contact

音楽

ゲーム

« サブマリンツアー、カントリー・ハウス・レストランのサーロインステーキ | トップページ | サイパンダイビング旅行index »

2009.11.22

マニャガハ島でシュノーケリング、サイパン最終日

マウント・カーメル教会マウント・カーメル教会
▲マウント・カーメル教会。1949年建造、カトリックの大聖堂。(サイパン、ススペ)

サイパンはグアムのように米軍基地があるわけでもなく、良い意味での素朴さや田舎臭さが残っている感じ。

一時的な占領だったグアムと違い、国際連盟から委任統治を認められ、終戦直前まで30年近く日本領だったということもあり、その名残、影響も強く感じます。"シュガーキング"なんて日本人(松江春次)を讃えた公園があることからも分かるように、日本統治時代は近代発展の基礎を築いたと捉えられているようです。第二次大戦でサイパンは激戦地となり多くの被害を受けたのは事実ですが、それでも今なお親日的であることにはそういった背景があるのでしょう。

さてさて、サイパン滞在最終日。
午後には空港へ向かわないといけませんが、それまでホテルで寝てるのももったいないので、朝からタナパグ湾沖2kmに浮かぶ小島、マニャガハ島へ。ちょっと慌しいけど、サイパン本島より美しく透明度の高いビーチが楽しめると聞いて、やはり行っておこうと昨夜思い立ち急遽手配しました($38)。ツアーやボートで行くことが出来ます。

http://www.tasi-tours.com/

前日参加したサブマリンツアーと同じ船着場から、少し大きめの船で20分程度。エメラルドのように青い海にポッカリ浮かぶヤシの木と白い砂浜の小さな島に到着。

マニャガハ島の桟橋から
▲桟橋から遊泳ビーチ方向を望む。(マニャガハ島)

マニャガハ島にある旧日本軍の大砲
▲旧日本軍の第二次大戦時の遺物である大砲。サイパン防衛の「軍艦島」とも呼ばれた。(マニャガハ島)

島内にはレストランやお土産屋、トイレなどがあるレストハウスがあって、そこでシュノーケルとフィンをレンタル($10)。真っ白な砂浜。粒が荒くて裸足だと少し痛い。広い砂浜と比べると、遊泳区域は少し狭い印象。ただ、朝早め9:00出発の船で来てまだ人は少なめだったので、木陰に場所を取り荷物置いて、早々に海へ。

ビーチでシュノーケリングなんて、たかが知れてるだろと甘く考えていたら、これが予想以上に楽しい!ちょっと行くと海底が軽い岩場になっていて、そこには小魚たちがワンサカ。なんという名前か分からないけど、薄青く細長い魚が海面近くを数匹の群れで横切ったり。ひととき童心に返って、ワンダーランドを泳ぎ回り。ホントに青く透き通った海で、魚たちが魅せる美しい光景。やはり水中カメラやハウジング買ってくれば良かった、欲しいなぁと思いました。

ホテルに戻る時間を考えて、12:30の一番早い復路便に乗るため、滞在は3時間程度。シャワーはビーチ隅に簡易的なものしかなく、そこで潮水を洗い流し、着替えはロッカールームなどで済ませます。船を待つまでの間、昼食を取ることに。レストハウスのレストランで、チーズバーガーを注文($8)。もう島の雰囲気だけで、なんでも美味しいですね(笑)。メニューは、他にも日本風の焼きそばやラーメン、ベトナム風春巻き、ビビンパなど結構バラエティ富んでました。

短い時間でしたが、それでも来て良かったです。お昼過ぎ、マニャガハ島を離れる頃には、結構観光客も増えてきました。午前中は少し海水や陽射しが冷たいですが、混雑を考えると早い時間に来るのは正解かもしれません。

マニャガハ島のビーチ
▲ビーチと遊泳区域。ライフガードも監視していて、安心。(マニャガハ島)

マニャガハ島、レストハウスマニャガハ島レストランのチーズバーガー
▲マニャガハ島、レストハウス。レストランのチーズバーガー。

わりとスムーズにホテルに戻り、少し時間に余裕があったので、ホテル近くのジョーテン・ショッピング・センターで最後のお買い物。15時前にはもうサイパン国際空港です。搭乗手続きまでの1時間以上の待ち時間は、泳ぎまくった3日間の疲れで思わずうとうと。泳ぐこと自体はもともと好きですが、ダイビングやシュノーケリングなど海の楽しさを再発見した旅になりました。ダイビングショップ、シーショアも、インストラクターが素敵な方たちで、楽しいけど頼りにもなって、良かった。この出だしでもしイヤな思いとかしたらダイビングへの思いもだいぶ変わってくるでしょうし、感謝です。

次はどこかなぁ。ファンダイビングはボートが多いみたいですが、果たして迷惑かけずに潜れるだろうか。まずは無難にグアムやセブ島辺りなのでしょうか。国内、沖縄も気になります。いずれはモルディブやタヒチ、パラオ、紅海、グレートバリアリーフなどへも行ってみたいですけど。

帰路のデルタ機
▲ノースウエストで予約したけど、吸収合併したデルタの機体。デルタは、アメリカの会社ということもあってか先日もテロ未遂の標的に・・・(汗)。

« サブマリンツアー、カントリー・ハウス・レストランのサーロインステーキ | トップページ | サイパンダイビング旅行index »

旅行・地域2008-2010」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4825/47244893

この記事へのトラックバック一覧です: マニャガハ島でシュノーケリング、サイパン最終日:

« サブマリンツアー、カントリー・ハウス・レストランのサーロインステーキ | トップページ | サイパンダイビング旅行index »

無料ブログはココログ