contact

音楽

ゲーム

« 赤のピラミッド、階段ピラミッド | トップページ | 東岸、神殿巡りとステラビール »

2007.09.13

ギザの3大ピラミッドとスフィンクス

2日目。9月13日。午後。ギザへ。ギザはカイロからバスで約40~50分の街。再び車窓に見えてくるピラミッド。大きい。クフ王のピラミッド。しばらくするともう2つのピラミッドも見えてくる。ついに来ちゃいました。これが俗に言う3大ピラミッドです。4500年前、古王国時代に強大な権力と労力によって築かれた巨大建造物。墓なのか、葬祭記念塔なのか。その意味も、建築法も諸説あり、いまだ全て明確に解き明かされてはいません。

クフ王のピラミッド
▲クフ王のピラミッド。(ギザ)

クフ王のピラミッド。高さ146m。現存最大のピラミッド。近くで見上げると本当にデカい。積み上げられた石の一つ一つもデカい。建造当初は表面が化粧岩で覆われて整えられていたらしい。強い日光をキラキラ反射しどんなに美しかったことでしょう。しかし現代もその威厳と存在感は充分。子供の頃、百科事典やミステリー本で食い入るように見たピラミッドが目前に聳え立つ。その感動にしばし浸ります。

さすがたくさんの観光客。もう少し涼しくなるともっと混むらしい。盗掘や発掘のために開けられた幾つかの穴。そのうちの一つから内部に入れます。但し一日限定300人とされていて、朝7時とかから並ぶ人もいるらしく、遅く来ると入れないことも多々あるとか。ツアーでほぼ確約されていたのでこの辺は安心でよかったです。でも、大勢の人が入っていたし、300人以上入れてるんじゃないかって気もしましたけど、どうなんでしょうか!?

クフ王のピラミッド6
▲クフ王のピラミッド、登り口。(ギザ)

午前の赤ピラミッドよりは広く幅もあるものの、クフ王ピラミッドの内部も暗く急な階段。空気も悪いし、閉所恐怖症の人や体力に自身がない人は、こちらも辛いでしょう。回廊やトンネルはやはり心なしか赤ピラミッド以上に立派。玄室には石棺が置かれていますが中身はなく、壁画や装飾もあまり見受けられません。ただ、トンネル途中などよ~く壁や天井を見てみると稀に古代エジプトの壁画やピラミッドテキストらしき跡が見つかります。僕は見つけましたよ。

クフ王ピラミッドを出た後は、カフラー王のピラミッド横を通り、さらに少し小高く丘のようになったパノラマポイントと呼ばれる3大ピラミッドを一望できる地点へ。左から、クフ王、カフラー王、メンカウラー王のピラミッドが並んで見えます。気持ちいい~!!暑いけど、風があって、それより何より壮大な眺めが気持ちいい。周りは地平線まで砂漠。ピラミッドの向こうにはギザの街並みが見えます。絶景でした。

ギザの3大ピラミッド
▲ギザの3大ピラミッド。左からクフ、カフラー、メンカウラー王のピラミッド。(ギザ)

午後になり気温も上がってくる中(でもこの日は36度くらいだったと思う)、本日最後のツアー観光ポイント、スフィンクスへ。

カフラー王のピラミッドまで続く参道の入口に造られた人面獣身の巨像。顔はそのカフラー王に似せたとも言われていますが、ご存知の通り、現在は鼻周辺から崩れてしまっており(破壊されたとされる)、またアゴヒゲはなぜかイギリスの大英博物館にあります。その他のピラミッドや遺跡の金銀財宝、ミイラもそうですが、本当に欧州の来訪者、侵略者たちはとんだ略奪や破壊をしてくれたものです。ナポレオン帯同調査隊のエジプト誌やロゼッタストーンの発見など功績もありますが、二度と帰らぬ数多く失われたファラオたちの副葬品やミイラのことを想うと何ともいたたまれない気持ちになります。ま、エジプト人たち自身も数世紀の間砂に埋もれた無数の遺跡に対する認識も甘かったわけではありますが。

スフィンクス
▲スフィンクス。背景はカフラー王のピラミッド。(ギザ)

スフィンクス。意外と小さいと聞いていたのですが、なかなかどうして立派ではないですか。それでいてどこか愛嬌もあるし。僕は好きですね~。時間があったので、参道脇にしばし腰掛けて横顔を眺めていました。スフィンクスがふとこっち向いて、朝は4本足、昼は2本足、夜は3本足の動物、それな~んだ?みたいな、なぞなぞを出してくれたりすれば尚嬉しかったのだけど(笑)。

ボーッとしていると、物売りらしき人間から「ニーハオ!」と声掛けられる。無視。雰囲気壊すな~。誰がゼンジー北京やねん。現実へと引き戻され、帰りの集合時間が近づく駐車場のツアーバスへと向かいました。

スフィンクス
▲スフィンクスの横顔。カフラー王のピラミッドへと続く参道から。(ギザ)

う~ん、一応書いておくか。トリビアの泉以来有名なあの話。やっぱりスフィンクスは、ケンタッキーフライドチキンとピザハットの店舗を見つめていました。かなり離れた先ですけど。でも、4500年の時を越えて・・・なんだか不思議ですよね。

ちなみにエジプトには、マクドナルドやケンタッキーはところどころで見ましたが、コンビニはなかったです。ラマダーンの時期は深夜や夜明け前も起きてる人多いし、儲かりそうな気もするのですが、物価が安いエジプトでは、まだコンビニスタイルを運営するにはやはりコストが合わないのかなぁ。個人商店も結構夜中でも開いてるみたいですし、それで充分なのかも。ちょっと気付いた点でした。

« 赤のピラミッド、階段ピラミッド | トップページ | 東岸、神殿巡りとステラビール »

旅行・地域2003-2007」カテゴリの記事

コメント

エジプトの画像見ても、あまり実感湧かないですな
やはり実際に行くと違うのですかね

コンビニエンスストアを24時間やってやるよって人がいないんですよ、きっと。少なくともフランス人がそうらしいです。

>Nさん
あまりに写真や本で見てきたため、確かに実物を前にしても信じられない何とも言えない感覚は少しありました。でも暑さとか、ピラミッド内部の息苦しさとか、観光客の混雑とか、そういうのを肌を感じるうちに、「あぁ本当に来たんだなぁ」って実感していきました。個人的には、やはり死ぬまでに一度は行ってみて損はないと思います。

>和アンリさん
確かに、エジプト人も24時間仕事する意欲は彼らにはないかも(汗)。でも結構カイロやルクソールは、ラマダーンの時期ということもあるでしょうけど、眠らない街でしたよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4825/16529029

この記事へのトラックバック一覧です: ギザの3大ピラミッドとスフィンクス:

» ピザハット [ピザハット]
アメリカが発祥の地でカンザス州にできたのが最初といわれています。 ピザハットはバイトも人気です。 [続きを読む]

« 赤のピラミッド、階段ピラミッド | トップページ | 東岸、神殿巡りとステラビール »

無料ブログはココログ