contact

音楽

ゲーム

« ベトナムに新幹線が走る日 | トップページ | ポルトガル料理、マヌエル渋谷店 »

2010.05.28

なんくるなくないさ

沖縄の基地問題、散々穿り返して、アメリカや官僚に太刀打ちできず結局現行案から脱却できなかった政府、首相、駄々漏れのリークを駄々漏れに流して騒ぎ立てたメディア、すべてお粗末だったのは言わずもがな。

「雲の上の話」と喩えて怒られた議員がいましたが、でも、沖縄県以外の日本国民の多くにとっては正直そういうところあるんじゃないのって言いたくなります。沖縄の基地負担軽減を本気で考えている国民がいったいどれだけいるんでしょうか。東京に住んでいて、海兵隊の駐留のことなんて正直そうそう考えることないですよね。

沖縄大変だなぁ、可哀相だなぁとは思うけど、結局、自分の家の近くに基地が出来て、屋根の上を戦闘機が飛んでいくのはみんな嫌でしょ。誰一人進んで代わってあげようなんて奇特な人はいないわけで。徳之島案がばれて猛反発が起きて、結果政府は引っ込めちゃったけど、では諸手を挙げて賛成というところが国内にあるのか。関空なんて話もありましたね(苦笑)。硫黄島のような離島や無人島とか?それでもアメリカは沖縄以外結局納得しないでしょうし。

悪く言えば内外に対して強権的なくらいでなければ、この種の問題は変革できるはずもない。いっそ自身で愚かな総理かもと言うのなら、愚直に大胆にやってしまえば良かった気がします。ま、そこは鳩山首相、ある意味お人好しなんでしょう。根回し下手で、官僚も思うように動かなかったというのもあるんでしょうけど、友愛の精神で、皆さんとお話して・・・勉強させて貰って・・・というのでは、県外、国外移設なんてはなから無理だったのでしょう。友愛のはずが、悲しいかなさらに亀裂を深めてしまったような形で。

外国人参政権の問題もそうですが、あまりこれまで国民的に議論してこなかった問題が、掘り起こされ注目されるのは悪いことではないと思います。ただ、政府や民主党がどれだけ本気で取り組もうと考えているかは少々眉唾物です。右寄りの熱い方々は、外国人参政権反対に躍起になっていましたが、正直小沢さんや鳩山さんが本気で法案通して成立させようという意気込みを持っているかというと甚だ疑問だと思います。

個人の心情としては地方参政権くらい在住し納税する人間に与えてもよいのではと感じる部分もありますが、一方で国籍や民族による摩擦、国政への影響といった懸念も確かに理解できます。法的にグレーというか憲法違反という見方も強いですし、元々困難な問題。

小沢さんは法案が通らないことを見通した上であのような姿勢を対外的には見せているなんて話をどこかで読みましたが、なるほどそうかもしれないなぁと。それぐらい強かななんじゃないかなぁ。そうであって欲しいなぁ。

とにもかくにも、基地移転問題も、参政権も、その行く末、結果は政治家の責任であり、国民の責任。普天間の県外移設が叶わないのは、鳩山首相のせいでも、アメリカのせいでもない。メディアは芸能人のくっついた別れたと同列に政治を扱って、国民も政治家を小馬鹿にしているばかりでは、この国は変わっていかないんだろうなって、そんな気はします。

« ベトナムに新幹線が走る日 | トップページ | ポルトガル料理、マヌエル渋谷店 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4825/48482210

この記事へのトラックバック一覧です: なんくるなくないさ:

« ベトナムに新幹線が走る日 | トップページ | ポルトガル料理、マヌエル渋谷店 »

無料ブログはココログ