contact

音楽

ゲーム

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007.10.28

岡村靖幸、横浜BLITZライブ

岡村靖幸、復活ツアー2日目の横浜BLITZ公演に行ってきました。デビュー当初からずっと聴いてきて、ライブにもずっと興味があったものの、なんだかんだでこの日が初生オカムラちゃん。中坊の頃憧れた岡村兄さんは、酸いも甘いもいろいろ人生重ねてきてだいぶ貫禄ある体つきになってましたが、僕の脳内は青春時代のあの頃にタイムスリップ。

渋いリアレンジの「どうなっちゃってんだよ」からライブはスタートし、デビュー曲の「Out of Blue」まで復活ライブにふさわしい代表曲を中心とした選曲。オールスタンディングのフロアには(2階座席もあるけど)、ベースの効いたサウンドがズンズン響き渡り、ちょっと年齢層が高くなったかな?というオーディエンスは終始一種異様なテンションで盛り上がりました。予感はしていたけどやっぱ一部モッシュ状態もおき、場内の湿度温度は高く汗だくなライブでした。

みんな待ってたんだなぁという気持ちがいやというほど伝わってきたし、岡村ちゃんも"今度こそは、これからは裏切らない"というような復帰への強い決意のようなものが感じられました。前日の初日は1時間近く開演が遅れたらしいですが、開場直前までリハの音が聞こえてたというから怠惰というよりは元来完璧主義者である岡村靖幸の気合いだったんじゃないかなと思います。

歌声は全盛期と比べるとキレや伸びはなくなり、まだ安定感も完全復調とは言えないけど、でも、歳を重ねただけの大人の野性味とか、情感は増したと思います。即興のフェイクやセリフをバシバシ入れていく岡村靖幸ワールドは今回も健在。ほとんど歌わないで観客にふったりって曲もありましたけど(苦笑)。恒例の(?)"横浜"ベイベーも披露。あと、「結婚したい!新婚旅行行きたい!」とか叫んでました(苦笑)。ただ、岡村靖幸自身の喋り、M.C.はほぼ皆無でした。あくまで歌に演奏に乗せて感謝や興奮の言葉を叫び囁く、・・・彼らしいっちゃ彼らしいですね。

ラストのギターもカッコよかった。独特のダンスも、相変わらず面白カッコよかった(笑)。ちょっとよろけてコケたりもして(汗)、やはり体型、体力的な問題はありそうですけど、また痩せるためにクスリ、みたいなことに戻ってもらっても困るので(苦笑)、あんま気にしないで人前にもどんどん出て踊って歌いまくって欲しいなと。

悶々ギラギラしつつも凄く純粋な心が透ける恋愛の描写とか、突然社会問題と絡めて熱く語りだす感じとか、あの唯一無二の歌詞と、ファンキーでメチャクチャなようで緻密な計算が入り組んだ音、その才能は現在も衰えることなく輝きを放ち続けていると思います。彼はかなりナイーブなところがあるので、ファンや周囲の過剰な期待は禁物なのかもしれませんが、マイペースで焦らずじっくりと自分の想いや音を形にしていってくれればいいなと思います。

台風の一日。まさに台風のようなライブ。そういえば今回は新曲を演らなかった。まずはファンへの快気祝いの挨拶回りといった感じかな。またアルバムが出たりして、新曲のツアーがあれば、行ってみたいかな。アルバム、また考え過ぎずに(笑)早いうちサクッと出してくれることを期待したいです。

http://www.universal-music.co.jp/okamura_yasuyuki/

岡村靖幸
TOUR '07 「告白」
2007年10月27日(土) 横浜BLITZ

01. どうなっちゃってんだよ
02. alfa inn
03. ターザンボーイ
04. カルアミルク
05. Co'mon
06. いじわる
07. モン-シロ
08. DATE~祈りの季節
09. マシュマロハネムーン
10. セックス
11. 横浜ベイベー
12. 友人のふり
13. Lion Heart
14. ア・チ・チ・チ~聖書(バイブル)
15. Punch↑
16. ステップ UP↑
17. adventure
18. だいすき
19. あの娘ぼくがロングシュートを決めたらどんな顔するだろう
20. 愛の才能~Out of Blue

Me-imi ~Premium Edition~

2007.10.27

蒲田、もつ焼き・八幸

今週末は、蒲田の八幸という店に飲みに行きました。もつ焼き、豚串専門。駅近くながら裏路地の小汚い雑居ビルの階段を昇った2階にある地味なロケーション。しかし、タレント、芸能関係者にもファンが多いらしく、店内の壁にも直接サインがたくさん書かれていました。

ビルがアレなので、入る時は大丈夫かなぁなんて不安になりましたが、店内はこじんまりで地味ではあるものの、照明も明るくママも優しく小心者の僕でも安心して飲める店でした。メニューは、串各種とレバ刺し、ガツ刺し、飲み物は、ビール、ハイサワー、ウーロンハイ、日本酒、その程度。中年サラリーマンご用達の渋さ。ただ、女性誌やテレビなどで紹介されたこともあって、客層はそんな偏った感じではないみたいです。

串は全部塩。なのに、かしら、はつ、たん、こぶくろ、つくね、・・・何でもジューシーでとても美味しい。鶏ではなく豚中心。つくね、なんこつの歯ざわりがたまらなくて、かじると滴る肉汁がたまりません。塩大好きの僕としては最高でした。値段も1本110円とかで結構安い。3,000円もあれば充分飲み食いできます。ガツ刺しも美味。刻みネギとゴマ油醤油のタレで、つまみだすと止まりません。

残念だったのは、19時過ぎくらいだったのに、もうレバ刺しが切れていて、20時過ぎくらいには驚くことにビールが切れてしまったこと。レバ刺しも絶妙らしいのですけど。「ビール品切れ」って、初めての体験かも(汗)。そうそう、この店21時過ぎには閉店してしまうらしいので(早っ!)、2軒目3軒目ではなくマストで1軒目を強くオススメします。

塩の美味しい串食べたいなぁと思っていたので、良かったです。気分良く、この日は2軒、3軒とハシゴしてしまいました。

http://r.tabelog.com/tokyo/rstdtl/13024422/

2007.10.19

四ツ谷のエジプト料理店、エル・サラーヤ

エジプト旅行から帰って早1ヶ月が経とうとしていますが、先日、東京・四ツ谷にあるエジプト料理店、エル・サラーヤに行ってきました。いまだ全く冷めないエジプト熱。懐かしの味。料理は土曜のディナーということもあって、コースを頂きました。アラビアン・ナイト(3,500円也)。ホンモスやナスのピクルスとエイシ、ターメイヤに、モロヘイヤスープと、まさにエジプト王道のスタイルで始まります。

マスター始めシェフもエジプト人だけあって、スパイス、味付けなどエジプトで食べた味と同じ、それでいてちょっとだけ日本人に合わせてあるのか、むしろ本場エジプトで食べた時より美味しく感じた(笑)メニューも多々ありました。コフタや魚の煮込みはやはり若干クセがありましたが、一緒に食べに行った友人は、エジプトはもちろんアフリカ料理などほとんど口にしたことのないにも関わらず、大丈夫なようでしたし結構美味しいと言ってくれていました。(僕が勝手に盛り上がっているエジプト熱に付き合ってくれて感謝(笑))日本人が経営している新宿のルクソール・バーとどちらにしようか悩んだのですが、やはりエジプト人マスターで本場の味という雰囲気ですし、まずはこちらにしてよかった。安心しました。もちろん、他店も興味深いし、今後いろいろ行ってみたいですけどね。

旅行中現地で食べ損ねて心残りだったコシャリも、注文時、ウェイトレスの方に、「コースにコシャリは入ってないんですよね?」と聞いたら、元々は入ってないらしいのですが、気を効かしてライスに変えて入れてくれました!念願のコシャリには感動!(涙)マカロニに、ゴハンに、レンズ豆にトマトソースと、なんだか不思議な味ではありましたが。また機会があればもう一度チャレンジしてみよっと。

週末、木・金・土に行われるというベリーダンス・ショーも堪能。妖艶な熟女ダンサーが胸元やお腹も露なセクシー衣装で、フリフリぶるんぶるん踊ってくれました。ダンサーはエジプト人ではなく、日本の方です。しかし、僕が本場エジプトで観た時はラマダーン真っ最中ということもあり、衣装は露出が少なくかなりおとなしめだったので、なんかある意味こちらのほうが圧倒されました(!?)。エジプトで観たショーは複数人の女性が舞台で踊る感じでしたが、こちらでは先述の一人のダンサーが店内をあっち行ったりこっち行ったりしながら一生懸命踊ってくれます。お客さんも一緒に踊ったりもOKなのですが、やっぱり照れますね。手拍子して見てるだけでも充分楽しめました。結構長くて20分以上はあったかな。まだ食べ終わってなかったので、食べるのか見るのかちょっと迷っちゃいましたけど(苦笑)。

最後は、すっかり虜のカルカデ(ハイビスカス・ティー)をゴキュゴキュ。やっぱり美味しい。店オリジナルのカクテルなんかも飲んで、とても満腹、楽しい一時を過ごせました。マスターも気さくな雰囲気、且つ出しゃばり過ぎはしない程好い感じで、なかなかよい雰囲気の店でした。東京でエジプトの雰囲気の一端を味わうのにも、オススメです。平日ランチは950円でバイキングもやってるみたいです。平日かぁ~・・・。でも、ディナーでも、また訪れたいです。

http://el-saraya.web.infoseek.co.jp/
http://r.gnavi.co.jp/a568900/menu2.htm

2007.10.08

地下展、水上バスで未来館へ

日の出桟橋、水上バスターミナル
▲水上バスターミナル。ちなみにジュビリー号。(日の出桟橋)

10月3連休の最終日、あいにくの雨ということもあって、室内で楽しめる展覧会系ということで「地下展 -空想と科学がもたらす闇の冒険-」に行ってきました。場所は、青海にある日本科学未来館。

行きはなんかお台場方面というといつもゆりかもめでつまらないので、たまにはという水上バスでと思いつき、浜松町から歩いて日の出桟橋へ。道中、北欧からの観光客風の外人の中年女性に道を聞かれました。「オダイバ、オダイバ」言うので、目の前の日の出桟橋から船で行くか、駅から電車(ゆりかもめ)じゃないかと伝えたのですが、納得しない表情で、こちらも言葉がいまいち理解できなかったのですが、どうも歩いてレインボーブリッジを渡りたいと思ってるご様子。橋は見えているものの、どっちへ行けば遊歩道に入れるのか正直僕は知らなかったので、桟橋のターミナルで聞いてみてくださいと逃げてしまいました(汗)。ごめんなさい。・・・っていうか、レインボーブリッジに人道、遊歩道ってあったんですね。初めて知りました。ちょっと興味出たので、今度行ってみたいです(しかも無料らしい!)。

船内から。レインボーブリッジ
▲船内から。レインボーブリッジ。(東京湾)

船の科学館経由しながわ水族館行きに乗船。やっぱ海はいいっすね。船はいいっすね。ナイル川以来ですよ(笑)。雨で寒いのに水上スキーしている人たちなんかともすれ違いました。20数分で船の科学館の船着場に到着。途中下船。何やらアメリカン高校生っぽい20人くらいのグループに紛れてしまいながら、向かう日本科学未来館。アメリカンヤングメンたち、日本好きを強調しているのかホンダのロゴ入りスポーツシャツ着てる子あり、信号待ちで突然傘をライトセーバ代わりにスターウォーズごっこ始める子あり。ちょっとおもろい。科学未来館の脇には国際交流センターのよなものがあるようですし、科学未来館自体海外のお客さんも多いようです。

日本科学未来館
▲日本科学未来館。(東京・青海)

ジオ・コスモス
▲直径6.5m、LED100万個の球体ディスプレイ、ジオ・コスモス。(日本科学未来館)

日本科学未来館って、2001年からあるらしいですが、よく知りませんでした(笑)。常設展示もあって。第一目的の「地下展」は特別企画展示。"地下"と随分漠然としたテーマですが、地球や生命を地下から考えたり、地下を利用した放射性廃棄物施設やタイムカプセルなどのプロジェクトに至るまで、いろいろな展示や解説があって、なかなか興味深かったです。数百万種の農作物の種子を未来の災害や戦争による焼失に備えて保管するという、ノルウェーの北極種子保存庫プロジェクトとか、南極大陸で3700mの氷の下にずっと閉ざされている湖・ボストーク湖とか、知らなかった興味深い話も満載。夢もあるけど、いろいろ未来についても考えさせられました。洒落たレイアウト、展示空間デザインも、雰囲気抜群で気分が盛り上がりました。ただ、純粋に解説などを読むにあたってはちょっと暗かったり、文字が小さかったりで見辛い部分があったのも事実かな。若手建築家が張り切って取り組んだらしいですが、デザイン性に凝り過ぎてて、ただでさえ難しい話なんかも多いので、休日でたくさん来ていた子供たちにも少々分かり難くなっていたのはちょっと本末転倒な気もしました。サイトで見て期待していた生命の樹も子供たちには意味不明のオブジェで、弱い糸や布が引きちぎられてましたし・・・。とはいえ、"地下"をメインテーマにした展示というのは珍しくも興味深かったので、またこういった趣旨の展示は期待したいです。地下貯水溝とかトンネルとか巨大地下施設でなんかドキドキワクワクしてしまうのって、なんなんでしょうね(苦笑)。

科学未来館、常設展示も見て帰りました。科学博物館とかこういうの結構好きです(笑)。ちょうどASIMOのデモンストレーションが見れたのもラッキーで嬉しかったです。ASIMOは随分以前に一度見たことがあるのですが、その時より、また小型化して、手や足腰の動きも滑らかになって、さらに軽快に走っちゃって(笑)。昔見たときはもっさり歩いていただけだった記憶が・・・。日々進化していますね!家庭用人型ロボットの夢はなかなか実現しませんが(広い意味で言えば電化製品やAV製品、PCなどは既にロボットが家庭に入り込んでいると言っても過言ではないんですけど)、10年後はどうなってるんでしょうか。

ASIMO 2005
▲ASIMO (ASIMO 2005)。(日本科学未来館)

遅めの昼は、無料巡回シャトルバス(これも知りませんでした。タダじゃん!)で台場のアクアシティへ移動して、ラーメン国技館へ。いや、いま流行りのあえ麺とか焼きラーメンとか、汁なしラーメンのキャンペーンやってると聞いたもので。なんか汁なし麺系好きなんですよね。冷やしものから、つけ麺、油そば、焼きラーメンまでなんでも。汁あり(っていうか普通の)ラーメンは、そんなに好きじゃないんですけど(笑)。

群馬常勝軒の汁なしラーメン、特製中そば
▲群馬常勝軒の汁なしラーメン、特製中そば。(アクアシティ・ラーメン国技館)

超悩んだ末、結局、群馬常勝軒の特製中そばをセレクト。油そばとかあんな感じのオーソドックスな感じでしたけど、ちょっとピリ辛で、ネギやチャーシューの焼き具合もなかなかで、おいしかったです。博多一幸舎の博多焼ラーメンってのも、なんかめんたいマヨソースかかってておいしそうだったけど(笑)。

ちなみに、帰りはゆりかもめで帰りました。あ、地下展は同所で来年2008年1月28日まで開催中です。地下好き(なんだそりゃ)は是非。

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

無料ブログはココログ