contact

音楽

ゲーム

« 絶えない小室哲哉カバー | トップページ | パティシェ・イナムラ・ショウゾウ »

2009.04.22

FINAL FANTASY XIII Trial Version

最近、全然TVゲームを遊んでいません。やりたいゲームはたくさんあるのですが、アクションADVとか、結構集中力気力が要りそうなものが多いので、どうも仕事疲れが溜まっている昨今、なかなかコントローラを手に取るに至りません。「メタルギア4」、「龍が如く3」、「バイオハザード5」と話題作も軒並み積みゲーに・・・。ゴールデンウィークは、この積みゲー消化に当てるのも手かな、なんて思っています。

そんななか、久々にPS3で起動したゲームは、体験版。そう、「FINAL FANTASY XIII Trial Version」です。これ目的で「FINAL FANTASY XII アドベントチルドレン COMPLETE」(Blu-ray Disc)を買った次第。「アドベント~」はDVD版も持ってるんですけどね。

さて、「FF XIII」ですが、ムービー、プレイアブル部分共に映像はさすがPS3、さすがFFといった出来。この点では心配要らないし、期待できると思います。

今回の主人公は、ライトニング。Xのユウナとか、XIIのアーシェなど、これまでもFFには印象的な女性主要キャラがいましたが、やはり女性主人公というのは意外と新鮮なものですね。体験版では限られたアクションしか見られませんでしたが、本編ではどんな技や魔法を繰り出すのか気になります。

システムはセミリアルタイムのコマンド入力タイプ。タイムゲージの溜まり具合に合わせて、一発大きな魔法を打ったり、細かなコマンドをコンボにして発動したりするシステムです。今時のRPGといった趣きでスピード感もありますが、ちょっと慌しくてゴチャつくのと、どうしてもゲージばかりに目がいって華麗な戦闘シーンをいまいち堪能できないという難点はありますね。また、ターゲット選んでからコマンド選択だったり、コマンドは先行入力できるが発動はゲージ待ちだったり、旧作のATBとは少し勝手が異なります。ま、この辺は長編RPGですから、遊んでいるうちに慣れるかもしれませんね。

ボリュームとスケールの大きさが魅力のFFですから、やはりまだ開発中時期の体験版では他のRPGとの差は感じ取り難いです。戦闘中もコマンド指示できるのはメインキャラのみ、システムも体感できるのは上記の基本的な部分のみで、雑誌などで明らかにされている召喚獣などまだ多くの未知の部分が残っています。

「FF XIII」の発売は、2009年末を予定。それまで、またかなりパワーアップや改善が施されることでしょう。正直、中途半端な体験版で妙な偏見や落胆を持つよりは、本編をじっくり待つのも手かもしれません。発売までどうにも待てん!という方は、ガス抜きがてらにどうぞ。

http://www.square-enix.co.jp/fabula/ff13/
http://www.square-enix.co.jp/ff7acc/

ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン コンプリート(限定版:PS3版「ファイナルファンタジーXIII」体験版同梱) Blu-ray Disc

FINAL FANTASY XIII

« 絶えない小室哲哉カバー | トップページ | パティシェ・イナムラ・ショウゾウ »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4825/44754282

この記事へのトラックバック一覧です: FINAL FANTASY XIII Trial Version:

« 絶えない小室哲哉カバー | トップページ | パティシェ・イナムラ・ショウゾウ »

無料ブログはココログ