contact

音楽

ゲーム

« イーグル・アイ | トップページ | 小室哲哉、逮捕 »

2008.11.03

首都圏外郭放水路。春日部の地下神殿

ずっと見たかった首都圏外郭放水路の見学、ついに行って来ました。

首都圏外郭放水路は、埼玉県春日部市の外れ、旧庄和町にある、世界最大級の地下放水路。直径30mの立坑5本を、深度50m付近約6.3kmに渡るシールドトンネルで結んでいます。

東武野田線を南桜井という駅で下車。都心から1時間程度の場所ですが、なんだかとてものどかな町。そこからさらにタクシーで5分ちょっとくらい。路線バスが通らない、歩くにもちょっと遠いかなという場所です。

見学できるのは、江戸川脇に造られた庄和排水機場の展示施設「龍Q館」とその地下にある巨大調圧水槽。龍Q館ではまず、展示の写真やジオラマを使って、放水路について建設の経緯、役割、概要など、お姉さんガイドより解説されます。

首都圏外郭放水路。庄和排水機場の操作室
▲操作室。庄和排水機場のコントロールセンター。ウルトラマンコスモスやレスキューフォースなどのヒーローものの司令室としてのロケでも使用されたとか。(埼玉県春日部市、首都圏外郭放水路)

首都圏外郭放水路。第1立坑と調圧水槽の入口
▲第1立坑と調圧水槽の入口を、庄和排水機場(龍Q館)の屋上から。手前は、ちょうど調圧水槽の上に当たり、サッカーグラウンドなどとして使用されている。(埼玉県春日部市、首都圏外郭放水路)

庄和排水機場(龍Q館)
▲立坑、調圧水槽入口側から、グラウンドと庄和排水機場(龍Q館)を望む。(埼玉県春日部市、首都圏外郭放水路)

その後、排水機場建物の屋上から江戸川など周辺を眺望し、歩いて調圧水槽の入口へ。4階建てくらいの階段を下っていくと、広がるのが177mx78mの空間。多くの太い柱が立ち並ぶ荘厳な光景は、何となく地下神殿のような雰囲気があります。僕は昨年訪れたエジプト・カルナック神殿の大列柱室が想起させられました。日本では他にないロケーションだけに、映画やドラマ撮影でも何度か使用されているそうです。

首都圏外郭放水路。調圧水槽の階段
▲調圧水槽の階段。(埼玉県春日部市、首都圏外郭放水路)

首都圏外郭放水路。調圧水槽
▲調圧水槽。地下神殿と呼ばれる空間。奥に江戸川に排水するガスタービン室がある。床には稼動時に取り込み蓄積した土砂や水溜りが残っている。年に何度かブルドーザーなどを入れてまとめて掃除するらしい。(埼玉県春日部市、首都圏外郭放水路)

首都圏外郭放水路。調圧水槽
▲湛水時には、手前の柱の2つの白い掲示板の間で水位を保つよう稼動するらしい。(埼玉県春日部市、首都圏外郭放水路)

すぐそこに見えている第1立坑とガスタービン室が見学できなかったのはとても残念でした。調圧水槽への階段は予想していたより大変じゃなかったし、深さ50~60mの立抗の中を階段で上り下りできたら壮観だったろうなぁと思います。

もちろん、これらの施設は観光や撮影のためにあるわけでなく治水施設。この施設が稼動し始めてから格段に被害が抑えられるようになったとのことで、長年洪水浸水に悩まされてきた周辺地域に貢献しているようです。

埼玉の片田舎に突如現る地下施設ってな具合で、とても好奇心や冒険心、ロマンを誘います。こういう巨大施設とかダムとか、なぜかどこかワクワクしますね。また近いうちどこかのダムや地下スポットへ行きたくなりました。

http://www.ktr.mlit.go.jp/edogawa/works/saigai/sonae/gaikaku/frame_index.html
http://www.ktr.mlit.go.jp/edogawa/works/saigai/sonae/gaikaku/index.html
http://www.ktr.mlit.go.jp/edogawa/works/saigai/sonae/gaikaku/frame_index.html

首都圏外郭放水路。第1立坑
▲第1立抗を、調圧水槽から。見学ではこれ以上先に近づけなかった。あ~もっと縁まで行って下を覗いてみたい!あの階段を下りてみたい!(埼玉県春日部市、首都圏外郭放水路)

« イーグル・アイ | トップページ | 小室哲哉、逮捕 »

旅行・地域2008-2010」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4825/42987763

この記事へのトラックバック一覧です: 首都圏外郭放水路。春日部の地下神殿:

« イーグル・アイ | トップページ | 小室哲哉、逮捕 »

無料ブログはココログ