contact

音楽

ゲーム

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009.03.31

神田、台湾屋台 海老寿

先週末は、神田にある台湾小皿料理屋、台湾屋台 海老寿というお店に行きました。

切干大根の卵焼きや大根餅、豚足など台湾らしい料理がいろいろあり、味付けも濃過ぎず油っぽ過ぎず良かったです。でも、空心菜炒めが切れてたり、メニューに魯肉飯とか牛肉麺とかその辺がないようだったので、全体的には少し物足りない感じがしました。デザートが種類少なかったり。メニュー自体はたくさんあるにはあるんですけどね~。

80席あるって書いてあったけど、結構狭くて、しかも騒がしい団体客に囲まれてしまい、知り合いとゆっくり話そうと考えていたのにちょっと残念でした。クーポンサービスの紹興酒は、結構量あったのは嬉しかったです。おかげであまり酒頼まなかったですが(汗)。クーポン後出ししたら男性店員にめっちゃ嫌な顔されたけど(汗)。

食事自体は楽しかったですが、冷静に店だけ考えると、期待していただけに今ひとつだったかも。また大勢とかで行くと印象違うのかもしれませんが。

http://www.marusyo-kigyo.co.jp/
http://r.gnavi.co.jp/g830600/

2009.03.29

一茶一坐・渋谷ロフト店、BAOランチとお茶

渋谷ロフトにある一茶一坐(イーチャイーゾ)という店へランチに行きました。中国・上海にある中国茶と中華料理のお店の日本支店。大きな窓に沿った店内は、開放感があってオシャレです。

夜は本格的なコースもあるようですが、ランチは、点心や坦々麺、ヘルシー指向なメニューなどが手軽に楽しめます。僕は、ほうれん草と鶏もも肉の健康BAOランチセットを注文。バオとは鍋料理のことらしいです。中華というよりは、カレーや東南アジア料理のような煮込みでした。白ご飯にかけて食べたくなる感じ。デザートのマンゴープリンも、ミルキーで美味しかったです。

400円プラスで、ポットのお茶を付けられたので、僕はプーアル茶、一緒に行った知り合いは、茘枝紅茶(ライチ紅茶)を。台湾の茶店でもプーアル茶は買おうかと思って見ましたが、いいやつは高かったなぁ。痩身効果があるとか聞いたので、中華の後は飲んでおかないとね(笑)。ライチ紅茶も飲ませてもらったけど、本当にライチフレーバーがいい香り。ストレートもいいけど、お砂糖をちょっと入れたらまた美味しいかもしれませんね。

料理もお茶も美味しく、土曜のお昼前からダラダラいましたが、渋谷の賑やかな場所にありながらのんびり出来るお店でした。ただ、1点!茶器が湯垢というかちょっと汚かったのが気になりました!せっかく洒落た雰囲気が興醒めしてしまいますし、どうにかしてほしいものです。

http://www.chamate.jp/shibuya/

2009.03.26

宇都宮。二荒山神社、正嗣宮島本店の餃子

大谷観光の帰り、宇都宮市街に寄りました。

まずは、二荒山神社にお参り。宇都宮の地名の由来にもなっている神社ですからね。源氏や家康も祈願に訪れたという歴史ある神社で、現在の本殿は明治初期に再建されたものらしいです。長い石段を昇って、小高い丘から街を見下ろす、まさに宇都宮の守護神といった趣が良かったです。参道、鳥居脇に何やら高層マンションの建設工事をしているようですが、なんだかもったいないというか、もっと神社や景観を生かした開発は出来ないものなのかなぁ。

鳥居から二荒山神社、石段を眺める
▲鳥居から二荒山神社、石段を眺める。左側のマンション建設はやはり・・・。(宇都宮)

二荒山神社。拝殿
▲二荒山神社。拝殿。(宇都宮)

お参り後、参道のその逆サイドに建つビルへ。その名も・・・表参道スクエア!まるで東京青山かと思うネーミング(笑)。目的は、台湾スイーツ99というお店。事前にネットでここにあると知って、これは寄ってみたいなと。

店名の通り台湾スイーツカフェ。宇都宮にもこんなお店があるなんて。ただ、お昼過ぎでしたが、店に入ってから出るまでお客さんは他になし。静かでいいけど、ちょっと緊張もしちゃったり。休日だったけど、ビルに飲食店はあまり多くないみたいだったので、ロケーション的にどうなんだろうなと気になります。

注文したのは、タロイモミルクティー(タピオカ入り)と豆花(トーファ)。ソフトピーナッツのせの豆花は初めて食べましたが、甘過ぎないシンプルなお味。なんだかヘルシーな気分になりました。愛玉子とか台湾らしいデザートのほか、春巻きとかコーヒー、パンとかちょっとした軽食みたいなメニューもありましたよ。

台湾スイーツ99
▲台湾スイーツ99。うつのみや表参道スクエア内。(宇都宮)

台湾スイーツ99のタロイモパールミルクティーと豆花ソフトピーナッツのせ
▲台湾スイーツ99表参道スクエア店のタロイモパールミルクティーと豆花ソフトピーナッツのせ。

表参道スクエアから大通りを挟んだ向かいは宇都宮パルコ。そのパルコや街を少しぶらついた後、やはり宇都宮に来たら餃子でしょ。餃子なんでしょ。

どこ行こうか悩みましたが、結局、無難に王道な選択で、正嗣(まさし)宮島本店へ。案の定、行列。20~30人待ってたかなぁ。でもここは餃子"専門店"で、メニューも餃子しかない、ビールやご飯さえないらしいので、結構流れも早いんじゃないの?とか考え、いざ並んでみました。しかし、読みが甘かったぁ。結果、並んだ時間は約1時間30分!食事でこんなに並んだのは久々です。少し台湾カフェで食べておいてよかった・・・。

焼き餃子と水餃子を1皿ずつ注文。1皿6個入りで210円は安い!小ぶりだけど、こんがり薄皮で、野菜シャキシャキ、美味しい!にんにく臭さなどもなく、確かにこれなら2皿は軽くいけます。水餃子はさらにあっさりでした。

正嗣宮島本店 
▲正嗣宮島本店。いまや餃子の街・宇都宮の老舗の一つ。行列でした。(宇都宮)

正嗣宮島本店の焼き餃子と水餃子
▲正嗣宮島本店の焼き餃子と水餃子。(宇都宮)

ただ、1時間半はやはりちょっとキツいかも。いや美味しいんですけどね。家族経営か少人数で切り盛りしていましたが、もう少し早くまわせないものか。ま、並ぶのは話のタネというか、観光の一環と割り切るべしということなのでしょうか。テイクアウトなら列に並ばなくて済むみたいなので、クルマなどで来ているならそれもありかと思います。

今回はお腹いっぱいだったのでハシゴは見送りましたが、揚げ餃子やフライ餃子、変り種なんかを出している店もあるので、また機会があればチャレンジしてみたいですね。

http://www.u-omotesando.jp/
http://www.ucatv.ne.jp/ishop/masashi/

2009.03.23

巨大地下空洞、大谷採石場跡と岩壁の寺、大谷寺

栃木県宇都宮市、大谷に行ってきました。一番の目的は、大谷資料館(大谷採石場跡)です。昨年秋、埼玉の首都圏外郭放水路に続く、地下巡り第2弾とでもいったところ。幼い頃家族と訪れたことはあるものの、記憶はかなり薄っすら。気持ちは初訪問です。

早朝に東京を出て、JR快速で1時間45分程度。宇都宮駅から路線バスで約30分。バスが大谷地域に入ってくると、周囲あちこちに石切り場が見えてきます。スライスされたように平坦な断面を見せる岩山、自然と人間の仕業の狭間とでもいうか、何とも独特の風景。大谷資料館前で下車。バス亭のすぐ近くには、景観公園。姿川という小川が流れていて、近くの道路を通るクルマも少なく、雨上がりの朝、静けさがいい感じです。公園脇の道を入って、資料館へ歩いて数分。道中、林からは鶯の鳴き声も聞こえてきました。

大谷景観公園
▲大谷景観公園。大きく開いた穴には切り出し残された大谷石が積まれています。(宇都宮市、大谷)

丁寧だけど異常に声の小さい受付係からチケットを購入して、入場。大谷石の解説や大谷の歴史、採掘道具などを展示したちょっとした展示スペースを見た後、引き戸の入口を抜けひんやりと冷気が漂ってくる地下へと続く階段を下っていきます。

メインイベントの地下採石場跡。旧帝国ホテルなどで使用され、加工し易く耐火性に優れるという大谷石。その採掘跡が一部公開されています。地下約30m。ここだけで東京ドーム1個分くらいのスペースが掘られているとか。年平均気温8度とのことで、この日も冷蔵庫の中のような寒さ。

大谷採石場跡
▲大谷採石場跡。下部に作られたオブジェも相まって、どこか神殿や建造物のようでもあります。(宇都宮、大谷資料館)

大谷採石場跡
▲大谷採石場跡。中央に緩やかな大きな坂があります。(宇都宮、大谷資料館)

複雑に、しかし滑らかな断面で四角く切り抜かれた巨大な地下空間。これだけの空間、よく掘ったなぁ~と。手掘りをしていたような時代など、事故で亡くなった方もいるでしょうね。大戦中は地下飛行機工場として使われたというスペースもありました。歴史を感じます。

天井の穴から光が差して何とも美しい光景にも出会いました。採石場という産業遺産なわけですが、静寂と寒さ、少ない明かりによる暗さも相まって、ちょっと神秘的でした。確かTM NETWORKもPVで使っていたような気がしますが、現在でも撮影やコンサートなどでいろいろ利用されているようです。

採石場跡にて。天井の隙間から光が差し込み、幻想的
▲採石場跡にて。天井の隙間から光が差し込み、幻想的。(宇都宮、大谷資料館)

資料館を出た後は、徒歩で大谷寺へ向かいます。平安初期頃からあるという、岩壁に埋め込むように建っている珍しいお寺。仏像も幾つも壁面に彫られていて、大谷磨崖仏として重要文化財に指定されているそうです。大谷観音と呼ばれている本尊の石造千手観音菩薩立像は4m弱の大きさがあって、火事などで傷んでいるのは残念なものの、なかなかの見物。ありがたく手を合わせました。本尊以外の仏像も歴史が古く、岩肌に幾つも並んで彫られており、本当に珍しいものでした。こんな寺院もあるんですねぇ~。

お寺の前には公園があって、そこには平和観音という巨大な観音像も聳え立っています。昭和29年製作と大谷磨崖仏ほど古いものではありませんが、27mの高さがあって、そこにあった岩壁から手彫りで作り上げたものだそうです。平和観音の背後の岸壁頂上部分には階段で昇れて、ちょうど観音様の目線の風景を眺めることも出来ます。それほど絶景というほどではありませんが!?、大谷町が一望できます。

平和観音
▲平和観音。この岩山から6年かけて手彫りしたそうです。(宇都宮、大谷)

公園からバス道路へ続く参道もあり、ちょっと歩いてみましたが、休日だというのに人通りもまばらで、道沿いのお土産屋らしき店舗も閉店しているようでした。宇都宮屈指の観光スポットと思われますが、なかなか厳しいのでしょうかね。

天狗の投石
▲岩山のてっぺんにチョコンと乗った巨大岩石。「天狗の投石」と言われているそうです。(宇都宮、大谷)

工場跡の廃墟と大谷の岩山
▲工場跡(?)の廃墟と大谷の岩山。(宇都宮、大谷)

大谷観音前というバス亭もありましたが、1時間に2本程度で少し時間があったので、国道沿いの2つ先のバス停まで歩きました。田舎道を、石材店に並ぶ大谷石などを見ながらぶらぶら。よく見てみると、さすがにこの辺には大谷石を使っている家屋も少なくありません。なんか石の建物って、風情があっていいですね。建材供給や耐震性などいろいろ問題はあるかと思いますが、日本の家屋も木造で30年サイクルとかばかりではなく、こういった歴史と伝統のある建材を大事にしたり、バリエーションのある建物が増えると面白いのですが。

大谷石の石材
▲石材店に並べられていた大谷石の石材。(宇都宮、大谷)

大谷石で築かれた建物
▲大谷石で築かれた建物。石材店を営んでいるようでした。(宇都宮、大谷)

2009.03.21

ブルーシールカフェ渋谷

渋谷で、ブルーシールカフェというお店に知り合いに連れられて行きました。ブルーシール!?ブルックシールズ!?ってな具合で全く知りませんでしたが、なんでも沖縄のアイスクリームショップらしいですね。

美ら(ちゅら)イモのサンデーとグァバジュースを頂きました。美らイモと少し沖縄らしさがわざとらしい名前ですが(笑)、要は焼きイモ、スイートポテト味。しっかりサツマイモの味がして、なかなか美味しかったです。注文後作って貰うのを待つ間ゆっくりメニュー見てたら、他に紅イモやサトウキビ、ゴーヤーなんて本当に沖縄らしいフレーバーも。気になります。また機会があれば、そういった変り種を頼んでみたいです。

関東にも同様のカフェが数店ある他、アイスの取扱店やネット通販もあるみたい。結構広く展開しているみたいですが、沖縄じゃ有名なのかな。知りませんでした・・・。

http://www.blueseal.co.jp/

ブルーシールカフェのサンデー(美らイモ)とグァバジュース
▲ブルーシールカフェのサンデー(美らイモ)とグァバジュース。

GWは東京へ行きます!

今年のゴールデンウィーク、・・・東京に行くことにしました!東京在住なんですが、贅沢は出来ないし、100年に一度の安近短を目指して!?

ま、とはいえ、やはり連休ずっと自宅は飽きるよなぁ~ということで、実は、東京は東京でも行ったことのない東京!離島だ~!という考えに至りました。で、伊豆大島じゃ近過ぎる!でも、小笠原諸島はさすがに高遠長!八丈島にしようかと決めかけたものの、結構人気スポットだし~、マリンスポーツする金もないし~となり・・・。

結局、三宅島に決めました!2000年の噴火から約5年間、全島民が避難したあの島。2005年から帰島が始まり、昨年からは定期航空便も復活。徐々にですが、ダイビングや釣り客も戻ってきているようです。

しかし、まだ雄山の聳える島中心部は入れませんし、麓の3分の1くらいの区域も高濃度火山ガス区域に指定、島内では、ガスマスク常時携帯が義務付けられています。

そんな三宅島に行ってみようと。ダイビングの予定も釣りの予定もなく(笑)。でも5年人が離れた島の自然はきっと見るべきところがあるでしょうし、自然の驚異を肌で感じられるかもしれません。1泊2日ですが、帰路は船で帰ってくるつもりです。せっかく休みなので、ま、ガツガツせず、ゆっくりできればいいかなぁ。

ガスマスクですが、本当に持参厳守なんでしょうかね!?竹芝桟橋では販売しているらしいですが、往路は飛行機なので・・・。空港とかでは売ってないのかなぁ。島内のバスも数時間に1本といった感じなので、どう移動するか、高濃度地区はどうなのか、いろいろ行くまでに考えておかないといけないですね。ま、それが楽しくもあるわけですが。

http://www.miyakejima.gr.jp/
http://www.miyakemura.com/

2009.03.13

大井町の沖縄居酒屋、南風どなん

先週末、仕事終わり途中駅の大井町で降りて、東急線のガード下にある南風どなん(はいどなん)という沖縄居酒屋で飲みました。

「2階かカウンターどちらがいいですか?」と聞かれたので「2階で」と言ったら、「やはりカウンターでいいですか?」となりました。ま、男2人だから仕方ないですね。

1階は半分以上カウンターが占めているのでこじんまりした印象ですが、カウンターの向こうには泡盛のビンがずらりと並び、店員さんも南国顔の日に焼けた女性中心で、雰囲気はアットホームで悪くないです。

せっかくなので沖縄料理っぽいものを注文。定番のゴーヤチャンプルー、中華クラゲ風で美味かったミミガーの和え物、天ぷらとは!のもずくの天ぷらなどなど。海ぶどうがたくさん入ったどなんサラダも注文。海ぶどうって、もしかしたら初めて食べたかも。食感が楽しくてクセになりそうですね。

沖縄料理、楽しい!でも、一緒に行った同僚が実は沖縄出身の方だったので盛り上がるかと思ったらそうでもなかったみたいで(苦笑)、そこそこでお開きとなりました。残念。泡盛も飲まなかったし、ヒラヤーチーとかまだまだ食べてみたいものも少なくないので、また是非行きたい!です。

っていうか、本当の沖縄も行ったことないので、行ってみたいなぁ。

http://r.gnavi.co.jp/p811400/

2009.03.04

小沢さん、甘~い!

この大事な時期に、民主党得意の自爆。しかも大きめ。

西松建設の事件が取り沙汰され始めた当初から、小沢一郎への疑いは噂には上っていましたが、このタイミング、さすが東京地検、やってくれます。ま、国策捜査か云々はともかく、小沢さんがかなりヤバいのは確かなんでしょうね。今日の会見では、続投を明言していましたが、いずれ代表を辞めざる得ないんじゃないかなぁと予想しますが、果たして。

しかしこれで、では自民党が盛り返すかというと、そう簡単ではないですよね。多少は影響あるでしょうけど、もはや国民の多くは自民党政治に閉塞感を感じてますし。やはり政権交代は必要なのではないかと。この西松の件でも、自民党にも冷や冷やしている議員はいるわけで。

民主党は、裏表含めて小沢さんの後ろ盾を失ったら厳しいでしょうが、岡田さんなり誰か、早く新しい顔で立て直すというのもありだと思うのですが。まさか小沢さんと党も心中なんてことはないと信じたいですが・・・。

予算が通り、定額給付金も決まったみたいですね。民主党に政権が移れば中国や韓国に金が流れるとか非難している人もいるけど、一方、給付金がどこかのカルト宗教のお布施に吸収されるかと考えると、どちらがどうとも・・・。まったく日本の政治は、頭痛いです。

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

無料ブログはココログ