなもの好きですけど、浅草寺本堂の外観はちゃんと見たかったなぁ。

http://www.senso-ji.jp/

浅草寺の雷門
▲浅草寺の雷門。記念写真撮る人などでごった返している。(東京、台東区)

仲見世通り
▲仲見世通り。(東京、浅草寺)

浅草寺の本堂は修復工事中
▲本堂は残念ながら修復工事中。内部の参拝は出来た。工事壁には金の龍が描かれている。(東京、浅草寺)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

無料ブログはココログ