contact

音楽

ゲーム

« ブルーシールカフェ渋谷 | トップページ | 宇都宮。二荒山神社、正嗣宮島本店の餃子 »

2009.03.23

巨大地下空洞、大谷採石場跡と岩壁の寺、大谷寺

栃木県宇都宮市、大谷に行ってきました。一番の目的は、大谷資料館(大谷採石場跡)です。昨年秋、埼玉の首都圏外郭放水路に続く、地下巡り第2弾とでもいったところ。幼い頃家族と訪れたことはあるものの、記憶はかなり薄っすら。気持ちは初訪問です。

早朝に東京を出て、JR快速で1時間45分程度。宇都宮駅から路線バスで約30分。バスが大谷地域に入ってくると、周囲あちこちに石切り場が見えてきます。スライスされたように平坦な断面を見せる岩山、自然と人間の仕業の狭間とでもいうか、何とも独特の風景。大谷資料館前で下車。バス亭のすぐ近くには、景観公園。姿川という小川が流れていて、近くの道路を通るクルマも少なく、雨上がりの朝、静けさがいい感じです。公園脇の道を入って、資料館へ歩いて数分。道中、林からは鶯の鳴き声も聞こえてきました。

大谷景観公園
▲大谷景観公園。大きく開いた穴には切り出し残された大谷石が積まれています。(宇都宮市、大谷)

丁寧だけど異常に声の小さい受付係からチケットを購入して、入場。大谷石の解説や大谷の歴史、採掘道具などを展示したちょっとした展示スペースを見た後、引き戸の入口を抜けひんやりと冷気が漂ってくる地下へと続く階段を下っていきます。

メインイベントの地下採石場跡。旧帝国ホテルなどで使用され、加工し易く耐火性に優れるという大谷石。その採掘跡が一部公開されています。地下約30m。ここだけで東京ドーム1個分くらいのスペースが掘られているとか。年平均気温8度とのことで、この日も冷蔵庫の中のような寒さ。

大谷採石場跡
▲大谷採石場跡。下部に作られたオブジェも相まって、どこか神殿や建造物のようでもあります。(宇都宮、大谷資料館)

大谷採石場跡
▲大谷採石場跡。中央に緩やかな大きな坂があります。(宇都宮、大谷資料館)

複雑に、しかし滑らかな断面で四角く切り抜かれた巨大な地下空間。これだけの空間、よく掘ったなぁ~と。手掘りをしていたような時代など、事故で亡くなった方もいるでしょうね。大戦中は地下飛行機工場として使われたというスペースもありました。歴史を感じます。

天井の穴から光が差して何とも美しい光景にも出会いました。採石場という産業遺産なわけですが、静寂と寒さ、少ない明かりによる暗さも相まって、ちょっと神秘的でした。確かTM NETWORKもPVで使っていたような気がしますが、現在でも撮影やコンサートなどでいろいろ利用されているようです。

採石場跡にて。天井の隙間から光が差し込み、幻想的
▲採石場跡にて。天井の隙間から光が差し込み、幻想的。(宇都宮、大谷資料館)

資料館を出た後は、徒歩で大谷寺へ向かいます。平安初期頃からあるという、岩壁に埋め込むように建っている珍しいお寺。仏像も幾つも壁面に彫られていて、大谷磨崖仏として重要文化財に指定されているそうです。大谷観音と呼ばれている本尊の石造千手観音菩薩立像は4m弱の大きさがあって、火事などで傷んでいるのは残念なものの、なかなかの見物。ありがたく手を合わせました。本尊以外の仏像も歴史が古く、岩肌に幾つも並んで彫られており、本当に珍しいものでした。こんな寺院もあるんですねぇ~。

お寺の前には公園があって、そこには平和観音という巨大な観音像も聳え立っています。昭和29年製作と大谷磨崖仏ほど古いものではありませんが、27mの高さがあって、そこにあった岩壁から手彫りで作り上げたものだそうです。平和観音の背後の岸壁頂上部分には階段で昇れて、ちょうど観音様の目線の風景を眺めることも出来ます。それほど絶景というほどではありませんが!?、大谷町が一望できます。

平和観音
▲平和観音。この岩山から6年かけて手彫りしたそうです。(宇都宮、大谷)

公園からバス道路へ続く参道もあり、ちょっと歩いてみましたが、休日だというのに人通りもまばらで、道沿いのお土産屋らしき店舗も閉店しているようでした。宇都宮屈指の観光スポットと思われますが、なかなか厳しいのでしょうかね。

天狗の投石
▲岩山のてっぺんにチョコンと乗った巨大岩石。「天狗の投石」と言われているそうです。(宇都宮、大谷)

工場跡の廃墟と大谷の岩山
▲工場跡(?)の廃墟と大谷の岩山。(宇都宮、大谷)

大谷観音前というバス亭もありましたが、1時間に2本程度で少し時間があったので、国道沿いの2つ先のバス停まで歩きました。田舎道を、石材店に並ぶ大谷石などを見ながらぶらぶら。よく見てみると、さすがにこの辺には大谷石を使っている家屋も少なくありません。なんか石の建物って、風情があっていいですね。建材供給や耐震性などいろいろ問題はあるかと思いますが、日本の家屋も木造で30年サイクルとかばかりではなく、こういった歴史と伝統のある建材を大事にしたり、バリエーションのある建物が増えると面白いのですが。

大谷石の石材
▲石材店に並べられていた大谷石の石材。(宇都宮、大谷)

大谷石で築かれた建物
▲大谷石で築かれた建物。石材店を営んでいるようでした。(宇都宮、大谷)

« ブルーシールカフェ渋谷 | トップページ | 宇都宮。二荒山神社、正嗣宮島本店の餃子 »

旅行・地域2008-2010」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4825/44447118

この記事へのトラックバック一覧です: 巨大地下空洞、大谷採石場跡と岩壁の寺、大谷寺:

« ブルーシールカフェ渋谷 | トップページ | 宇都宮。二荒山神社、正嗣宮島本店の餃子 »

無料ブログはココログ