contact

音楽

ゲーム

« 宮本笑里のバイオリンで脳内世界遺産めぐり | トップページ | 首都圏外郭放水路。春日部の地下神殿 »

2008.11.01

イーグル・アイ

映画「イーグルアイ」、観てきました。見ず知らずの男女が、何者かに監視され脅され、電話や電子掲示板などで伝えられる指示に従うことを強制されます。FBIに追われる主人公たち。アリアと名乗る電話の女性は何者なのか、彼らを導く先、目的は何なのか・・・。

一見よくあるハリウッドのサスペンスアクションですが、スピーディな展開で飽きさせず、また中盤以降に込められた政治的メッセージがこの映画を凡作と一味違うものにするエッセンスになっていると思います。

冒頭のアフガンでの爆撃シーンを思い返し、映画後半、"アリア"の動機、理由をよ~く噛みしめると、映画に込められた現代アメリカ、現政権への皮肉的なメッセージにニヤリとさせられ、且つ考えさせられるはずです。大統領選挙で、あと数日後には新大統領が誕生するこの時期ですから、尚更ですね。

アクションも迫力ですが、一点のみ、カークラッシュシーンのカメラワークは、対象に近付き過ぎ且つ激しく動くため若干状況が分かり難かったかな。キャストは、シャイア・ラブーフも、なかなかいい味出しています。「インディ」に続いて、スピルバーグもお気に入りなのでしょうか。

なんでFBI捜査官をアリアはもっと阻止できないんだとか粗を探ればキリがないし、そんなこと出来るわけないだろうというような仕掛けも多いですが、そういった細かいことを気にするより、全体を楽しむほうが断然得な作品だと思います。

"eagle eye"ってなんだろうと思ってましたが、そういうことだったんだなぁ。

http://www.eagleeyemovie.com/intl/jp/

« 宮本笑里のバイオリンで脳内世界遺産めぐり | トップページ | 首都圏外郭放水路。春日部の地下神殿 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4825/42978193

この記事へのトラックバック一覧です: イーグル・アイ:

« 宮本笑里のバイオリンで脳内世界遺産めぐり | トップページ | 首都圏外郭放水路。春日部の地下神殿 »

無料ブログはココログ