contact

音楽

ゲーム

« レッドブル、翼を授ける。 | トップページ | 世界遺産の「落書き」 »

2008.06.30

飾らない優しさと笑顔が似合う魅力の街・・・!?

長年検討してきた北朝鮮旅行の実現に向けて、旅行社へ話を聞きに行ってきました。

1社は朝鮮総連系と聞いて、ちょっと緊張してお邪魔したのですが、お茶まで出してくれて、当然ですがわりと普通に応対してくれてちょっと安心。ま、日本人旅行者はやはり減ってますか?と聞いたら、「日本がおかしな制裁などをしてくるから・・・」とは言ってましたけど。

拉致問題や核問題も最近いろいろ動きがありますが、これらの問題に関しては、やはり何度も裏切られてきた経過もあり、自分も日本人として俄かには信用できないなと感じています。国としては核問題や国家間関係が重要だというのはあるのでしょうけど、あまりに日本は物腰が弱過ぎて情けないと思うし、何と言っても拉致被害者および家族が可哀想です。

もし秋にもテロ支援国家指定が解除され、日本の経済制裁も人的往来など緩和されれば、直行チャーター便が飛ばせたりして、旅行が安くなるなるかもしれません。ま、でもずっと様子見でいるとまた時期を逃すので、あまり気にしないことにします。

8月か9月に夏休みを利用して行きたいです。冬は安いけど、寒そうですしね・・・。平壌(ピョンヤン)、開城(ケソン)。もしかしたら中国の経由地(瀋陽(シェンヤン)など)も寄れるかも。ギネスブックに世界最大規模のマスゲームとして登録されるも、強制的に市民を動員していると人権侵害との批判もあるアリランマスゲームがこの時期開催されるはずなんですが、観られるのかどうも旅行社の方の答えははっきりしませんでした。旅行社でも本国の情報は、なかなか把握できないみたいです・・・。まだまだ旅行自体どうなるか予断を許さないです。

旅行社で貰ったツアーパンフレットのキャッチフレーズに思わず苦笑しました。
「飾らない優しさと笑顔が似合う魅力の街」平壌。

おあとがよろしいようで!?

« レッドブル、翼を授ける。 | トップページ | 世界遺産の「落書き」 »

旅行・地域2008-2010」カテゴリの記事

コメント

まじっすか?
まじで行くんすか!?

もう~気をつけて行ってらっしゃい。あのメガネのアフロの額に鉛玉でもプレゼントしてあげて下さい(笑)

>和アンリさん
そんなことしたら、僕も帰れなくなってしまうニダ。とはいえ、ずっとガイドに見張られて、自由にホテルの外も散歩できないらしく、スリとか泥棒とかレベルの民間人と接触する機会がほとんどないことから、ある意味世界一"安全"な旅行とも言われているらしいので(苦笑)。

そうでしたか。世界一安全な旅行ですかぁ・・・。確かにぃ(DAIGO風)警備を受けながら移動しているみたいなものですものね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4825/41699247

この記事へのトラックバック一覧です: 飾らない優しさと笑顔が似合う魅力の街・・・!?:

« レッドブル、翼を授ける。 | トップページ | 世界遺産の「落書き」 »

無料ブログはココログ