contact

音楽

ゲーム

« 流氷 | トップページ | 流氷館、釧網本線、斜里・車馬道のトド焼き »

2010.03.12

砕氷船おーろらで流氷観光と、オホーツク網走ザンギ丼

近年念願だった冬の北海道、知床を訪れる旅行へ(ちょっと春だけど)。JALで女満別空港に到着したのは10時前。思ったほど寒くないけど、空港の周りも一面真白に降り積もる雪。すぐにバスに飛び乗って35分、そのまま網走市内、砕氷船乗り場にもなっている道の駅・流氷街道網走へ。

網走湖
▲網走湖。凍った湖上には、わかさぎ釣りなどを楽しむ人々が。(網走)

実はもう1~2週間前から流氷は、接岸はもちろん、沖で見ることもままならない状況だということは知っていました。しかし、前日11日は真冬が舞い戻ったかのような暴風雪だったと聞いて、一縷の望みで来るだけ来てみたというのが正直なところ。「流氷は・・・見れますか?」砕氷船のチケット売り場で恐る恐る尋ねてみると、答えは意外とあっさりと「はい、見れますよ。」・・・おおっ、やったー!やはり先日の北風に乗って戻ってきたとのこと。流氷帯は少し遠いところにあるので、通常より15分程度航行が長くなる可能性があるとのこと。15分くらいまったくノー・プロブレムです!

http://www.ms-aurora.com/abashiri/index.html

砕氷船おーろら号
▲流氷観光砕氷船おーろら号。(網走)

満員御礼の船内。ぼうし岩を横に見ながら出港、オホーツク海沖を目指します。天気は晴れで、気温も5℃前後はある感じ。しかしとにかく風が強く、遮るものもない海上ではかなり寒い。温かい船内で、少し向こうに見える知床半島、知床連山などを眺めながら約30分。何やら騒がしくなってきたので、展望デッキに出てみると、海の向こうに広がる白い帯、流氷帯が見えてきました。

みるみる近づいてくる流氷帯。そしてその中へとバリバリ分け入っていきます。砕氷船の醍醐味。個々の氷はそれほど厚くもなく大きくもなかったですが、方角によっては遥か先まで真白な流氷が海一面を覆います。展望デッキは船後方にあるので、白い流氷帯に青いカーペットのように残る船の軌跡も印象的。周囲には数羽のカモメが船に寄り添うように優雅に飛んでいます。美しい光景。

オホーツク海、網走沖の流氷帯オホーツク海、網走沖の流氷帯
▲オホーツク海、網走沖の流氷帯。観光砕氷船おーろら号から。(網走)

流氷帯の中を周遊したのは10分くらいだったでしょうか。今年の流氷は、接岸初日が2月8日。流氷終日はこの日3月12日になるかもという話です。年々流氷の規模、時期とも縮小の傾向にあるようで、もう接岸を拝めるのは接岸初日からわずかの期間というのが当たり前になってしまうのかもしれません。というわけで、今回は、知床の岸から水平線まで広がる流氷原を眺めたい!という願いこそ、残念ながら叶いませんでしたが、砕氷船で流氷帯で出会えただけでもラッキーだったと思っています。

1時間ちょっとの流氷クルーズから帰港し、道の駅・流氷街道網走の2Fにあるフードコート、キネマ館で昼食。以前から少し気になっていたオホーツク網走ザンギ丼を注文。ザンギ丼は、近年網走がご当地グルメとして推しているオホーツクサーモン(カラフトマス)の唐揚げをのせた丼。味付けはそれぞれのお店によってオリジナリティを加えているようですが、ここキネマ館は、魚醤油とコチジャンを使ったタレでちょっぴり中華風が特徴。しっかりした味のタレはご飯によくあうし、主役のザンギもカラッと揚がり中身は脂がのって柔らか。とても美味しかったです。

網走では、同じくオホーツクサーモンを具としたモヨロ鍋という鍋もやはりご当地グルメとしてアピールしているみたい。比較的お得な食材とのことですが、脂ものってなかなか美味しいかも。

http://www.abakanko.jp/event/gotochi/index.html
http://www.hokkaido-michinoeki.jp/data/105/each.htm

道の駅・流氷街道網走のフードコート、キネマ館
▲道の駅・流氷街道網走のフードコート、キネマ館。なんでキネマなんでしょう。やっぱ健さんの網走番外地とかなのかなぁ!?(網走)

キネマ館のオホーツク網走ザンギ丼
▲キネマ館のオホーツク網走ザンギ丼。オホーツクサーモンの唐揚げが脂ものって美味い。

« 流氷 | トップページ | 流氷館、釧網本線、斜里・車馬道のトド焼き »

旅行・地域2008-2010」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4825/47872792

この記事へのトラックバック一覧です: 砕氷船おーろらで流氷観光と、オホーツク網走ザンギ丼:

« 流氷 | トップページ | 流氷館、釧網本線、斜里・車馬道のトド焼き »

無料ブログはココログ