contact

音楽

ゲーム

« YUKI、日本武道館ライブ | トップページ | バイオハザードIII »

2007.11.03

TM NETWORK、パシフィコ横浜ライブ

SPEEDWAY

TM NETWORK、3年ぶりのライブに行ってきました。2007楽器フェアの主催スペシャルライブという位置付けで、フェアが行われているパシフィコ横浜の国立大ホール。チケットで楽器フェアも入場可能なのですが、時間がなくて見れませんでした(汗)。国立大ホールは初めて入りましたが、なかなか大きくてキレイで立派なホールです。約5,000人収容、もちろん2日間ソールドアウト。

ライブは1曲目「Still Love Her」から、メロディアスなミディアムナンバー中心に始まりました。僕はかなり右端の席で、開演前は見辛いかなと心配したのですが、右側はそう小室ブース側!小室ファンとしては、逆にブース内がよく見えて良かったです。SPIN OFFで、ウツとキネでTMナンバーというのはここ数年演奏されてましたが、今回は正真正銘のTM NETWORK!ステージ向かって右側には小室哲哉がしっかり鎮座。彼がいるだけで雰囲気、緊張感、期待感、いろいろやはり違います。

今回のコンセプトは"REMASTER"ということで、過去の代表曲をオリジナルに近いアレンジで再現。半分近くがシングル楽曲ということもあって、後半は懐かしいやらノリノリで盛り上がりました。且つ本編締めは新曲の「WELCOME BACK 2」。初めて聴いた時は、サビのメロディと歌詞がいまいちかなという印象だったのですが、CDでTV MIXなどをチェックすると実はオケがなかなかカッコよかったりして。あとなんとなくライブでは映えるのでは?という気がしていたのですが、その予感は結構当たってました。イイ感じです。CDだとショボく感じたAメロ部分のリズムも、ライブの太いドラム音だと気持ち良かったです。

今回のサポートメンバーは、ギター北島健二、ベース吉田健、そしてドラムはなんと そうる透。ちょっと意外な組み合わせ。「WELCOME~」CDのドラムも彼なのですが、さすが芸名通りソウルフルでグルーヴのあるドラムを聴かせてくれます。ただ、テクニックは確かなものの、TMの楽曲やライブとの相性という意味では、まだ未知数なところがありますね。TMのことですから、ライブリハの詰めも曖昧な部分があったと思われ、フィルイン、フィルアウトなどで一瞬違和感を感じる瞬間もあったような気がします。

ライブの"詰め"という意味では、今回のステージは通してちょっと甘さが垣間見えてしまったのは、残念なところ。MySpaceでは小室さんはじめやる気も準備も万端かと思われたんですが。TM独特の即興性が、いつもとは違って悪い方向で出てしまった部分があったように思います。ま、演奏の細かい部分とかですけどね。特に小室さんは少し感覚や腕が鈍ってる印象。曲終わりとか、ソロとか、もうちょっと捻って欲しかったかも。即興フレーズもいつもよりフィットせず、不協和音も多い印象でした。ま、いろいろありましたし、しばらくリハビリ(?)が必要な時期なのかな。だからこそ、内向きにならずにガンガンライブとかやっていってほしいです・・・。

小室さんがましてやファンに適当なステージを見せていいやと考えているとは思いません。ただ、意外にたぶん演者の意識以上に敏感にオーディエンスは感じ取っているもの。ハモンドをガンガン揺らしてくれたりはめちゃくちゃ嬉しかったのですが、ソロコーナーも、これまでのツアーやglobe decadeの時のような盛り上がりに至らなかったのは、やはり結果演奏の完成度が物足りなかったからだろうと思います。ここは"楽器フェア"ということもあるし、TM NETWORKの醍醐味の一つでもありますし、もっともっと気合入れて力入れて魅せて欲しかったかな。

5,000円ちょっとのスペシャルライブということで、演奏楽曲数や時間も若干コンパクト。アンコール含めて15曲ということもあって、一部では不満の声も聞かれます。開催側からしたらこの辺は当初の予定通りなのだと思いますが、ファンは3年ぶりのTMライブという期待で来てますからね。それに、なんとなくの物足りなさというのはダンス系のFANKSな楽曲がほとんど演奏されなかったというのも、影響があるみたい。SPIN OFFはこの辺を凄く意識していただけに、尚更今回の本家ライブでは目立って感じられてしまった感も。小室さん的交わしなんですけどね、たぶん。前半のミディアム中心の構成とかは個人的には五十路のTMとしてありだと思うのですが、コアな音楽的ファンはともかく、確かに一般的なファンにはノリ辛い面もあったかのように思います。

"REMASTER"というコンセプトとはいえ、TMらしい新鮮さも今回はあまり伝わってこなかったかもしれません。C.C.Lemonホールや武道館では、もう一味アクセントを加えて欲しいし、ニューアルバム発売後は是非改めてライブを企画して欲しいなと思います。

う~ん、ま、幾つかの課題や不満こそある内容でしたが、何せ3年ぶりの集結。特に要の小室哲哉が久々のステージですから、まずはウォーミングアップ、フォーメーションラップ的に捉えてみたら良いのではないかと思います。おそらくネットでは批判的な感想や非難も数多く書かれると思いますが、ま、皆待ちに待った分期待も高いだけに、"それなり"では納得賞賛されないのは致し方ないかと。大物の宿命!

"何はともあれ"、WELCOME BACK, TM NETWORK!!

http://www.randc.jp/tm/
http://profile.myspace.com/tmnetwork

TM NETWORK
- REMASTER -
2007年11月2日(金) パシフィコ横浜 国立大ホール

01. Still Love Her (失われた風景)
02. Here, There & Everywhere (冬の神話)
03. We love the Earth
04. Human System
05. SEVEN DAYS WAR
06. N43
07. Telephone Line
08. BEYOND THE TIME
09. WILD HEAVEN
10. TK solo (CAROL, Vanpire Hunter D) ~ MEMORIES
11. Be Together
12. Self Control (方舟に曳かれて)
13. TIME TO COUNT DOWN
14. WELCOME BACK 2

Encore -
15. Get Wild

WELCOME BACK 2

« YUKI、日本武道館ライブ | トップページ | バイオハザードIII »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4825/16957046

この記事へのトラックバック一覧です: TM NETWORK、パシフィコ横浜ライブ:

« YUKI、日本武道館ライブ | トップページ | バイオハザードIII »

無料ブログはココログ