contact

音楽

ゲーム

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008.04.30

「パンズ・ラビリンス」、「ベオウルフ 呪われし勇者」

今日は自宅でゆっくりDVD鑑賞。2本続けて観ました。

ベオウルフ 呪われし勇者」。ヨーロッパの有名な叙事詩に、独自の解釈を加えたファンタジー。ロバート・ゼメキス監督で、前作「ポーラ・エクスプレス」同様、有名俳優が顔や声を演じるCGアニメーションです。

「男の性」と言ってもいい呪いの連鎖を軸としたストーリーはなかなか面白かったです。ただ、人物の表情やアクションの違和感はちょっと最後まで気になりました。ベオウルフ、どことなく気持ち悪いです。闘う時になると何故かすぐ脱ぐし(苦笑)。動きもどことなく洋ゲーみたいです。不純な動機で期待の(これも「男の性」!?(笑))アンジェリーナ・ジョリーも出演シーンは多くないです。

ベオウルフ 呪われし勇者

もう1本は、「パンズ・ラビリンス」。スペイン内戦下、大尉と再婚しその子を身篭った母親と共に、森の砦に住むことになった少女オフェリアの物語。

何かの映画を観に行った時に予告編で気になっていた作品。最近流行りのファンタジーと一緒と思ったら火傷必至です。大人のファンタジーであり、戦争悲劇でもあり。

ある夜、現れた山羊の神パンは、少女オフェリアが地底の王国の王女で、それを証明するために3つの試練を乗り越えなければならないと告げます。

少女の身の回りの現実。暴力、戦闘、また母親のお産など、そこかしこに生々しい血の匂いが漂います。そんな現実から逃避するようにオフェリアはおとぎ話の世界に入り込んでいくのですが、そこで待ち受ける怪物や現実も残酷でグロテスクなもの。決してディズニーの魔法の世界のようなものではありません。ちなみに、PG-12指定です。

「この世の中におとぎ話の世界なんてないの!」と叱る母親の叫び。3つの試練の最後、オフェリアの選択とラストシーン。空と風、光を求めて地上に飛び出した王女の魂が戻る場所。ラストシーンを見た後はしばらく固まってしまって、そして次第に涙が零れてきました。彼女が見たのは真実か、それとも夢に過ぎないのか。強烈な皮肉と示唆に富んだ映画と言えるかもしれません。

「パンズ・ラビリンス」。色々と重く痛い映画ですが、一度は見て損はない佳作だと思います。

パンズ・ラビリンス

2008.04.29

Perfume、11月に武道館公演決定。

▽Perfume、初の武道館にして2days決定
http://www.barks.jp/news/?id=1000039643

ぶ、武道館!?武道館!
いや~ブレイクって一気に来るもんですね。Perfume、ついこの間まで秋葉原でショップイベントしてたと思ったら・・・。ま、アルバム『GAME』はオリコン1位ですしね。やれるときやっといたほうがいいでしょ!Perfumeをアイドルとするならば、アイドルの武道館なんて久々なんじゃないのかなぁ!?

中田ヤスタカプロデュースをはじめ楽曲は秀逸だし、3人のキャラクターも親近感が持てるし、売れて欲しいなぁとは思っていましたが、アルバムがチャート1位とか武道館とかまでなるとはちょっと想像以上の大ブレイクですよね。だいぶ気が早いけど紅白も出られそうな予感がするし、来年以降がちょっと心配なくらい(苦笑)。ま、音楽や芸能界なんて太く短くでも大いに結構じゃないですかね。というか、短くはないか、彼女たちからすれば、もう8年くらい活動しているわけだし。

GAME

2008.04.27

「キングダム -見えざる敵-」と聖火リレー(!?)

映画「キングダム -見えざる敵-」を見ました。ハリウッドアクションの復讐劇ですが、イスラム過激派によるテロ、サウジアラビアとアメリカの関係という要素を取り入れられていることで、一味違った印象の残る作品でした。主人公とテロリスト本拠地に住む少女の最後の言葉。ラストの何とも言えない空虚感は、イスラム、宗教と利権、国際政治。いま現実の世界が抱える問題や矛盾を感じさせます。

奇しくも、開催が近づき何かと話題の北京オリンピックのテーマは「One World, One Dream」。しかし世界を駆け抜ける聖火リレーは、皮肉にも争いの火種のように扱われています。長野の沿道に日本とは思えないほどに埋め尽くされた中国旗と「加油、中国!」のシュプレヒコール。彼らが掲げていたのは、先述のオリンピックのテーマとは趣の違った「We love China」「One China」という言葉。その何とも言えない異様な光景と違和感に、中国という国の危うさを見る気がしました。

ただ、「Free Tibet」と訴えることは大切だとしても、聖火や欽ちゃんを妨害する行為自体には、僕は正直共感できませんでした。ダライ・ラマ14世も、聖火リレーに対する妨害は支持しない旨明らかにしていますし、どちらもオリンピックやスポーツに政治を持ち込んでしまったという意味では同じかもしれませんよね。まだ暴動も起きていない数ヶ月前にビョークが中国ライブで「Free Tibet」を叫び騒ぎになった時には、まさかこんな状況になるとは思いも寄らなかったですが。そういう意味では、中国でオリンピックを開催するという決断自体が時期尚早であったと言わざるを得ません。これも中国のみならず、様々な国や人間の思惑や利権が入り混じってのことなのでしょうけど。

貧富や教育など様々な格差を生み出す政治が悪いのか。排斥的な宗教が悪いのか。資源枯渇や環境汚染も進み、世界各国の生き残りをかけた利権争いも段々えげつなくなってきて、ナショナリズムの高まりも感じます。神を敬い、祖国を愛すると同時に、隣人を愛す、いや愛さないまでも互いをある程度認め尊重しあえる世界を、半ば理想論ではありますが、真剣に考えなければならない瀬戸際に来ている気はします。ネットで日中韓が愛国心競ったり、罵り合ってるようなレベルの時代ではないと思う今日この頃です。「キングダム」からはだいぶ話が逸れましたが(苦笑)。

キングダム -見えざる敵

2008.04.20

トルコ料理、ボスボラスハサン市ヶ谷店

先日、トルコ料理の店、ボスボラスハサン市ヶ谷店に行きました。さらに少し前に秋葉原で食べたシシケバブ、イフティヤールも美味しかったし、トルコ料理に期待。

注文も面倒だったので、コースにしました。スタンダードなラーレコース(3,675円)。スープ、サラダの後、出てきたのは、エジプトのホンモスやエイシそっくりのペースト状の前菜とパン。そっくりというか、ほとんど同じものですね。アフリカとヨーロッパですが、地中海を隔てて向かい合わせの両国ですから、料理も似ていて不思議ではないですよね。

ヨーグルトソースのかかったトルコ風餃子は何とも不思議な味。ケバブの盛り合わせは、コフタのようなものやラムなどありますが、やはりドネルケバブが美味しいですね。

煮出し紅茶はエジプトではシャーイでしたが、トルコではチャイだそうです。可愛いガラスカップに入れて出てきました。一緒に行った友人がこの器とチャイのコラボレーション(?)に、妙に感心していました(笑)。最後のデザートはお米のプリン。これもエジプトそっくりです。

感想としては、味も量も若干物足りないかなぁという感じでした。支店のようですが、新宿の本店はどうなんだろう。トルコ料理は世界三大料理の一つとも言われているそうですが、似た感じなら、エル・サラーヤのほうが充実していたかもしれません。

そうそう、飲み物として頼んだイエニ・ラクというお酒は、トルコ料理ならではというか、とても印象的でした。ラクは、干しぶどうから蒸留して、アニスというセリ科のハーブで香り付けしたお酒だそうです。アルコールは45%。透明のお酒なのに、水を入れると白く濁るのがちょっと幻想的です。これが独特の風味とクセがあって、最初濃く割ってしまって咽るほどだったのですが、程好く薄まって飲み慣れてくると意外にハマるかもしれません。イエニ・ラクは甘口とありましたが、結構辛口かも。そういえばトルコはイスラム教信者が国民の大多数を占める国ながら、政治や教育と宗教の分離、自由主義を進めている珍しい国で、イスラム教徒でもお酒を飲む人が多いそうです。

あ、トルココーヒー、また飲み損ねた・・・。またの機会に。

http://bosphorushasan.com/
http://r.gnavi.co.jp/g176801/

2008.04.06

新潟の「イタリアン」

先週末、庄やという普通のチェーン居酒屋で飲んだのですが、なんとメニューにあの噂の「イタリアン」を発見!これは頼まないわけにはいかない、というわけで即注文しました。

イタリアンとは、トマトソースをかけたソースやきそばで、新潟のみかづき、およびフレンドというチェーンでもう50年近くも販売されている新潟地元では大人気のファーストフードだそうです。時々テレビなどでも取り上げられていて、気になっていたのですが、そうそう新潟に訪れる機会もなく。今回意外な場所で初イタリアンと相成りました。

庄やがどこまで本場本家を再現しているか不明ではありますが、やきそばはもやし多め。その上からトマトペーストのソースがかかっています。トマトソースとやきそばの組み合わせ、想像していたより不味くはないです。トマトの酸味、トマト、もやしの水分はそばをあっさり食べやすくしてくれます。

・・・と言いつつ、やきそばはやきそばで食べて、トマトソースはパスタなどで食べたほうがやっぱ美味しいかなとも正直思います。あえて一緒にする必然性は見当たりません(笑)。あったら面白いけど、なくても困らないメニューです・・・。

ま、話のタネにはうってつけ。新潟をはじめどこかで見かけた際には、是非お試しを。

http://mikazuki-go.com/
http://www.e-friend.co.jp/
http://www.daisyo.co.jp/gyoutai/shoya/

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

無料ブログはココログ