contact

音楽

ゲーム

« 浅草シルクプリン | トップページ | まだ「おかえり」は早過ぎるけど »

2009.08.18

開国博Y150、ラ・マシンと電気自動車

赤レンガ倉庫

横浜の開国博Y150へ行ってきました。
馬車道駅から歩いてベイサイドエリアの会場へ。

まずは「BATON」というCGアニメをシアターで鑑賞。現在上映されているのは、第2章と第3章。1章20分ほどなのですが、時間の都合上、いきなり第3章を観ました。当然話は唐突でしたが、ま、だいたいは分かりました。豪華キャストの演技映像を基に作られたという映像は、手法は斬新なのでしょうが、正直、あまり衝撃や感動はなかったかなぁ。時々の表情や動きは確かに人間らしいのですが、時折コマがカクカクするような感じもあって。

あと事前から思っていたことなのですが、もっと子供がワクワクするような、夢のあるストーリーや映像の方がよかったんじゃないですかね。あるいは開国の歴史でもいいですけど。なんで岩井俊二、北村龍平なのか。DVD作品ならいいのですが、開国博のセレクションとしてはどうなのかなぁと、根本的なところですが、やはり最後まで「?」でした。隣の子供も最後は首かしげてたし。

ストーリーもまだ続きそうな体で終わります。どうもDVDとかで続きそう。だとしたら、ちょっといやらしいなぁ・・・。

煮え切らない感想を抱きつつ、赤レンガ倉庫の横に設営のテント内にあるワールドグルメレストランという飲食ゾーンで一休み。ブリティッシュフードとして、フィッシュ&チップス、ローストビーフサンドを発見。ローストビーフサンドを食べました。ぽたぽた垂れて困るほどの溢れるソースが固めのフランスパンに染みて合います。ローストビーフ自体もジューシーでしたし。バイトのお姉ちゃんが冷凍パックからぎこちなく作ってたので(笑)、最初は不安でしたが、結構美味しかったです。ただ、700円はちょっと高いかも。値段も物価高めのブリティッシュ気分を演出ということで(苦笑)。

ブリティッシュローストビーフサンド

腹ごしらえを済ませて、向かったのは、ラ・マシンというフランスのアート集団のパフォーマンス。巨大なクモ型のメカで会場を闊歩します。厳密には闊歩ではなく、車両になってるんですが。実はY150、一番これを観たかったといっても過言ではありません。今年の夏は巨大ロボットブームでしょうか!?潮風公園のガンダムといい、大阪市役所のジャイアント・トらやん(なんじゃそりゃ!?)といい。

大きな複数の足が本物のクモのように動く様はなかなか圧巻。油圧やエンジンの音もメカ感をいい感じで醸し出してくれます。口とお尻からは糸ではなく、霧も吐きます。観客の上に覆いかぶさるように足が迫って来た時は、迫力ありました。ただ、パフォーマンスといっても、何か大きな展開や演出があるわけではなく、そういう意味では意外と地味。ま、マシンの存在自体が派手なんですけど。最後に身体中から霧を吹き出すとか、クモのお尻がパカッと割れて何か飛び出すとか、サプライズがあるのなかぁと少し期待したのですが、それはありませんでしたね。

ラ・マシンの巨大クモパフォーマンス

午後、暑さも増してきたなか、向かったのは、少し離れた日産の展示エリア、NISSAN Y150ドリームフロント&スーパーハイビジョンシアター。

巨大なスクリーンに映し出されるハイビジョンはキレイで迫力ありました。キレイな映像だと吸い込まれそうになるし、思わず身体も動いてしまったりしますね。なんか脈絡のない、いかにもデモンストレーションな映像なのが残念でしたが。

PIVO2などの電気自動車の展示もあります。1947年に開発されたという「たま」は、とても興味深かったです。合併前のプリンス自動車工業時代に市販された車種だそうです。日本でもこんな時代に販売された電気自動車が意外にもあったんですね。結局バッテリーよりガソリンエンジンのほうが安上がりということになって、一度は姿を消してしまったわけですが、日産はまたこのDNAを活かしてEVで勝負するといったところなのかな。元々、電気自動車はガソリン車より前に開発されていたとか聞いたことありますが、そろそろガソリン車から本気で脱却する時代だと思うし、頑張って欲しいものです。

日本最初の電気自動車「たま」

そんなこんなで、なんだか開国博というより、みらい博みたいな感も。ペリーを日本政府がもてなした晩餐を再現した展示なんかもありましたけどね。ペリー一行が魚中心の日本料理に辟易して「肉ヲ、タベタイデース」とか言ってました(笑)。

まぁまぁ楽しかったけど、会場は広くなく散在しているし、思っていたほど展示も多くない気がします。ちょっと2,400円は高いかなぁ~。無料エリアも結構あるけど。でも、ラ・マシンくらいは見ておいて損はないと思います。なんでも緑区の動物園のほうにも会場があるそうですが、そちらはあまり知られていないですよね。

http://event.yokohama150.org/

« 浅草シルクプリン | トップページ | まだ「おかえり」は早過ぎるけど »

旅行・地域2008-2010」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4825/45958755

この記事へのトラックバック一覧です: 開国博Y150、ラ・マシンと電気自動車:

« 浅草シルクプリン | トップページ | まだ「おかえり」は早過ぎるけど »

無料ブログはココログ