contact

音楽

ゲーム

« オシンコシンの滝、知床博物館、斜里・そば居酒屋えんのサチク赤豚つけめん | トップページ | 知床旅行index »

2010.03.14

さらば知床、網走監獄、あんじろのフランスあんばんバター焼き

道東旅行最終日。朝は少しゆっくりホテルを出て、JR釧網本線に乗って網走へ。さらば知床、さらば斜里。

車窓の雪景色やオホーツク海を楽しむ。雪に真白に覆われた小清水原生花園。夏は一面に花が咲き、きっとキレイなんだろうなぁ。

網走に着いて、向かうは博物館網走監獄。大昔に一度行った記憶があったので、今回はパスしようとも考えたのですが、帰りの飛行機が14:30とかで最終日も少し時間があったので、やっぱ行っとこうか~みたいな。

http://www.kangoku.jp/

現在の網走刑務所
▲現在の網走刑務所。博物館にある建物はここから移設されたもの。(網走)

博物館網走監獄。網走刑務所の正門を再現
▲網走刑務所の正門を再現したもの。看守の人形が立っている。(網走、博物館網走監獄)

網走監獄(現網走刑務所)の昔の建物を、市街外れの天都山に移設して作られたのが博物館網走監獄。5つの細長い獄舎が放射状に建つ五翼放射状平屋舎房をはじめ、明治時代の貴重な建築物を観ることが出来ます。マネキンで服役囚の生活が再現されているのが、面白いです。脱獄シーンまで再現してあって、五寸釘寅吉や白鳥由栄のエピソードはテレビで見たことあったなぁと思い出したり。

強制労働により未開の地に国道を切り開き、亡くなっていった収容者は200人とも1000人とも言われるとか。その過酷さたるや想像を絶するんだろうなぁ。監獄だけでなく、屯田兵とか江戸時代の松前藩とか、こうした人々の開拓のおかげで、僕のような人間でもこんな遠く離れた北の地にも気軽に訪れることができるわけで。歴史に思いを馳せて、感謝です。

明治時代だけでなく、現代の法廷を再現した展示などもあり、意外に見応えがあって2時間近くゆっくり見学しました。そういえば、中国人観光客も結構いましたが、海外の観光客はどんなふうな感想を持つんだろうと、ちょっと気になりました。ちなみに現代の網走刑務所は軽微犯も多く、暖房もあって、もちろん強制労働もないそうです(笑)。現代の刑務所なら、中国のほうがいろんな意味で凄そうですけどね・・・。

博物館網走監獄五翼放射状平屋舎房
▲五翼放射状平屋舎房。ずらっと独房が並ぶ。天井には・・・。(網走、博物館網走監獄)

風呂場まで再現
▲風呂場まで再現。彫りの入った怖いお兄さん方もいらっしゃいます(レプリカ)。(網走、博物館網走監獄)

網走中心地に戻り、お腹も空いていたので、バスターミナルの中にあった流氷亭という定食屋に入ってみました。そばにラーメン、丼物とバラエティ豊かなメニューが並びますが、その中で、ちょっと北海道らしいものというセレクトで豚丼を注文。牛丼チェーンの豚丼とは全然違って、うな丼のような甘辛のタレで、お肉も一枚一枚が大きめ。具などは店によって違いがあるそうですが、ここのお店では玉ねぎが入ってました。網走監獄では監獄食も食べられるそうですが、豚丼にしておいて正解だったかな(笑)。

流氷亭の豚丼
▲網走バスターミナル内、流氷亭の豚丼。

空港へ向かうバスの時間が近づいてきますが、もう一店、網走で行っておきたいお店を思い出す。喫茶店、cafe&boozeあんじろ。明らかにゆっくりお茶している時間はなかったのですが、とりあえずお店へ行ってみます。

http://www7b.biglobe.ne.jp/~anjiro/

エントランスのメニューボードに目をやると、「フランスあんばんバター焼き」。これが食べてみたかったのです。さらに「テイクアウトできます」の文字が。お店は1階の扉を入って階段上った2階。抑えめな照明の店内に入ると、お客さんがいっぱい。ジャズが流れてとってもオシャレな雰囲気。あ~ここでゆっくりコーヒーやお茶も楽しみながら食べたい!と強く思いましたが、泣く泣くテイクアウトをお願い。アンニュイな店員さんが、落ち着いたお店に場違いな慌しい客にも親切に対応してくれました。30年以上営業している老舗だそうなので、また網走に来る機会があれば、次回はぜひゆっくりコーヒー飲みたいです。

バス停でバスを待つ数分の間、待ちきれず、フランスあんばんバター焼きをパクり。ん~美味い。バターの塩味とあんこの甘さのハーモニー、フランスパンのパリッとした食感。あきらめないで良かった。

cafe&booze あんじろ
▲cafe&booze あんじろ。(網走)

あんじろのフランスあんぱんバター焼き
▲フランスあんぱんバター焼きをテイクアウト。寒いバス待ちの時間、ほかほかのパンで救われる。

流氷は船の上からだったけど、知床半島の自然を感じて、斜里や網走のA級B級いろいろグルメも楽しんだし。久々の北海道でしたが、魅力を再認識。また遠くないうちに訪れたいなぁ。

網走ビールの知床Draft生
▲お土産に買って帰った網走ビールの知床Draft生。キレイなエメラルドグリーンのビール。味も、なんかちょっと緑、というか植物の味がする・・・。

« オシンコシンの滝、知床博物館、斜里・そば居酒屋えんのサチク赤豚つけめん | トップページ | 知床旅行index »

旅行・地域2008-2010」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4825/48070861

この記事へのトラックバック一覧です: さらば知床、網走監獄、あんじろのフランスあんばんバター焼き:

« オシンコシンの滝、知床博物館、斜里・そば居酒屋えんのサチク赤豚つけめん | トップページ | 知床旅行index »

無料ブログはココログ