contact

音楽

ゲーム

« 漢のキムチ入れ過ぎ激辛チャーハン | トップページ | リボン ナポリン »

2008.06.14

インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国

映画「インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国」を先行上映で観て来ました(6月21日全国公開)。製作発表されてからずっと楽しみにしていた19年ぶり(!)の続編。

1950年代の軍用車両が出てきたり全体の雰囲気、ユーモアを交えたアクションの数々は紛れもないインディ・ジョーンズ。60越えたハリソン・フォードも、確かに見かけは老けたけれど、フェドーラ帽を被ってムチを揮い、あのジョン・ウィリアムズのテーマ曲が流れてきたら、自然とワクワクしちゃうってもんです。

荒唐無稽であり得ない設定やアクションも、笑って楽しんで許せる古き良きハリウッド映画の感覚。CGでリアルさを追究した映画が溢れる現在。もちろん今回のインディでもCGはたくさん使用されているのですが、どこか昔と変わらない肌触り手作り感が感じられるのが嬉しかったです。

ただ、主軸のクリスタル・スカルの謎には、どこかあと一歩グイッと惹き付けられる感じが足りなかったです。荒唐無稽やスケールの大きさも程度が難しいですね(笑)。オカルトも大いに結構なのですが、なんだろう、少し違和感があったというか。もう少し考古学や歴史を感じられる題材の方が楽しかったかもしれません。このシナリオに決まるまでに脚本家が代わったり揉めたり紆余曲折あったと聞いていて、期待が大き過ぎたかも。

とはいえ、3年前のスピルバーグ監督作「宇宙戦争」と比較すれば(笑)、満足度は高いです。いまの若い子にとってはインディそのものに思い入れはないでしょうし、先行上映は思いのほかお客さんが少なかったですが、一部シリーズを観ていないと分かり辛い会話はあるものの、理屈なしで楽しめる冒険映画であることは間違いなしです。

http://www.indianajones.jp/

インディ・ジョーンズ アドベンチャー・コレクション

« 漢のキムチ入れ過ぎ激辛チャーハン | トップページ | リボン ナポリン »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4825/41530622

この記事へのトラックバック一覧です: インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国:

« 漢のキムチ入れ過ぎ激辛チャーハン | トップページ | リボン ナポリン »

無料ブログはココログ