contact

音楽

ゲーム

« サムギョップサル、シメに銀座みゆき館のモンブラン!? | トップページ | フレッシュネスのベジタブルバーガー・マッシュルーム »

2009.11.03

MICHAEL JACKSON 「THIS IS IT」

THIS IS IT」、観に行ってきました。

おなじみ、マイケル・ジャクソン急死直前、ロンドンでのライブに向けたリハーサルの映像を収めた記録映画。まさかこんな形で"最後の"ロンドン・ライブを観ることになるとは、夢にも思わなかったですが・・・。

「Thriller」などのライブで使用されるはずだった演出映像、豪華なステージングの片鱗は、ファンならずとも見もの。マイケルの歌やダンスはリハーサルなので当然フルパワーではないものの、時折、熱が入って本気の歌や踊りに没頭。「僕を本気で歌わせないでよ」と微笑む姿が印象的です。

演奏や演出にも細かに指示を出していく、その一方で、言葉や態度の端々に共演者やスタッフへの気遣いもあって、マイケルらしい繊細な人柄が伝わってきます。「怒ってるんじゃないよ。これは「愛」なんだ」・・・。本気でステージを成功させようと尽力していたことが分かるし、エンタテイナー、アーティストとしての彼の才能と意気込みを再確認させられるはず。

共演者インタピューの賛辞の嵐などは、行き過ぎで興醒めに感じる人もいるかもしれませんが、彼の音楽やパフォーマンスを愛してきた人間、特に一緒に仕事をしてきた人間にとっては決して嘘でもお世辞でもないんじゃないかなぁ。

ろくにリハーサルを行っていないだとか、歌も踊りも満足に出来ないほど心身を病んでいるだとか、言いたい放題だったマスコミが、死去以降、てのひら反してマイケル賛美に乗っかってることのほうが違和感がありますよね。根も葉もない噂なども含めて散々書き散らして、プライバシーや尊厳、家族を傷つけて、彼の音楽活動までも追い込んでいった責任は、いったいどうなんでしょう。ある意味、彼の命を奪った原因とも感じます。有名税というには、あまりに・・・という気がしてならないです。

それにしても、マイケル、50歳とは思えないカッコよさ。前述のような報道の影響もあって、正直、これだけ歌って踊れていたということにさえ驚きました。やはり1公演でもいいから、本番ステージを見せて欲しかった。

"新曲"「THIS IS IT」は、楽曲自体は十数年前のポール・アンカとの共作だったらしくどこか懐かしい感じのメロディながらも、優しく伸びやかなマイケルのヴォーカルが印象的。エンディングロールで流れるこの曲を聴きながら、マイケル・ジャクソンの未来も見てみたかった、聴いてみたかった、そう心から残念に思います。

http://www.sonypictures.jp/movies/michaeljacksonthisisit/

THIS IS IT

« サムギョップサル、シメに銀座みゆき館のモンブラン!? | トップページ | フレッシュネスのベジタブルバーガー・マッシュルーム »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4825/46663072

この記事へのトラックバック一覧です: MICHAEL JACKSON 「THIS IS IT」:

« サムギョップサル、シメに銀座みゆき館のモンブラン!? | トップページ | フレッシュネスのベジタブルバーガー・マッシュルーム »

無料ブログはココログ