contact

音楽

ゲーム

« バイオハザードIII | トップページ | 新宿すずや亀有店、とんかつ茶づけ »

2007.11.05

ALWAYS 続・三丁目の夕日

映画「ALWAYS 続・三丁目の夕日」を観てきました。前作は劇場公開時はそれほど興味なく、DVDでハマったクチ。観に行った日曜は公開2日目、客席広めのスクリーンでしたが満席。子供から年配の方も多く、客層も広い。同作品の人気が分かります。今回は前作の3ヵ月後、東京タワーが完成したばかりの昭和34年(1959年)春。本作も昭和ノスタルジー満載、"古き良き"日本、東京が描かれ、エピソードの数々が心を温かくしてくれます。

今回も2本柱は、芥川賞を目指す作家・茶川と、自動車修理工・鈴木オートで繰り広げられる物語。再び淳之介を取り戻しに来た実業家の父親に「才能ある子供に相応の教育と生活を送らせることが出来るのか」と詰め寄られ、再び芥川賞を目指すことを決心する茶川。突如消えた恋人ヒロミが歓楽街で踊り子として働いていることも知ります。一方の鈴木オートには、事業に失敗した親戚の娘・美加をしばらく預かることになるが、最初お嬢様育ちの美加は鈴木家の長男・一平や鈴木家の生活になかなか馴染めず・・・。

その他にも六子と一緒に集団就職で上京してきた幼馴染の青年・武雄の話など、様々なエピソードが散りばめられています。どれもホロッとくるような話ばかりです。ただ、ちょっと難があるとすれば、一平の母・トモエの恋や日本橋など、若干無理矢理というか詰め込みすぎというか、もう少しメインの話に絞った方が良かったんじゃないかなぁと感じる部分は無きにしも非ずです。感動エピソードを多く羅列するよりも焦点を絞ってくれた方が一つ一つのストーリーにより深く感動できたかなという気はします。個人的には、美加と一平の心をだんだん通じ合わせていく感じが、意外に好きでしたね。ラストとかコテコテのセリフなんだけど、不思議に厭味に感じることなく、素直に受け入れることが出来ました。なんか僕は一平くらいの頃何度か引越しをしたのですが、その頃の友達の女のコのこととか思い出しちゃったりとかして。誰しも一つや二つ似たような思い出あるんじゃないかなぁ。

本作も背景、昭和の東京の風景はよく描かれていて、懐かしく(って自分は生まれる前ですけどね)温かいです。もちろん実際はもっと薄汚かったところもあるだろうし、現実には人間だって話だってこんなキレイなものばかりではなかったでしょう。この映画はその時代を経験してきた年配の方々にとっては美しい思い出の、そしてその後の世代の僕らにとっては古き良き日本への憧れ、ある意味でファンタジーでもあるのだろうと思います。現代において、失くし掛けたもの、あるいは既に失くして取り戻したいものを、この映画に捜し求めて満員の観客は映画館に来ているのかもしれません。過去や思い出を美化し、それらに縋ってばかりいてはいけませんが、少なくともこの映画に求められている役割はこれで間違っていないでしょう。上映前はキャピキャピ騒いでいた女子高生も、めっちゃ低速度で階段を昇って客席に着いた足元の覚束ない老人も、号泣していたのを見て、そんなふうに感じました。

ところで、本作。冒頭はちょっとビックリするかもしれません。ある意味山崎監督ならではのサプライズ?そういえば彼も東宝だったんでしたね。久々のあのテーマ曲はちょっとテンション上がりました。まさに掴みはOK、です。

おそらく前作以上のヒットが予想される本作。同一設定ではストーリーが一巡した感がありますが、当然第3作という話になるのでしょうね。もう1作くらいはお客さんも飽きないで来るかなという気はしますが、さて。

http://www.always3.jp/

« バイオハザードIII | トップページ | 新宿すずや亀有店、とんかつ茶づけ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4825/16977516

この記事へのトラックバック一覧です: ALWAYS 続・三丁目の夕日:

« バイオハザードIII | トップページ | 新宿すずや亀有店、とんかつ茶づけ »

無料ブログはココログ