contact

音楽

ゲーム

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007.12.30

蒲田の2軒、湘南食堂、ASIAN

今年の宴会納めは、蒲田の2軒、湘南食堂アジアン食堂&バー・ASIAN

湘南食堂は、魚料理と焼酎が売りの居酒屋。木製のテーブルや椅子、海の家風のお店の雰囲気と、刺身や海鮮鍋といった和風メニューのギャップがちょっぴり不思議なお店です。

寄せ鍋コースと飲み放題を注文。海老や魚の旨みを生かした塩味で、コースで付いたお刺身やぶりの照り焼きも新鮮で脂も乗っていて美味しかったです。朝獲れ新鮮には偽りないようです。

http://r.gnavi.co.jp/a102500/

ちょい飲み足らないということで、その後寄ったのが、ASIANというお店。駅周辺をフラフラして、ふと目に留まったので入ったのですが、珍しいフィリピンやインドネシアの料理もたくさんメニューにあって、なかなか本格的。

レチョンカワリという肉料理は、皮付きバラ肉を揚げたものを、タレに付けて頂くのですが脂身たっぷりで柔らかいお肉に、ネギ醤油っぽいタレとサウザンドレッシングっぽいタレの2種類のどちらのタレも合って、とても美味しかったです。お酒もサンミゲールというフィリピンのビールを楽しみました。あまり広くはないお店ですが、2階がテーブル席、1階がカウンターになっていて、むしろ一人でカウンターで飲むと良いかもしれませんね。常連さんと見られる方々もいらっしゃるようでした。

今年は例年にも増して、飲みに行った気がします。おかげで若干リバウンド(汗)。来年は健康維持に気をつけつつ、美味しい食べ物を食べ、楽しいお酒が飲めたら嬉しいですね。

http://www012.upp.so-net.ne.jp/asian/index.html

2007.12.26

ネパール料理ダイニング・tika (東京・八重洲)

ネパール料理が食べたくて、東京・八重洲のネパール料理お座敷DINIG tikaへ行きました。

カレーやナンはともかく、モモやサモサが久々に食べたくて。モモはネパールの蒸し餃子。サモサはジャガイモの包み揚げです。幼少の頃少しの間ネパールに住んでいたことは以前ここでも書きましたが、その頃の思い出の味というか、時々無性に懐かしくて食べたくなったりします。やっぱり美味い!モモもサモサも現地ではもっとスパイシーだったように記憶していますが、日本人向けアレンジというか、これはこれでおいしかったです。

その他、チベット地方風焼きソバというチョウメン(チキン)やマトンカレーを頂きました。お酒もせっかくなのでネパールものを。僕が居た頃はなかった(あっても飲めない年齢だったけど(笑))ゴルカビールは、ホップの風味が豊かで後味がどことなくスパイシーなラガービール。チャンという米から造ったどぶろくも飲みました。チャンはさながら甘酒かヨーグルトドリンクといった感じの酸味のある味。どちらも個性的でしたが、美味しく飲み干しました。

他にもチャイ飲みたいなぁとか、ラッシーも飲みたいなぁとか、いろいろあったんですが、またの楽しみにしました。

照明は暗めで、テーブルごとにキャンドルが点されていて、座布団とか壁の絵など、雰囲気はなかなかにネパーリー。ただ、この日は年末ということも合ってか、両脇飲み会の団体さんで、騒がしくてあまりゆっくり話したりくつろげなかったのが残念でした。

余談ですが、ウェイトレスの女性がネパール人らしいアジアンでクリッとした顔で可愛くて、ちょっと惚れそうになりました!?愛想がそれほどでもないところも含めて(笑)。

ネパールも王政廃止だとか毛派が政権に入ったりとか政治的な面をはじめ、近代化など変化も激しいようなので、早くまた再訪して、今度は大人になった目でネパールという国を見て来たいです。来年?いや早くても再来年かなぁ・・・。

http://www.hotpepper.jp/A_20100/strJ000025408.html
http://r.gnavi.co.jp/a660200/

2007.12.23

シルビウスブラボー、石焼きワッフル

有楽町のシルビウスブラボーというお店に行ってきました。秋にオープンした有楽町イトシア地下1階のフードアベニューにあります。

ブラッセルワッフル、フルーツを揚げだフルーツベニエ、スマートボールといったベルギーのスイーツを楽しめる店。メディアで石焼きの器に乗ってジュージュー熱々で出てくるワッフルを知って、一度食べてみたかったんですよね~。

隣のクリスピークリームドーナツは相変わらずの行列。こちらはそうでもないだろうと思ったらところがどっこい、それなりに5~6組が店外の廊下で行列。覗いてみたら店が結構狭い・・・。実はテイクアウトもあって、それならあまり待つことはないようでしたが、やはり石焼き器で熱々を食べたい!ということで、結局1時間程度待ちました(汗)。

2人掛けで5~6テーブルと、仕切りの向こうに予約制個室KING'S ROOM。シルバー、ブラック、クリスタルで、クールゴージャスな印象の店内。一人や男同士ではあれかなぁと想像して、この日は女性の友人に付き合って貰ったのですが、正解だったかも。ショッピングビルの一店舗ですから入り易い感じですし、テイクアウトは全然問題なさそうですけどね。

フルーツやアイス、ワッフルの種類もいくつかメニューがあります。また、ワッフルは普通の皿と、石焼きの"Hotty"とで選択できるのですが、当然1時間そのために待ったようなものですしHottyを選択。値段は単品だと1,500~3,200円。コーヒー(またはフルーツティー)やジェラートが付いた+1,500円くらいのコースもあります。

ワッフルとお水というのもなんだか寂しいので、僕らもフルーティスウィーティーコース(3,200円)を注文。ミルクプディング、ジェラート、そしてワッフルとコーヒー。

ワッフルは、ワッフルHottyフルーツファンタスティックをセレクト。ワッフルにはイチゴのコンポートが練り込まれているそうです。キウィやらイチゴやらフルーツもたっぷり。クリームやベリーソースがワッフルの上から零れ落ちると、器の上でジュージュー湯気を立てる感じが何とも食欲をそそり、香りや甘さを強調します。最後はちょっとドロドロジュチャジュチャになりますけどね(笑)、美味しかったです。ボリュームもたっぷりで、おやつのつもりで夕方寄ったのですが、お腹いっぱいになりました。

スイーツのコース、石焼きで食べるワッフルは、ちょっと贅沢な気分。ワッフル、ベニエ、スマートボールはベルギーの3大スイーツらしいです。テイクアウトなら、ボリュームや雰囲気は劣るものの1,000円前後と比較的リーズナブル、行列で長時間待たされることもなさそうなので、次回はテイクアウトで寄ってみようかな。

http://www.silviusbrabo.jp/
http://allabout.co.jp/gourmet/eatoutwomen/closeup/CU20071002A/index4.htm
http://allabout.co.jp/gourmet/eatoutwomen/closeup/CU20071014A/index4.htm

シルビウスブラボーのワッフルHotty・フルーツファンタスティック
▲ワッフルHotty・フルーツファンタスティック。シルビウスブラボー(有楽町イトシア内)にて。(東京・有楽町)

2007.12.18

銀座のタイの物語

タイ屋台料理のティーヌン銀座店で飲みました。

有楽町で降りてマリオンを通り過ぎて晴海通りを渡ってもうちょい先、銀座ファイブという昭和の匂いプンプンのショッピングビルの地下1階。

地階に降りて店に近づくにつれて漂ってくるナンプラーの香り。ビルの廊下にオープンな感じで、垣根代わりの屋台車にチェック柄ビニールクロスのテーブル。店内のテレビにはバタ臭いT-POPのPV、壁にはプミポン国王陛下の肖像。う~ん、タイの雰囲気抜群。店員さんもタイ人らしき方が多いです。

お酒はそれほど変わったものは多くなかったですが、シンハビールやタイ産ワイン(タイってブドウ獲れるの!?)などがありました。シンハビール(ビア・シン)は、一口飲むと喉越しの良いラガービールですが、香辛料のようなスパイシーなテイストを持つらしいです。らしいと言っているのは、僕にはよく分かりませんでした(笑)。ちなみに、シンハとは、キリンならぬライオンのことだそうです。

料理は、トムヤムクン、ポピアソット(生春巻き)、バミーヘン(汁なし麺)の3つを注文。トムヤムクンはエビが4つくらい入ってたし、バミーヘンも、独特の風味だけど汁なし麺好きの僕としては美味しかったです。・・・が!この日は直前に予想以上に大量におやつ(?)を食べてしまい、実はどれもあまり量は食べられませんでした(汗)。その「おやつ」の正体は、次回の記事で書きます。でも、チェーン店が結構あるらしいわりにはお店のバタ臭さといい、味も良い意味で媚びてなくて、今度はお腹空かせてもう一度行ってみたいかな。ランチで売りのトムヤムクンラーメンでもいいし。

は~、この店は隣もベトナム料理店で、なんだか東南アジアにちょっと行きたくなった夜でした。

http://www.tinun.jp/

ティーヌンストラップ
▲会計後貰えたティーヌンストラップ(笑)。ムエタイ仕様。案外ナイスなデザイン。

2007.12.17

TM NETWORK & globeアジアツアー、V2復活!?

TKのブログが更新。来年のヒントがたくさん。
現在はセカイイチというバンドのリミックスを行ってるとのこと。

KCOソロ、globe、TM NETWORKすべて来年は展開する意気込みのようです。

驚いたのは、TM NETWORKとglobe一緒(?)のアジアツアーの計画!Purple daysも連れて行くとか(笑)。中国などからも観客を集めるとしていた2003年幻のglobe東京ドーム公演のリベンジとも言えるかも。1997年のTK PAN PACIFIC TOURから11年。いまなおアジア各国で根強い人気を保つTKが再び動き出します。

そしてそして、これはpossibility0%か100%、YOSHIKI次第という話ですが、V2の復活も話が出ているとか!ただ「歌はNO MOREだから」と書いているので、もしかしたら小室さんがヴォーカルを取るというのはないのかもしれません。ちょっと残念。YOSHIKIとのコラボレーションという感じになるのかな。

今年は前半がTKCOMやスティーヴィー・サラスなど海外アーティストとのコラボ、邦楽リミックスというリリースもあったDJTK、Kimeruのプロデュース、後半は尚美学園大の特任教授、TM NETWORKの再開といった活動でした。中盤、吉本契約終了や朋ちゃん騒動でゴシップに苛められたりもありましたが。

来年はさらにTKサウンドを耳にする機会が増えそうで楽しみです。

2007.12.16

FIFAクラブW杯、浦和レッズ第3位!

FIFAクラブワールドカップ2007、浦和レッズ第3位おめでとう。特別枠でなく、ACLを勝ち抜いて、アフリカ大陸王者を破っての第3位。今年の最後を有終の美で飾った感じです。延長なしPK戦での決着は複雑な気持ちもありますが、勝ったからよしとしましょう。エトワール・サヘルには残酷な結果だと思いますが。それだけ力が拮抗していたということでしょう。シェルミティは噂通り良い選手ですね。点の取り合いで面白い試合でした。

ワシントンの魂の2点+PK1点。自分のミスはPKの好セーブで自分で取り戻す都築の強い意志、心打たれました。ちょっと泣いちゃった。

ヨーロッパでは、アジアやアフリカなどのクラブチームと対戦させられて、この大会にいろいろ文句を言う人もいるらしいけど、ま、こうして日本のチームも絡んでくるようになれば面白さも倍増ですし、うまく継続して開催して浸透させていってくれることを期待したいものです。

2007.12.13

実家に空き巣、ちゃんこ諸説、浦和レッズ

実家に空き巣が入りました!(汗)
全員留守の時、親父が雨戸も何も閉めていかなかったこともあって、1階の窓、鍵の辺りをバナーのようなもので焼き切って開けて侵入したらしいです・・・。

何が盗まれたかよく分からないのですが、通帳などは無事だったものの、何かの記念で買った金貨などが盗まれたみたいです。あと親父のパスポート!

カードや通帳は無視で、換金できるようなものとパスポートということから考えると、やはり犯人は外国人の可能性が高い!?バナーとか手口も本格的ですしね。

僕もまだ部屋に少し服やらCDやら置いてあるのですが、僕の部屋は表面的にはあまり荒らされた形跡はなく。

ま、被害がそれほどなかったのは不幸中の幸いですが、気持ち悪いし、もし家に誰か居たら・・・殺されたりなんて事件も過去にありますから、ゾッとしますね。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

ちゃんこの話の続き。ちょっとWikipediaで調べたら、チャンプールの話はまったく記載されていませんでした・・・。

その代わり、チャンコ=中国であるという説や、チャン(父)コ(子)とする説(例のちゃーん!のちゃんですね)なんかが書いてありました。ま、諸説あると併記されていますが。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

最近サッカーについて触れてませんでしたが、今年も浦和は頑張りました。オジェックの戦術は個人的には好きではないのですが、負けないサッカーであったのは確かですね。勝てなくてJリーグ終盤は失速してしまってまさかの優勝逃しは残念でしたが。ま、年間50試合を越え、且つ世界中を飛び回ってきたわけで、ハードスケジュールの疲れも十二分にあったとは思いますが。

ACL優勝はホントに嬉しい。日本サッカーに偉大な功績を残せたんじゃないかな。クラブワールドカップは、ACミランはやはり強かったですね。あの1点は悔しいけど仕方ないかな。セードルフ?そしてカカ、恐るべし。防戦してる時間が長かったけど、でも浦和も頑張ったと思います。是非3位はゲットしてほしいなぁ。

完全復活かと思われた達也が再び離脱、ワシントンも昨年ほどの勢いはなくなったとはいえ退団濃厚との憶測に、来年のFW補強が注目されます。MFでは、梅崎が移籍してきそうだとか。あと、アレックスが帰ってくるとか。三都主、なんか妙に懐かしく感じるのは僕だけ!?

今年は主要タイトルとしてはACL一つってことになりそうですね。ま、アジアチャンピオンってのは、それでも大きな価値がありますけど。やはりACLを勝ち抜くというのは他のタイトルを犠牲にするほど負担が大きかったという感じでしょうか。

2007.12.10

ちゃんこの定義って?

ちゃんこ鍋というのをホント久々に食べました。相撲茶屋ちゃんこ江戸沢というチェーン店ですけど。

ちゃんこもいろいろあるんですね。キムチ風とか、水炊き風とか。僕らはコースで魚と鳥で味噌風味とわりと普通のを食べましたけど。鍋が美味しい季節になってきましたね。

ところで、ちゃんこって、何をもってちゃんこと言うんですかね。いろんなものを入れたごちゃ煮がちゃんこというイメージがありますけど。

とか考えてたらあるテレビ番組で、ちゃんこの語源と、長崎のちゃんぽんや沖縄のチャンプルーの語源は同じで、インドネシア料理のチャンプールまで行き着くという話をしていました。チャンプールとはインドネシアの言葉で「ごちゃ混ぜ」という意味で、この料理は魚、卵、豆腐などのおかずをご飯の上にのせたものだそうです。

お茶はどこ行っても、ティーとかチャーとかチャイとか似ているし、言葉って意外と似ていてビックリしますね。似ているというより、海を陸を遥々渡ってきた証なのかもしれません。

http://www.edosawa.com/

2007.12.06

ミートダイニング中條のランチステーキ

ランチ、ミートダイニング中條で食べました。三河島駅から三ノ輪方面に細い路地を入っていって少し歩いたところにあります。若干分かり辛いというか辺鄙なポジショニング。なぜにここにお店を!?

ちょっと気になっていて行きたいと思っていたのですが、平日しかランチはないので、なかなか機会がなくやっと叶った次第。

食肉の卸会社直営ということで、おいしいお肉に期待。日替わりとかもおいしそうではあったのですが豚のソテーだったこともあって、思い切って熟成ステーキセットをセレクト。1,420円也。

ジューシーだけど程好い脂の降り加減。柔らかくて美味しいお肉。ただ、このセットはソースがデミグラス系で、個人的にはステーキソースとか塩コショウ系のシンプルな感じのほうが好きだったので、そこがせっかくのお肉だったのにあくまで個人的にですが残念でした。デミグラスは濃厚で大きめのキノコも入っていて美味しいんですけど。

スープ(玉子わかめ)やサラダもわりと普通でした。ま、高級店ではありませんし、平日ランチですから、これはそんなもんでしょうか。

このお店はハンバーグやカツカレーもあるので、先述のデミグラスなんかも考えると、むしろそちらのほうがより一層イケるかもしれないですね。次機会があれば、是非ハンバーグなどを。

http://www.nakajyo-meat.co.jp/restaurant/shop/index01.html

ミートダイニング中條の熟成ステーキセット
▲ミートダイニング中條の熟成ステーキセット。食べかけでスンマセン。

2007.12.04

TM NETWORK、日本武道館公演

SPEEDWAY

いよいよREMASTER最後となる日本武道館公演、行ってきました。

パシフィコからの一貫した構成や演出は素地にしつつも、パシフィコ、C.C.Lemonから選曲や曲順も再考されイイトコ取りしたような形で、まさにREMASTERの集大成といった内容になっていました。

武道館の1曲目は、これまでの公演では本編ラストだった「WELCOME BACK 2」。「WELCOME BACK 2」のPV映像と同素材から作成されたオリジナル映像とインストゥルメンタルから始まり繋がる武道館らしい演出。

小室さんの演奏もこれまでで一番安定していたし、キレてたかも。パシフィコの一日目の元気のなさが嘘のように(笑)、明るくトークもはっきり喋ってました(笑)。今回のツアーは、ミスも多かったし、ソロの捻りも足りなかった部分はあるけど、それでも「Self Conrtol」の間奏とかあんなに弾きまくってる小室さんを見るのはホント久々な印象はあります。正直感極まって泣きそうになったし、鳥肌立ちました。僕はミキサー卓中心だろうが、DJTKでも全然ありだと思ってますが、しかし学生時代小室さんに憧れてシンセにハマったような人間ですから、やはり小室さんのプレイを見れば興奮してしまうのは避けられないわけで。

相変わらず右肩上がりには盛り上がらない緩急ある構成ではありましたが、アンコールは3曲やってくれましたし(なぜ2曲やって一旦下がって実質2度のアンコールにしたかは不明(笑))、最大公約数を満足させることはできたのではないでしょうか。

序盤にあった木根さんのアコギソロ~ハーモニカも使った「GIRLFRIEND」はカッコよかった!!個人的にはあれを見れただけでも武道館に来た意味がありました。北島健二のギターソロは意外にも微妙でしたけど・・・小室さんから木根さんに前日ソロやるよう電話があったらしいのですが(笑)(それにしては素晴らし過ぎ!)、まさか北島さんにも前日に!?(苦笑)

小室さんの気紛れというか、いや気紛れではなくインスピレーションとその取入れのスピードが速過ぎて誰も付いて来れない的な部分は、今回のツアーでもそこかしこに良い意味でも悪い意味でも影響した感じ。最後まで楽曲によっては演奏にちぐはぐ感が残ったものもありましたし、その辺は鋭いファンは気付いてますし、何とはない違和感みたいなものを感じた人は少なくないはずです。個人的にはそうる透のドラムも、良いとか悪いではなくて、最後までやっぱ"違う"かなぁって印象でした。ドラムソロもラスト直前に長過ぎ(汗)。

そうそう、前の日記で頑張れ!と言っていたPURPLE DAYSは今回出演せず、全く話も触れられませんでした。最初からその予定だったのか、これまでのオーディエンスやファンの反応を考慮したのか、その裏側は知りませんが、あえてアンコールでPURPLE DAYSだけやって終わり!でドン引きとかもむしろ逆に痛快で面白かったかもなんて今になると想像したりして(笑)。

突然ミュージカル調になってみたり、TMNにリニューアルしてハードロックやったり、4人目のメンバーなるロボが現れたり、EXPOでフォークやってみたり、TM FANKSって本来そんなとんでもない彼らの「気紛れ」に当初は戸惑いつつも頑張って受け入れてきた唯一無二のファンだと思うのですが、多くのファンが30代40代となっていくなか、そういう悪巧み裏切りは許されないのかなぁとちょっと寂しくなる部分もあります。僕みたいなファンはいまや少数派なのかもしれませんね。

来年にも、ニューアルバムの楽曲などもたっぷり組み入れたツアーを、是非期待したいです。今回のREMASTERはある意味前回のDOUBLE-DECADEよりずっと20周年記念っぽい懐古的要素の強いツアーだったと感じます。なので、これからまたしばらくはDOUBLE-DEACADEやMajor Turn-Roundのような、ちょっと突き放した内容を希望したいです。今日の小室さんの雄姿からは、ちょっとそれが期待できそうな気もしました。

ま、まずは明日発売される『SPEEDWAY』を聴きまくりますかね。

http://www.randc.jp/tm/
http://profile.myspace.com/tmnetwork

2007.12.03

ジャズ・ダイニングバーでTM!?

TM NETWORKファン、FANKSが集うオフ会に初めて参加しました。場所は、一昨日未明に歩いて通過した(笑)池袋。昼間はカラオケ、夜は飲み会。こんな私ですから、初めて出会う方々といきなりお話はもとよりカラオケなんぞというのは相変わらず苦手ではあるのですが、普段友人などとカラオケ行ってもそうそう歌い辛い歌わせてもらえないTM NETWORK"only"というのは新鮮で自ずとテンションが上がりました。でも普段、特に最近カラオケに行かない分、すぐ喉が痛くなって声が出なくなりました(苦笑)。しかし、聴いてるだけで嬉しい性分なので、楽しかったです。

飲みは、洋風居酒屋ばがぼんどというお店を貸し切り。全員で40人くらい居たのかな!?飲みといっても、店内にあるピアノや、持ち込んだシンセ、ギターなどを使って、TMの楽曲を参加者の有志の方々が生演奏してくれたりとイベント満載。幹事の方には頭が下がります。

この店、普段はジャズ中心の生演奏や店内BGMらしく、オーナーや店員の仏頂面ったらなかったです。きっと心の中では「なんだこいつら」みたいに思ってるんでしょうね~(苦笑)。40人が「SEVEN DAYS WAR」大熱唱ですからね(笑)。僕だって自分が好きでもないアーティストだったら、正直ちょっと引くような気がしますよ。ま、だのに内容を分かっていて貸し出したのですから、お店も音楽的に懐が深いというかむしろ理解と許容力があるのかもしれませんけど。アイリッシュバーのような雰囲気、形式なので、今度ジャズやってる普通の時に飲みに来てみたいです。

globeのに以前参加してみたときはメンバーやノリの若さにどうしても浮いてしまうというかついていけないような部分もあったのですが、そういう意味ではFANKSはほどよい年齢層でもあって(笑)、わりと居心地良かったです。一部の方々とは結構いろいろお話させて貰ったのですが、もっと多くの人と話したかったな。カラオケ、イベントとあっという間で、その辺は次回も参加させて貰えるならまたって感じでしょうか。

さぁ、今日は数時間後からいよいよ武道館です。頑張れ、PURPLE DAYS!!(笑)

http://www.vagabond.jp/index.html

2007.12.02

蒲田、ラーマヤナ

最近飲み会が続いています。もう師走ですね。

先週は、蒲田のラーマヤナというダイニングバーに行きました。繁華街のちょっとはずれのビル地下にあって、以前から入口の前は通っていて気にはなっていたのですが、今回入る機会に。

バリ島を意識しているらしい内装はなかなか素敵です。テントみたいなもので半個室にしてある席とかあって。食事はエスニックな創作料理中心。この日は宴会だったのでコースを注文しましたが、タンドリーチキンとかエビマヨとか結構おいしかったです。アジアンなテイストの創作料理が多いです。

カクテルからビール、焼酎までお酒も充実。価格も500円前後のメニューも多くリーズナブルな感じです。今度またゆっくりいろいろ食べて飲んでみたいですね。

2次会も行ったし、この日は楽しい夜でした。

http://r.gnavi.co.jp/g405446/

2007.12.01

新宿の夜風に吹かれて

金曜は新宿で会社の飲み会。1次会は楽しく飲んで話して結構イイ感じ。この勢いで普段あまり交流のない方々と親睦を深めてみようと、別部署やグループ会社のメンバー数人と2次会へ。・・・がしかし!またやってしまいました。勤怠管理や評価など会社のやり方や現状を巡って意見をぶつけあっていたところ、なんだか熱くなり、厭味な発言する奴がいたりで、なんとも居心地悪くなってしまいました。最近個人的にも評価や人事で不満を感じる部分もあって、いろいろ考えるところがあります。この日疑問に感じたり腹が立ったことは来年頑張ることで払拭したいなと決意しています。

で、終電もなくなった深夜2時前、グラスの下に相応の金を置いて一人店を出ました。なんか興奮気味だし、酔い覚ましがてらあてもなく歩き始めます。

アジアンお姉ちゃんに「マッサージあるよ。泊まれるよ」なんて声かけられる深夜の歓楽街を素通りして、人気のない住宅街を横切って、クルマも少ない大通り沿いをズンズン行って、歩いて歩いて歩きまくったら、高田馬場、新大久保、池袋、大塚、巣鴨まで行っちゃいました!(笑)2時間以上歩き通し。休息は、途中池袋のマクドナルドでマックラップ食べたくらい。いったい何km歩いたんでしょう・・・。巣鴨から早朝電車乗って帰りました。

なんか足痛いんですけど(苦笑)。この痛みを忘れずまた明日から。

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

無料ブログはココログ