contact

音楽

ゲーム

« 神田、台湾屋台 海老寿 | トップページ | 平壌少年宮殿の宇宙船巨大模型と、閑散とした金日成広場 »

2009.04.05

金ちゃんのテポドーンとやってみよう

とりあえずは本土への落下など大きな事故がなくて何よりでした。4日の誤報騒動の際には、大丈夫かいな・・・と不安になりましたが。

近距離射程だというPAC3の配備などは内外へのポーズの意味合いも強いようですが、迎撃も辞さないという強い姿勢を見せたのは日本政府としてはよかったんじゃないでしょうか。結果、実行することがなかったのも不幸中の幸いというか。自衛隊が迎撃を試みていたら、それはそれで、一部落下物だとしても、北朝鮮は「平和的な人工衛星を迎撃された」と得意の論法で逆ギレしてくるのが必至でしたし。

ブースター分離も1段、2段ともヘンなところに落ちているようですし、発射は成功なのか否か、本当に人工衛星が軌道に乗っているのかといったことは、まだ分かりませんね。いずれにしろ、そんなものを正式な了承もなく、違法に他国の上を通過させる所業には怒りを感じます。

案外したたかというか、結局なんだかんだで北朝鮮ペースな気がしてならず歯がゆい限り。だからと言って、右翼さながらやれ攻撃だ戦争だ、日本も軍拡だ核装備だという気はさらさらありませんが、せめて強い抗議の姿勢はしっかり示して、国際社会への働きかけを行っていってほしいものです。「極めて遺憾で厳重に抗議する」と会見で述べるだけというのではなく。今のままでは、結局アメリカも中国も北朝鮮ペースで、日本は全くイニシアチブを取れていませんし。たとえ北朝鮮のミサイルが直近的に大きな脅威ではないとしても、こんな隣国の舐めた行為をいつまでも許容あるいは看過するわけにはいかないはずですが・・・。

スローガンとプロパガンダ看板
▲市内の何気ない風景。スローガンと、兵士のような絵が描かれたプロパガンダの看板。(平壌)

万寿台の金日成銅像
▲万寿台の頂に立つ「偉大なる金日成同志の銅像」。朝鮮革命博物館に描かれた背景の壁画は、白頭山。(平壌、万寿台)

« 神田、台湾屋台 海老寿 | トップページ | 平壌少年宮殿の宇宙船巨大模型と、閑散とした金日成広場 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。和アンリです。

中国とロシアはどうして楯突くんでしょうかね?なにかつーと、反対側に付きますよね。

>和アンリさん
こんにちは(^-^)
中国は千年も前から、朝鮮半島を属国のように思っていますし、隣国で数少ない社会主義国の北朝鮮が、アメリカや自由主義陣営に渡ってしまうことだけは避けたいという思惑があるのでしょうね。

ロシアも、ま、似たような理由でしょう。日本が朝鮮を治めていた時代には、日露戦争、日中戦争などで煮え湯を飲まされたでしょうし、地政学的に日米には譲りたくないってのが一番かも。資源や経済的にはほとんど魅力のない国ですが・・・。

ただ、さすがにダダっ子に手を焼いている感はあるかも(苦笑)。ダダもこね過ぎると、終いにはお母さんのお目玉を食らうか、置いていかれちゃうぞ、と。

「人工衛星」は飛んでないみたいですね(苦笑)。ま、2,000とか3,000km飛んだだけでも、彼らにとっては「成功」なのかも♪(苦笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4825/44572769

この記事へのトラックバック一覧です: 金ちゃんのテポドーンとやってみよう:

« 神田、台湾屋台 海老寿 | トップページ | 平壌少年宮殿の宇宙船巨大模型と、閑散とした金日成広場 »

無料ブログはココログ