contact

音楽

ゲーム

« まだ「おかえり」は早過ぎるけど | トップページ | 蒲田の盛岡の平壌の冷麺 »

2009.08.28

審判の日

解散からだいぶ日にちが開きましたし、あまりに民主優勢とか圧勝とかマスコミが報じ過ぎなので、多少差し引きして考える必要があるのかな。過半数取って政権交代が成されれば、とりあえず御の字では。280議席でも単独で取ったら凄いけど。ま、いろいろ注目されます。

自民党の森や古賀、山崎拓、それから公明の太田代表辺りが落ちたら、なかなか面白いですが。ぺーぺーの女性候補なんかがやたら多かったり、民主党の議員もかなり頼りないところではありますが、老害やカルトよりはまだましか。投票率上がって、公明、創価の組織票も効力が薄れればよいですね。政権の座から引き摺り下ろしたいです。いい加減に「20世紀少年」じゃあるまいし。

民主党政権になって、官僚政治、財政はもちろんですが、自民党支持者が必死に煽っている外国人参政権や国際関係、教育の問題なども含めて、いろいろじっくり考えてみるのもいいんじゃないでしょうか。

人口や労働力の著しい減少が見込まれる日本が今後どう国際社会の中で生き残り繁栄を維持していくか。そろそろ真剣に考える時期に来ていると感じますし。

自民党は政権にお試しはあり得ないといいますが、scrap & build。もし下野してもそのbuildの役割を担うんだという意気込みで力を蓄えていればいいだけ。権力を失って散開するくらいならそれまでだった、歴史的な役割を終えたまでということじゃないかな。

いずれにしろ、あと2日。
あ、最高裁裁判官国民審査・・・。

http://2009senkyo.jp/

« まだ「おかえり」は早過ぎるけど | トップページ | 蒲田の盛岡の平壌の冷麺 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

あと2日ですか・・・
ひとまず政権交代して、そのあと各政党ごちゃ混ぜにならないと日本は作り替えられませんね。

明治維新のように、古い体制は一掃して、大きく変わるのを期待します。(大げさすぎ?!)

選挙戦の後は、楽しい旅行が待っていますairplane
イベント盛りだくさんですね~scissors

>kiriさん
日本の議会制民主主義は、U.K.を見本にしたと聞いています。成熟した民主主義にはまだまだ遠いのかもしれません。

実質戦後自民党一党独裁に近い体制や官僚機構は、もちろん日本の成長にとって貢献や意義はあったわけですが、そろそろ制度や組織に疲労を起こしているような気がします。

民主党もいろいろ不安な部分や危険な部分は少なくないですが、こんだけ政党があるんですから、たまには政権交代の1つも起こさないと、どこぞの社会主義の隣国みたいに選挙の意味がないぞということで。

ま、本当はそんなことよりほとんど旅や連休のことで頭がいっぱいなんですけどねhappy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4825/46054558

この記事へのトラックバック一覧です: 審判の日:

« まだ「おかえり」は早過ぎるけど | トップページ | 蒲田の盛岡の平壌の冷麺 »

無料ブログはココログ