contact

音楽

ゲーム

« 石家割包、寧夏夜市、春水堂の珍珠奶茶 | トップページ | 台北番外編。Photos »

2009.02.17

朝の揚げパン、パパイヤミルク、紅楼、孔子廟。台北最終日

台北最終日。ホテルチェックアウト予定は午前10時半。でもそれまでホテルでゆっくりじゃもったいない!ということで、6時前に起床。すっかり乗り慣れたMRTに飛び乗り、板南線の善導寺(シャンタオシー)という駅まで。

目的は、阜杭豆漿(フーハンドウジァン)というお店。地下駅の出口の傍のビルに「2F」と書かれている看板発見。地味な食料品店などが入っているビルで、これは事前に知らなきゃ絶対入れないです。少し恐る恐る階段を昇っていくと、お店のカウンターとそれに並ぶお客さんが5~6人。おおっ、やってるやってる。

阜杭豆漿
阜杭豆漿。朝から行列
▲阜杭豆漿。朝から行列です。台湾式ブレックファースト。(台北、善導寺)

早朝からオープンしているこのお店は、豆漿(ドウジァン)という豆乳スープや油條(ヨウチャオ)という揚げパンなど昔ながらの朝ごはんのお店。カウンターは、内用(イートイン)と外帯(テイクアウト)に分かれています。内用に並んでいると、さぁ、自分が注文する番。日本人ですよ~オーラを必死に出してたら、おばちゃんが写真と日本語が書かれたメニューを持ってきてくれました。ちょっとおかしな日本語なんかもあったけど、手作り感があってなんか嬉しい。オススメは?「推薦?」(トゥイジェン)ってな感じで尋ねたら、「分からないよ。全部かな」みたいな返事(笑)。この店特製で人気だという、3本の揚げパン(油條)をナンのような大餅(タービン)というもので巻いた薄餅油條を、豆乳スープは「甘い」と「からい」があったので、からいを注文。

阜杭豆漿の塩味豆乳スープと揚げパン
▲阜杭豆漿の鹹豆漿と薄餅油條。塩味豆乳スープと揚げパンの束!

揚げパンは、素朴な味ですが揚げたてで美味しい。豆乳スープは、からいと書かれていましたが、しょっぱい塩味ベース。ネギのみじん切りや干し海老が入っていて、黒酢やゴマ油の香りが食欲をそそります。パンの揚げカスもクルトンのようでナイス。豆乳がゆるく固まっている部分もあり、豆腐スープのようでもあります。ボリューム満点で食べ切るか不安でしたが、揚げパンをスープにつけて食べるとこれが美味くて、気がつけばすべて平らげました。ごちそうさま。食べ終わる頃には、カウンターの行列がまた増えていました。

すっかり出勤時間のMRTで、サラリーマンや学生に紛れて向かったのは、西門(シーメン)。駅近くにあるという紅楼(ホンロウ)という建物。ガイドブックの写真を見て、見ておきたいと思いました。日本統治時代初期に建てられたレンガ造りの建物で、劇場やカフェが入っています。まだ早朝ということもあり、残念ながら劇場やお店は開店前でしたが、レトロモダンな外観は、ちょうど横浜や函館のような印象でした。

紅楼
▲紅楼。日本統治時代からある建物。オシャレ。(台北、西門町)

牛乳大王のパパイヤミルク
▲紅楼の近くでお店が朝からオープンしていたので立ち寄った、牛乳大王の木瓜牛奶(パパイヤミルク)。フレッシュです。

時計を見ると9時近かったですが、あと1つ!急いで、孔子廟(コンズミャオ)へ。圓山(ユェンシャン)駅で降りて地図を見て、走って向かいます。前日ツアーで団体で訪れた保安宮のすぐ隣。名前の通り孔子を祀った廟で、外観は保安宮や龍山寺に似た感じですが、大戦前から残る建物ということで、朝でほとんど観光客がおらず静かなこともあって、なかなか良い雰囲気でした。ちょっと駆け足になってしまいましたが、これで台北の主要観光スポットはギリギリ制覇したかな。

孔子廟境内で太極拳をする人々
▲孔子廟境内の隅では、太極拳をする人々にも遭遇。

ダッシュでホテルに戻り、どうにか送迎のお迎えにも間に合いました。なぜか初日と同じ免税店に再び連れて行かれた後、帰路の台北桃園空港へ。

フライトまで少し時間があり、ちょうどお昼だったので、空港内のフードコートで最後の台湾フード、牛肉麺(ニウロウミェン)を。まだ食べるか、しつこいくらい往生際悪いですが(笑)。辛くて、また漢方っぽいちょっとクセのあるスパイシーさ。不味くはなかったですが、牛肉も普通で、味付け卵ものっていたり、ちょっと日本人向け、ラーメンを意識し過ぎている感じだったかも。次回台湾を訪れる機会があったら、是非街のお店で牛肉麺も食べてみたいですね。

本当に本当に(笑)食べて、歩き回りました。たった3日間でしたが、格安ツアーを利用してこれだけ楽しめたら満足です。同じような安く行ける隣国としては、例えばソウル、韓国よりも、個人的には親近感、好感を持ちました。臭豆腐の匂いは鼻から取れませんが(苦笑)、台湾はまたいつの日か訪れることもある気がします。日中友好条約を結んで以来、日本と中華民国に正式な国交はなく、馬国民党政権の親中政策、尖閣諸島を巡る不穏な動きなど不安材料もありますが、良好な日台関係を築いていければいいなと願います。

空港で、牛肉麺
▲空港内のフードコートにて、牛肉麺。ちょっとラーメン風?

« 石家割包、寧夏夜市、春水堂の珍珠奶茶 | トップページ | 台北番外編。Photos »

旅行・地域2008-2010」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4825/44346867

この記事へのトラックバック一覧です: 朝の揚げパン、パパイヤミルク、紅楼、孔子廟。台北最終日:

« 石家割包、寧夏夜市、春水堂の珍珠奶茶 | トップページ | 台北番外編。Photos »

無料ブログはココログ