contact

音楽

ゲーム

« ラッキーモールでショッピング、トンレ・サップ湖クルーズ | トップページ | カンボジア旅行index »

2010.05.01

オールドマーケット、レッド・ピアノでランチ、ルーモーでショッピング巡り

オールドマーケット周辺
▲オールドマーケット周辺。足のない車椅子の男性も。やはり地雷で失ったのだろうか!?(シェムリアップ)

トンレ・サップのクルーズからシェムリアップ市街に戻り、オールドマーケットでお買い物。洋品、貴金属から、野菜や魚などの生鮮食材まで、また食堂もあったりといろいろな店が所狭しと並んでいます。干物や魚醤の独特の臭いが漂う庶民の台所的なエリアと、観光客向けのお土産屋が並ぶエリアがあって、どちらの空気も楽しめます。

蓮や生姜、ジャスミンなど様々な茶葉がセットになったものを購入。1セット$10というのを2つで$15まで値切ったけど、後で他の人に聞いたら、もっと全然安く出来たみたい。女性陣には、シルクやコットンのスカーフが人気でした。複数枚買うからと、最終的にはコットンなら1枚$1とかまで値切り成功してました。やはり女性は値切るのが上手い。

オールドマーケット周辺
▲オールドマーケット周辺の商店が立ち並ぶ通り。(シェムリアップ)

オールドマーケットの野菜市場
▲オールドマーケットの野菜市場。魚介や肉など生鮮食品もたくさん売っている。(シェムリアップ)

市場そばのキャンドル店、アンコール・キャンドルズなどもウインドウ・ショッピング。こじんまりしているけど素敵なお店。オールドマーケット周辺には近年、雑貨、工芸品などのこうしたお洒落なお店がどんどん増えているようです。

http://www.angkorcandles.com/

ランチは、オールドマーケット北側周辺のレストランやカフェ、バーが集まるエリア、バー・ストリートにある人気店、レッド・ピアノへ。カレーやパスタなどのメニューの中から、店名を冠したスパゲッティ・レッド・ピアノを注文。ココナッツミルククリームの独特の甘さとまろやかさが特徴で、美味しかったです。また、アンジェリーナ・ジョリーが立ち寄った際に作られたというオリジナルカクテル、トゥームレイダーも飲みました。真昼間から。こちらはライム系の爽やかなお味。

店内にクーラーはなくシーリングファンのみですが、窓のないオープンな作りで充分涼しく、ゆっくり食事やお酒を楽しみました。ランチ後、さらにウェアハウスというカフェに入って、グリーンッココナッツのシャーベットなどをデザートに。オールドマーケット周辺には、こうしたカフェやバーも結構たくさんありました。

http://www.redpianocambodia.com/

レッド・ピアノレッド・ピアノスパゲッティ・レッド・ピアノとトゥーム・レイダー
▲レッド・ピアノ。スパゲッティ・レッド・ピアノは、ココナッツクリームと海老がたっぷり。(シェムリアップ)

ウェアハウスのグリーンココナッツシャーベット
▲オールド・マーケット近辺にあるウェアハウスという店で食したグリーンココナッツシャーベットとパパイヤ(だったと思う)のシェイク。

帰りの飛行機は夜発。ホテルに一旦戻りましたが、まだ夕方16時前。部屋はもう使えないし、ロビーにいても出発まで時間を持て余してしまうので、ツアーメンバーにまた声を掛け、1人の方と一緒にもうちょっとだけ最後の買い物に出てみることに。

それぞれのスポットが少し離れていたので、ルーモー(トゥクトゥク)をチャーターすることにします。優しそうなおじさんドライバーを狙って、周りたいところを告げ値段交渉。結局$6で即決。大サービスな気がしますが、ま、日本の感覚からしたらいずれにしろ安いし。時は金なり。

カンボジア初ルーモー。今回乗る機会はないかなぁとも思ってましたが、最後の最後に乗って良かった。ネパールの三輪タクシーやタイのトゥクトゥクを思い出して、懐かしかったです。ところで、ルーモーと並ぶシェムリアップの2大公共交通機関のもう1つといえばバイクタクシーですが、今回そちらは利用する機会がありませんでした。2輪バイクで2ケツはちょっと怖いですが、事実、事故も多いみたい。しかし、次に機会があれば、一度は利用してみるのもいいかな。

懸命に走るルーモーに揺られ、まず最初に向かったのは、アンコール・クッキー。日本人女性のマダム・サチコさんという方が6年前に開いたお店で、アンコール・ワットの中央祠堂を象ったアンコール・クッキーはいまやお土産の定番。その他、お茶やコーヒー、バナナチップスなどを販売しています。

お土産のクッキーでしょ・・・とかあまり期待しないで試食したら、しっかり手作りクッキーのテイストでなかなか美味しい。お土産に3袋のセットを購入。店員さんも日本語が通じ、応対も丁寧で、日本人社長ならではの細やかさが感じられるお店です。

併設されているカフェ・プカプカをのぞくと、美味しそうでトロピカルなシェイクやカキ氷がいろいろ。マンゴー、パイナップルといったおなじみのフルーツの中、「タマリンド」の文字に目が止まります。店員さんに聞いてみると、「酸っぱい。爽やか」とのこと(笑)なので、タマリンドシェイクにチャレンジ。うん、確かに甘酸っぱいのですが、この甘酸っぱさがたまリンド。とか言いたくなる美味しさ。ちょっと甘めの梅シェイクみたいな感じ?これ好きです。タマリンド、後で調べたら、なんだか枝豆みたいな不思議なフルーツ。東南アジアやインド、南米など世界では結構ポピュラーな食材だとか。知らなかった・・・。

http://www.angkorcookies.com/japanese/jp_shopangkor.html
http://www.angkorcookies.com/japanese/jp_cafepukapuka.html

ルーモー(トゥクトゥク)
▲ルーモー(トゥクトゥク)に乗った。このイカしたベストは役所認定の証だとか。(シェムリアップ)

アンコール・クッキー
▲マダム・サチコのアンコール・クッキー。クッキーも、カフェのシェイクも美味しい。(シェムリアップ)

次に向かうのは、アンコール・トレード・センター。急に降り出したスコールの中、タマリンドシェイク片手に、ルーモードライブ。楽しい~。

アンコール・トレード・センターは、昨晩行ったラッキー・モールに並ぶ大型ショッピング・モール。こちらも空きテナントがちらほらあるものの、本屋やドラッグストア、玩具店、飲食系はピザやアイスクリームなど、バラエティには富んでます。アイス食べたかったけど、お腹一杯タマリンドだったので断念。1階は、ラッキー・モール同様スーパーマーケットになっていますが、こちらのは少し規模が小さいかな。

その後、昨晩寄ったアンコール・マーケットにもう一度寄って、晴れてショッピング終了。ホテルへ帰還しました。チェックアウト済みなので、プール用のシャワーブースを借りて水で汗を流し、帰りのピックアップを待ちます。

帰りは、ハノイで乗り継ぎ。飛行機は、シェムリアップで30分、ハノイで1時間以上、遅延。ハノイを飛び立ったのは現地時間で深夜0時過ぎ。ハノイでの待ち時間、出発ロビーのお土産屋をウインドウショッピングして暇つぶし。あの笠(ノン)とか、買わないのに被ってみたり(笑)。っていうか誰が買うの!?絶対近いうちまたベトナムにも行くぞ!

帰路も往路同様のベトナム航空。ちょっと本でも読んで寝るかと、読書灯のボタンを押したら、なぜか1つ後ろの席の読書灯が点灯・・・なかなかジョークの効いた座席で。ま、深夜便なので、寝てたらあっという間に着いちゃいましたけど。

暑い中歩き回ってハードでしたが、憧れのアンコール遺跡を堪能し、久々の東南アジアを楽しんだ4日間。当初は1人旅の予定が、旅仲間で知り合った方2人が日程を合わせてくれたり、ツアーのメンバーもイイ方たちばかりでフリータイムも一緒に買い物や食事に行ってくれたりで、賑やかで充実した旅になりました。感謝。

アンコール・トレード・センターのゲームコーナー
▲アンコール・トレード・センターの上階にあったゲームコーナー。アーケードゲームに子供向けのメダルゲームなどもあって、日本のショッピングセンターさながら。(シェムリアップ)

シェムリアップ国際空港
▲シェムリアップ国際空港。出発ホール。(シェムリアップ)

« ラッキーモールでショッピング、トンレ・サップ湖クルーズ | トップページ | カンボジア旅行index »

旅行・地域2008-2010」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4825/48687501

この記事へのトラックバック一覧です: オールドマーケット、レッド・ピアノでランチ、ルーモーでショッピング巡り:

« ラッキーモールでショッピング、トンレ・サップ湖クルーズ | トップページ | カンボジア旅行index »

無料ブログはココログ