contact

音楽

ゲーム

« 黒いトイレットペーパー | トップページ | 新宿の夜風に吹かれて »

2007.11.28

TM NETWORK、渋谷C.C.Lemonホール公演

SPEEDWAY

前回楽器フェアのパシフィコ横浜以来約3週間ぶりのTM NETWORK。3年ぶりの次は、急にインターバル短いですけど(笑)。

曲目自体は半数以上同じでした。但し、セット、照明、アレンジ、曲順いろいろ結構変更が加えられていました。まずオープニングから「EXPO」~「Love Train」の流れから違うので、続く曲が「COME ON EVERYBODY」ということもあって、ノリよい俄然期待高まるスタート。その後は曲順こそ入れ替わっているもののアンコールまでほとんどパシフィコと同じ楽曲。ただ、間奏にライブならではのフレーズやギターソロを加えるなど、前回になかったアレンジも随所に見られたのは嬉しかったです。なんか昨日アレンジ出来たとかウツは言ってましたけど(笑)。

個人的に好きだったのは、やはり本編ラストの「WELCOME BACK 2」とアンコールラストの「ACTION」の新曲2曲。「WELCOME~」はパシフィコよりもリズムがさらに強くなって、パンチの効いたアレンジがカッコよかった。「ACTION」はニューアルバム収録曲なのですが、これも試聴では分からない雄大さとTMらしいスピード感を持ったサビが印象的で、鳥肌立ちました。アルバムの期待5割増です!

今日は11月27日、小室哲哉49回目の誕生日。ハッピーバースディもありました。なぜか昨日もやったらしいですが(笑)。モゴモゴモジモジいつも以上にお爺ちゃんのように喋る(笑)小室さん。20年前のFANKSが、今のウツ、テツ、キネのライブ観たら、その喋りっぷりにビックリすんだろうなぁ(苦笑)。でも、ま、それはもうやたらカッコつける年齢でもないのでよしとしましょう。大人は、キメるとき、キメればそれでよいのです。

お祝いの後はTM初のTKトークソロ!?と思いきや、そう言えばそんな構想言ってたなぁ的な忘れた頃にこんにちはのTM Juniorのお披露目がありました!その名も・・・聞き取れない!(汗)小室さんモゴモゴ話し過ぎ。たぶん、PURPLE DAYS。綴りとか違うかも。デビュー未定!(苦笑)いま音楽業界は厳しいですからね~。FANKSの拍手は生温かく、視線もかなり冷ややかな気がしましたが、僕は自分たちの音楽的要素を継承したグループを自らがプロデュースするというアイデアは面白いと思うので、しばらくは見守っていきたいと思いましたけど。ファンたちのブログでは「子供なんていらない!」「そんなことしてる暇があったらTM本体に力入れろ!」「accessでいいじゃん」などなど早速言われ放題、叩かれ気味なようですが(汗)、フレーズやメロディ、コードなどFANKSならニヤリとするようなものが満載だったし、accessと比べてスピードの緩さとかアレンジの柔らかさは"TM"に近かったと思います。現代にデビューするわけですからある程度は仕方ないんですが、ヴォーカルが今風というか、透明感のあるウツ2世というよりは声張って歌う感じで、それもどっちかというとaccessとか思われたのかなと。僕は小室さんがプロデュースしたKimeruを思い出しましたが。

楽曲自体は悪くなかったし(作曲編曲はメンバーなのかな!?)、売り方次第ではいけそうな気もしますが、TM Juniorというのはあまり強く表に出さない方がいいかもしれませんね。FANKSのオバ・・・もといお姉様方は厳しいですし、世間もTMN?という色眼鏡で見てしまうしで、どっちつかずになりそうなので。

アンコール前に挟んだってのも、ちょっとファンが冷めた原因かな。武道館のオープニングアクトで大発表!とかにしたほうがよかったかも。後の祭りですが。

他にも、さすがに喋り過ぎ!とか、やはり演奏にミスが多い(詰め不足?)とか、前回と同様の不満は残りました。選曲の賛否も相変わらず飛び交っています。

この様子だと、おそらく武道館も、今回に近い内容になるのではないかと思われるので、もう選曲とかは仕方ないですが、ライブ全体のテンポとか、演奏の完成度はより一層高めていって、REMASTERを閉めてもらいたいなと願っています。往年のファンはどんな内容にもわりと寛容ですが、新しいファン若いファンは、やはり面白い喋りよりも、音楽を聴いてTMの素晴らしさ、面白さを実感したいでしょうし。

山田屋の二つ星に負けるな!?

http://www.randc.jp/tm/
http://profile.myspace.com/tmnetwork

TM NETWORK
- REMASTER -
2007年11月27日(火) 渋谷C.C.Lemonホール

01. EXPO
02. Love Train
03. COME ON EVERYBODY
04. Still Love Her (失われた風景)
05. Human System
06. SEVEN DAYS WAR
07. We love the EARTH
08. Telephone Line
09. BEYOND THE TIME
10. Be Together
11. CAROL (TK solo)
12. TIME TO COUNTDOWN
13. Self Control (方舟に曳かれて)
14. Drum Solo (そうる透)
15. WELCOME BACK 2

Encore -
16. SHINE OF LOVE (PURPLE DAYS?)
17. あなたが笑うたび恋をする(PURPLE DAYS?)
18. Get Wild
19. ACTION

渋谷C.C.Lemonホール
▲そういえば渋谷C.C.Lemonホールは、公会堂時代も含めて、ライブ観に入るの初めてかも。

« 黒いトイレットペーパー | トップページ | 新宿の夜風に吹かれて »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4825/17210800

この記事へのトラックバック一覧です: TM NETWORK、渋谷C.C.Lemonホール公演:

« 黒いトイレットペーパー | トップページ | 新宿の夜風に吹かれて »

無料ブログはココログ