contact

音楽

ゲーム

« D.P.R.K. | トップページ | 小麦と酵母 満の惣菜パン、歌舞伎町バンタイのタイ料理、モスのとびきりハンバーグサンド「チーズ」 »

2010.03.23

シャーロック・ホームズ

映画「シャーロック・ホームズ」、観て来ました。なんだかんだ言っても、結構好きなんですよね。幼い頃は、キャラクターを犬に見立てたテレビアニメなんかも観てたし。スピルバーグ製作総指揮で、「ヤング・シャーロック ピラミッドの謎」なんて映画もあったなぁ。

僕の持つイギリスのイメージは、幼い頃に読んだ「ホームズ」の影響は多分にあると思います。本作でも、国会議事堂、ピカデリーサーカス、まだ建設中のタワーブリッジなど、おなじみのロケーションも多数登場し、19世紀末のロンドンが興味深く描かれていました。

今回の映画化は、コミックを基にしているとか。そんなこともあってか、英国紳士的な身なりで、いつもパイプを加えて・・・というのとは少々異なるキャラクターイメージ。ボクシングが強く、部屋の中で暇つぶしに拳銃ぶっ放す変人。・・・でも、これはこれでアーサー・コナン・ドイルの原作、特に初期のホームズ像に実は忠実だというよう意見もあるみたい。ロバート・ダウニー・Jr.は、アイアンマンに見えて仕方ないですけど。ワトソン君もジュード・ロウで、かなりのイケメンワトソンだし。

本作の敵は、モリアーティ教授・・・ではなく、黒魔術を操り英国と世界の支配を目論むブラックウッド卿。シャーロックというからには、もちろんトリックや謎解きもあって、それなりになるほど~という部分はあるのですが、ミステリーの緊張感や謎を解き明かした時の爽快感という点はいまひとつかなぁ。それ以上に、アクション要素のインパクトのほうが強いかも。

クセのあるセリフ回しやキャラクターも、人によっては分かりにくく感じるかもしれません。これがガイ・リッチー監督らしさ、なのかもしれませんが。マドンナの元夫というイメージが強くて、彼の作品はこれまであまりちゃんと見たことなかったりして(笑)。

ワトソンは婚約し、ホームズとの共同生活とも別れを告げ、距離を置こうとするのですが、ホームズはちょこちょこちょっかいを出してきます。相棒が離れていってしまう不安であったり、寂しさということなのでしょうが、ちょっと気持ち悪い(苦笑)感じもあります。実は製作当初は2人のホモセクシャルな関係を匂わす描写があったという噂があります。ドイルの子孫からクレームがあって、公開版の内容に落ち着いたとか。

あまりシャーロックの固定観念なく観れば、楽しめる作品です。日本でこそ注目度いまひとつな感がありますが、来年11年に次回作も公開される模様。モリアーティ教授とその一味もいよいよ登場するとか。ちょっと楽しみです。また観に行ってしまうかも。

http://wwws.warnerbros.co.jp/sherlock/

« D.P.R.K. | トップページ | 小麦と酵母 満の惣菜パン、歌舞伎町バンタイのタイ料理、モスのとびきりハンバーグサンド「チーズ」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4825/47877552

この記事へのトラックバック一覧です: シャーロック・ホームズ:

« D.P.R.K. | トップページ | 小麦と酵母 満の惣菜パン、歌舞伎町バンタイのタイ料理、モスのとびきりハンバーグサンド「チーズ」 »

無料ブログはココログ