contact

音楽

ゲーム

« キャリーバッグ | トップページ | Heart on wave~♪アラフォーWink »

2008.12.28

マドモアゼル・モーツァルトを観に行きました

池袋・東京芸術劇場

Rカンパニー音楽座ミュージカル「マドモアゼル・モーツァルト」、観に行ってきました。池袋の東京芸術劇場中ホール。エスカレーター上がってエントランスから盛況でした。

ミュージカルなんて滅多に観に行かないので、クサイ部分とか最初こそムズガユイと言うか抵抗感みたいなものもありましたが、分かり易く笑いあり涙ありのストーリーに次第に引き込まれました。

コンスタンツェとフランツ(ジュースマイヤー)の不倫説なども巧みに取り入れられていて、興味深かったです。「新説・モーツァルトは女だった!」みたいな(笑)。マンガが原作ということもありコミカルかつ簡略的な部分もありますが、モーツァルトの人生や性格は史実を多くなぞっており、特に苦悩の晩年を描く第2幕以降は重厚な演出も増え、意外に考えさせられ感動させられる作りになっています。

主役・モーツァルト役の高野菜々、コンスタンツェ役の安彦佳津美は、今夏に入団したばかりの新人とのことでしたが、生き生きと役を演じていて、若々しく伸びやかな歌声も魅力的で、とても良かったです。一方で、コンスタンツェの母役の荒木りえらベテランの歌、ダンスも素晴らしく、エンディング、ラストテーマなどは鳥肌が立ちました。やっぱりミュージカル俳優たちは歌上手いですね。美しい歌で心癒されました。

小室哲哉の音楽は、高田浩による巧みなアレンジ、先述の俳優たちの素晴らしい歌によって、オリジナル以上のものに昇華されていて感動しました。畑違いの小室さんが作った音楽が果たして本当にミュージカルにマッチしているのか、正直不安なところもあったのですが、「マドモアゼル・モーツァルトのテーマ」のあのメインフレーズは、見事に舞台全体を象徴するメロディとなっていたし、ハウスサウンドでモーツァルトをコラージュした「Mozart In The House」などおおよそミュージカルには当てはまらないのではと思われた楽曲も、シーンに上手く取り入れられ意外なほど違和感なく、しかもオリジナルの音、アレンジの良さも残してくれていて、感動しました。これは高田浩という音楽監督の力が大きいですね。脱帽です。きっと小室哲哉ファンも納得の舞台だと思います。

ひたすら音楽を作り続け、同業者のやっかみを受けながらも広く大衆までの支持を得て、、常識を打ち破り、その一方で、人気の盛衰を味わい、時に結婚、お金、そして自らの「嘘」に悩み、・・・この舞台で描かれるモーツァルトの姿に、もちろん比べるのはおこがましくも小室哲哉の姿がどこか少し重なって見えたのは、小室ファンなら僕だけじゃないんじゃないかなぁ。小室自身もTM NETWORK時代から少なからずモーツァルトにはシンパシーを感じている節もありますしね。

モーツァルトも晩年は体調を崩したりで、仕事も減っていたそうですが、最後に書かれたオペラ「魔笛」は、シカネーダーの旅一座の舞台で上演され、広く大衆まで共感と支持を得たと言われています。36歳の若さで亡くなった神童、モーツァルトの生涯には、この舞台のようなフィクションも作られるほど謎も多いですが、きっと音楽を愛する人すべて、彼の人生や作品に触れると、何か感じることがあるんじゃないかなぁと思います。

カーテンコールはなかなか鳴り止みませんでした。ミュージカルのお決まりなのかもしれませんが、何度もはけてはまた出てきて拍手に応えてましたね。終演後、出口でずらっと並んで挨拶していた出演者の方々も華やかでした。売ってもいいくらいの立派なパンフレットを観客すべてに配布した気前の良さにも感心。いろいろあっただけにむしろ気合が入ってたのかもしれませんね。今回無事観ることが出来てよかったです。

さて、次回の上演は・・・。

http://www.ongakuza-musical.com/about/stage/mm/index.php

« キャリーバッグ | トップページ | Heart on wave~♪アラフォーWink »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4825/43557780

この記事へのトラックバック一覧です: マドモアゼル・モーツァルトを観に行きました:

« キャリーバッグ | トップページ | Heart on wave~♪アラフォーWink »

無料ブログはココログ