contact

音楽

ゲーム

« TM NETWORKライブ、11月2days決定、小室哲哉"先生"から"教授"へ | トップページ | すり替えられる問題、岡村靖幸、Java POI API »

2007.08.12

吉村作治早大エジプト展と都電荒川線

吉村作治の早大エジプト発掘40年展」へ行ってきました。エジプト旅行の予習がてらといったところですが、この日は今年一番の猛暑日だったそうでピッタリ!?(笑)

早稲田大学・大隈講堂

ずばり早稲田大学構内の曾津八一記念博物館で開催。大隈講堂を横目に早稲田正門を入ってすぐの辺り。入口付近にはそれほど人がいなかったのですが、建物に入ったらたくさんのお客さん。お盆前の週末ということもあるかもしれませんが、やはりエジプトものって人気あるんですね。

注目の出展物は、約3,800年前の未盗掘で発見されたものでは世界最古級といわれるセヌウのミイラのミイラ・マスクと木棺。どちらもとても紀元前2世紀のものとは到底信じられないような手の込んだ造形や絵柄。また、ツタンカーメン王とその妻アンケセナーメンの指輪も展示。美しいし、ロマンチックだし、ヒエログリフでしっかり名前が刻まれていて、エジプト文明の深さ、凄さに改めて感動。

その他にも、木像やレリーフ、土器、シャプティ(副葬品の小さなミイラ型彫像)、カノポス壷(ミイラの内臓を保管する壷)、ファイアンスという素材で作られた装飾品や調度品が、大小様々たくさん展示されていて、大変興味深かったです。

吉村作治の早大エジプト発掘40年展
吉村作治の早大エジプト発掘40年展

やはり本で読むより、実際目にしてみるとより分かり易く、興味も深まりました。よい勉強になりました。こうした展示会の収益からも探検隊の資金となるみたい。エジプト探索には莫大な資金と時間、労力が必要。早大の数々の功績とプロジェクトには頭が下がるし、何よりロマンがありますよね。人類文明、文化の起源、根源の探求。吉村先生もすっかり巨匠ですが、今後も期待したいです。月の舟の発掘、復元も早く実現するといいな。

帰りは、早稲田駅から都電荒川線に乗りました。路面電車は久しぶりでワクワク。車窓の景色を楽しみました。最初は自宅の近くの荒川区役所前まで乗ろうかとも考えたのですが、ちょっと寄っていきたいところがあったので、大塚駅前で下車しました。しかし、今でも出発の時「チンチン!」と鐘の音ちゃんと鳴るんですね。風情があってよかったです!

都電荒川線(大塚駅前)

« TM NETWORKライブ、11月2days決定、小室哲哉"先生"から"教授"へ | トップページ | すり替えられる問題、岡村靖幸、Java POI API »

旅行・地域2003-2007」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4825/16082376

この記事へのトラックバック一覧です: 吉村作治早大エジプト展と都電荒川線:

« TM NETWORKライブ、11月2days決定、小室哲哉"先生"から"教授"へ | トップページ | すり替えられる問題、岡村靖幸、Java POI API »

無料ブログはココログ