contact

音楽

ゲーム

« ロンドン塔、テムズ川クルーズ、ノッティングヒル | トップページ | フランス、イギリス旅行index »

2009.09.29

ピカデリー・サーカス、パティスリー・ヴァレリー、さよならロンドン

早朝、ロンドンブリッジ近くにバラ・マーケットという市があるというので行ってみます。が、ここは朝早くからはやっていない、というか、木金土開催で火曜日のこの日はそもそもお休み。よく調べないで来てしまい早とちり。

気を取り直して、チューブに乗ってピカデリー・サーカスへ。早朝の広場は人もクルマもほとんどなくて、なんだかロンドンの中心地を独り占めしているようで、ちょっと心地が良い。

早朝のピカデリー・サーカス
▲早朝のピカデリー・サーカス。通称"エロス像"。でもホントはエロスじゃなくて天使なんだって。(ロンドン)

ソーホーの劇場の看板
▲ソーホーの劇場の看板。ここにもマイケルの雄姿が!スリラーのダンスを見せてくれるのかなぁ!?(ロンドン)

パティスリー・ヴァレリー、ソーホー店
▲パティスリー・ヴァレリー、ソーホー店。(ロンドン)

周辺は劇場がいっぱい。誰もいない朝は街も舞台のセットのようですが、夜はさぞかし賑やかなことでしょう。向かったのはソーホーの隅にあるカフェ、パティスリー・ヴァレリー

http://www.patisserie-valerie.co.uk/

パンのおいしそうな匂いが漂ってくる店内でイートイン。可愛らしいウェイトレスのお姉さんに案内されて、席に着きます。フルーツタルトとレモン・チーズケーキを注文。紅茶は爽やかにアール・グレイで。ティー・ポットたっぷりの紅茶と美味しいケーキで過ごす朝、あ~幸せ。

パティスリー・ヴァレリーのフルーツタルト、レモンチーズケーキ
▲パティスリー・ヴァレリーのフルーツタルト、レモンチーズケーキ。

しかし伯爵気分も束の間、10時過ぎにはホテルをチェックアウトして、帰途に着かなくてはなりません。ラッセル・スクエア駅前にあるテスコexpressで、お土産も含めた最後のお買い物をして、ホテルへ戻ります。お土産には、紅茶のティーバッグやスコティッシュ・ショートブレッド、あとKinderの可愛らしいお菓子などを購入。

ヒースロー空港へは、やはり地下鉄で。乗り換えなし1本で心地良い旅の疲れにウトウトしつつ、約50分で空港着。実に名残惜しい。2012年のロンドン・オリンピックの頃までには、また来たくなりそうです。本当に楽しいロンドン、でした。

まだ成田まで12時間ちょっとあるけど、これにてフランス、イギリスを巡る9日間の旅は一応終了。次はイタリアか、ドイツ、スペイン。いやアイスランドか? 立ち直るのが早いのは、アイスランドの経済か、僕自身の経済か!?それにもよるなぁ。

ラッセルスクエア駅のエレベータ
▲地下鉄ラッセルスクエア駅のエレベータ。地下構内と地上口を結んでいる。一応階段もあるが、とにかく深い上エスカレータがないため、いつも大混雑。大きいエレベータだけど2基で、しかも遅い!(ロンドン)

テスコ・エクスプレス、ラッセル・スクエア店
▲テスコ・エクスプレス、ラッセル・スクエア店。手前の電話ボックスと一緒に、赤青白黒のU.K.カラーリング!(ロンドン)

Happy Hippo
▲カバの形をしたお菓子"Happy Hippo"。Kinderはイタリアの菓子ブランドらしいが、Made in Belgium(ベルギー製)。

« ロンドン塔、テムズ川クルーズ、ノッティングヒル | トップページ | フランス、イギリス旅行index »

旅行・地域2008-2010」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4825/47012651

この記事へのトラックバック一覧です: ピカデリー・サーカス、パティスリー・ヴァレリー、さよならロンドン:

« ロンドン塔、テムズ川クルーズ、ノッティングヒル | トップページ | フランス、イギリス旅行index »

無料ブログはココログ