contact

音楽

ゲーム

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007.07.28

道玄坂でワイン、エジプト予習、隅田川花火ドーン

先週末は渋谷道玄坂にあるビストロで飲み会。しかもお店貸切~。渋谷あまり縁がないから、店行くまで迷いました(汗)。テーブル4つ、5つくらい、あとカウンターというこじんまりしたお店でしたが、インテリアも落ち着く感じ。この日は3時間(!)貸切ということで、通常のコース、飲み放題に加えて、交渉してワイン飲み放題というのが良かったです。赤白ロゼいろいろ飲みました。もちろんあまり高い銘柄はなかったですが、ゴチャゴチャ混ぜて飲んだ割には悪酔いしませんでしたし、おいしかったです。でもこの日もあまり料理を食べなかった気がします。ピザ2切れとパスタをチョコっと食っただけのような・・・。ついついお酒とお喋りで忙しくて、最近いつもそんな感じです・・・。コースでお金払ってもいるし、食べなくちゃもったいないんですけど、ま、楽しければいいか。

http://r.gnavi.co.jp/g694501/

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

9月、夏休みのエジプト旅行に向けて、エジプトの歴史、文化などいろいろ本読んで勉強中。ホント本読んでるだけで楽しくてワクワクしてきます。エジプト神話は多くの神様登場して様々なエピソードを繰り広げるので、面白いです。細かなところの辻褄は結構滅茶苦茶なんですけどね。ま、紀元前からの伝承をまとめたものですから、仕方ないとは思いますが。太陽神ラーの涙から人間は生まれたなんて話はロマンチックです。一方で近親相姦やら遺体切断やら過激な話も満載なのはどこの神話も同じっちゃ同じですが。

旅の情報、マメ知識もいろいろ(笑)。エジプト旅行では店で値切る時、ボールペンを切り札に渡すともう一押しできるとか(最近ブームは去り気味)。エジプトの交通機関は、日本と以上に痴漢が多いから女性の一人は要注意らしい(汗)。バクシーシというイスラムの風習があって、チップに似ているけどgive & takeが基本のチップとは違って、豊かな人間が周りの人間に幸せを分け与えるというものらしいです。ただ、ろくに働きもせずバクシーシだけで生計を立てている輩も居るらしいので、旅行者は過度に意識する必要はなさそうです。チップもそうですが、気持ちの次第ですね。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

日が暮れ始め、自転車に乗って、三ノ輪のほうへ食料品などを買い物に。すると、ドンパンドンパン花火の音。おっ、そうか今日は隅田川花火大会でした。せっかくなので少しさらに先へ自転車漕いで、浅草方面のなんとかという橋の方へ行ってみました。花火が見える場所に近づくにつれて凄い人・・・。東京を代表する花火大会の一つですもんね。少し離れた場所、ビルの隙間から少しの間眺めて家に戻りました。

来年は誰かを誘って観に行ってみようかな。ただ、立ち止まれない人ごみに流されながらとかだと嫌だなぁ。かと言って一日も二日も前から場所取りとかってのも馬鹿らしいですしね・・・。

やっぱそこそこの混み具合の実家地元の花火大会とかのほうがいいかも(笑)。しかし、祭りの焼きそばとかお好み焼きってなんであんなにおいしいんでしょうね!?材料何使ってるか分からないし、不衛生そうなのに(笑)。お酒もそうだけど、やはり場や雰囲気がおいしくさせるのかな。

http://sumidagawa-hanabi.com/

2007.07.26

どうなる参院選

今週末は参議院議員選挙。引っ越したのが5月だったので、僕の投票選挙区はまだ埼玉。東京で投票できなくて残念。埼玉は民主とか自民、新人と現職2人立ててたりするから党を決めてもどちらに投票するべきやら。民主なんて折角なのに票割れないのかなぁ。それとも二枠取れる自信があるのか!?組織は現職、浮動票は新人とかそういう狙いもあるんだろうけど、やっぱり選挙戦略って一般市民には分かり難いところがありますね。

メディアでは連日、自民劣勢民主躍進と予想されていますが、メディアが騒ぐとそのことで不安感を抱いて逆の方向に走る有権者も居たりで、まだまだ結果は分かりません。ま、自民が大勝するってことはほぼ不可能でしょうが、反自民票がどれだけ民主に集中するのかは蓋を開けてみなければ分からない部分もあります。

参院なので即政権与党がどうこうというのはないですし、もし予想通り民主が大躍進した場合、衆院と参院で数の上で歪みが生じ、政権運営に混乱もあり得ます。法案成立が鈍ったり政治の混乱で株価や経済にマイナスの影響が出ることもあるでしょう。既に株式市場はその傾向を見せていますし。正直日本にプラスになるかどうかは分かりません。

それでもあえて自民そして公明の長期連立政権にお灸を据えるのか、混乱や急激な変化を忌避し無難に与党に治めるのか。日本国民の審判やいかに。小沢一郎の「今回は最大にして最後のチャンス」という言葉、選挙戦略的なリップサービスであることを差し引いてみても、僕はちょっぴり共感する感じもあったりして。結果はどうあれ、分かりやすい年金問題がクローズアップされている今回で怒らないなら、それこそ政権交代なんて当面あり得ないような気がしてくるのは確かです。

社保庁の怠慢は、安倍晋三のミスではないけれど、延々と黙認してきた与党自民党の責任は決して軽くはありません。特定社団法人や天下り、政治資金、税金の無駄遣いといった金の問題、憲法改正やら教育改革問題もある。年金ばっかクローズアップされちゃってますけど、重大な課題が日本の政治には山積みですよね。北朝鮮とかエネルギーとか外交問題もあるわ・・・。外山恒一が公道逆走で逮捕され、又吉イエスが相変わらず気を吐く(笑)今日この頃ですが、暗雲立ち込める日本の未来において、一票の重みは日毎に増していると言って間違いないでしょう。さもなくば、外山が在りし日々に冗談か本気か叫んでいた「日本には滅亡しかない」なんてことになりますよ。ま、ちょっとやそっとじゃ滅びませんけど。

2007.07.22

JavaFX、e.Spreadsheet

たまには、仕事というか、技術の話でも。

いま現場では、DBからデータを取得しExcel出力するツールというか、モジュールのようなものを開発しているのですが、何故かActuate e.Spreadsheet EngineというXLsoftのJava APIを使ったらどうかということになって右往左往しています。

このe.SpreadsheetというのはServletやJSPを用いて、Webアプリ上でExcel編集機能を乗せたい場合などに非常に有効なようです。ただ、単にJavaアプリケーションでExcel出力するのに使うには、ちょっと無駄な感じも(汗)。今回の僕らの案件のような場合は、普通にPOIとかJExcelで充分な気がしているのですが、どうなんでしょうか・・・。BookModelImplオブジェクトというのを生成して、そこに実データやらセル設定データやら貯め込んで一気に吐き出す感じのやり方しか分からなくて、少しメモリを消費してしまったりで困っています。逐次取得、出力と繰り返すようなストリーミング的な書き方がありそうなのですが、いまひとつ上手くいきません・・・。もし分かる方がいらしたらアドバイス欲しいです。

一方、自社の技術研究で課題として只今勉強中なのがJavaFXというもの。6月かな、Sunが発表したJavaベースのRIAプラットフォームで、簡単に言うと、Swingや携帯向けのCDCといったJavaのUI機能を用いた描画や動作を、JavaFX Scriptというスクリプト言語で開発しより簡単に実現できるというもの。昨今のAjaxの流行、FLASHやそれを発展させたAdobe AIR(Flex)、近々リリースされる予定のMicrosoft SilverlightなどのRIAに対抗してSunが打ち出しました。

仕事でも、またWebを徘徊していてもあまり見掛けない気もするJava Applet。そのJava AppletやJava Web Startを、JavaFX Scriptというコンパクトな記述でより一層使い易くした、まさにAppletの再利用、復活をかけた新技術かなという気がします。新しい技術なのでまだ資料が少なくて分からない部分も多いのですが、SwingとかAppletは個人的には学校で学んだ時以来くらい久しぶりなので、なかなか興味深く結構楽しんでいます。Sunの公式コミュニティOpen JFXにはサンプルなどもあるのですが、Web StartでFLASHのようなWebサイトを呼び出し表示するのとかは、まだちょっと重いかなぁ!?という印象です。ライバルも多いし、普及するかは微妙ですが、PCや携帯などを越えたマッシュアップという意味ではJavaベースだし有効だとは思うので(まだキャリアやメーカで公式サポートを表明したところはないそうですが・・・)、一応注目はしておきたいかもしれませんね。

http://java.sun.com/javafx/

2007.07.16

今年はエジプトに行きます

9月中旬にエジプトへ旅行することに決めました。旅行会社にも予約。まだ勤務先には休暇申請出してませんが(苦笑)、ま、大丈夫でしょう!?

7泊8日で、カイロ、ギザ、ルクソール、アスワン、アブ・シンベル、アレキサンドリア、再びカイロと周るエジプトダイジェストな感じのツアー。個人旅行も考えたのですが、どうもエジプトの交通や物売りの事情を鑑みるとツアーのほうが面倒がなくて気楽かなと。それとクフ王のピラミッドに入るチケットが1日300枚とかで激戦で、旅行会社に任せちゃったほうが断然有利みたい。ホテル料金もちょっと高級なところでも断然安くなるみたいなので、総合的に判断して、初エジプトということもありますし、ツアーにした次第です。

それでも薄給の僕にとっては決して安いツアーではないです。しかし、ギザの3大ピラミッド、スフィンクスから、ルクソール神殿、アブシンベル神殿、エジプト考古学博物館、・・・と行っておきたい名所は網羅されているので、奮発してちょっと余裕ある7泊8日で申し込みました。昨年の上海・北京の旅行の際にも、寝台列車を組み込みましたが、今回もアスワン、カイロ間の寝台列車、通称・ナイルエキスプレスに乗れるみたいです。どうも海外旅行では列車も乗ってみたくなるんですよね~。飛行機やバスもいいですが、列車にもまた違った風情があって好きです。

ナイル川をディナークルーズしたり、カジノやプールのある高級ホテル滞在などもあるので、いろいろと楽しみです。ジャケットや水着も持って行かなくちゃ。

9月中旬、エジプトはまだまだ暑いようで、また、丁度ラマダンの期間中なのですが、ま、中近東諸国などと比べれば観光立国ということもありそれほど影響ないだろうと思われます。イスラム教徒が90%以上というエジプトですから、ラマダンの時期、日中、みんなお腹が減ってちょっとイライラしているらしいので(笑)、トラブルに巻き込まれないよう気をつけます。ま、基本的には人懐っこくて温かい人柄らしいですけど。

アフリカ(中近東に近いですが)も初めてですし、ピラミッドやスフィンクスを象徴とするエジプト文明は、男の子なら少年時代から一度は夢と憧れを持つもの。僕は死ぬまでに絶対一度は行きたい場所のひとつなので、準備やらお金やらいろいろ大変ではありますが、是非無事楽しんで来たいです。まだ2ヶ月近くありますが、今からちょい興奮気味。より楽しめるよう、歴史の本などを読んで、予習しておかなくちゃですね。

地球の歩き方・エジプト'07-'08

2007.07.15

エコバッグ狂想曲

14日、アニヤ・ハインドマーチのエコバッグ・"I'm NOT A Plastic Bag"の先行発売、凄かったですね。狂騒曲というか。こんなものにまで転売屋や日雇い並び屋がいることにもビックリ。ブランドと限定ものに弱い日本人が飛びつかないわけないわけですが、世界中で同様のブームになっているらしく、ま~、ブランドメーカーのあざとい、もとい賢い戦略が見え隠れ。

ファッションでも、ブランド品ということばかりにこだわっている人よりは、普販品や古着屋の服でも上手にコーディネートして着こなしている人のほうがお洒落だなぁと思いますし、エコバッグという製品の本来のコンセプトであるエコロジーという面からも、この物欲とか自己顕示欲とかまさに欲望、欲求の権化とも言うべき今回の騒動は「なんだかなぁ・・・」というのが正直な感想。

ただ、では、こういうことすべてを「くだらない」、「無意味だ」と切り捨ててしまうべきかと考えると、実は僕は必ずしもそうではないかもしれないとも考えるのです。現代社会や生活、そもそも人間の存在自体がエコとは相反するとも言え、エコとは自己犠牲、自粛、様々な欲求の抑制によってこそ成り立つ部分が多いわけです。だから、ただただエコを声高に叫んでも、キレイごとを並べても、いかんせん人はそんなに物分りの良い人ばかりではないですし、なかなか動きっこない。

エコバッグなんて本当はズタ袋でもその辺の紙袋でもいい。だけど、そこをファッション性やブーム的な心理に持ち込んでしまえば、さらにスムーズな普及を促すことが可能になる。商売、経済活動にどう繋げるかも重要。トヨタのエコカー、松下のエコ家電、東京電力のオール電化などなど・・・、エコに乗じた金儲けと批判的な見方も出来ますが、エコをステイタスにしたり楽しくしてしまうことが出来るのなら、それはそれで一つの有効な方法なのだろうと思います。

果たして人類の未来はどちらへ向かうのでしょう。エコが功を成して環境が改善されるのか、このまま変わりゆく地球と共存していくのか、はたまたいずれ地球を捨て宇宙へと旅立つのか、それとも地球と共に滅びるのか・・・。それはアニヤ・ハインドマーチではなく、神のみぞ知るところでしょう。

そうそう、ちなみに、バッグの通常販売は18日からだそうです。また騒ぎが起きるのかな。でも、冷静に見てみるとあんまりデザインイケてない気がするのは僕だけでしょうか!?ま、センスのない僕が言っても説得力ないかもしれませんけど。う~ん・・・。他にもエコバッグいろいろありますしね。定価2,100円を、オークションで2万で売られているそうですが、いつまでそういった状況が続くのやら。エコバッグそのものまでブームで終わらせないよう祈っております。

http://www.anya-hindmarch.jp/
http://www.wearewhatwedo.org/

2007.07.11

Google Earthは見た!

▼Google Earthでサーファーに接近するサメを発見
http://news.livedoor.com/article/detail/3219899/

▼グーグルアースが暴いた「謎の中国最強原潜」
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/it/internet/61823/

Google Earth、恐るべし。普段は僕も行ったとこや行ったことのないところを旅行気分で見て楽しんだりしているGoogle Earthですが、こんなものまで写してしまっているなんてビックリ。

そういえば、ヌーディストビーチのアップが見れる!なんてニュースも過去にあったなぁ(笑)。探してはいないのですが。

映画「マイノリティ・リポート」の世界じゃないけど、街の商店街や隣の家の玄関にまで監視カメラがあって、ホント監視社会になってきているのかな。個人的にはヒステリックにプライバシープライバシー騒いでる連中もあまり好きではないのですが、犯罪とかやましいことはしていないとはいえ、ここまで来るとやっぱウカツに鼻ほじったりもできませんね・・・。あ、僕は紳士なのでそんな心配はいらないですけどね!?ま、人間見られてると緊張感で男はカッコよく、女はキレイになるなんてことも言いますし!?って、そういう問題じゃないか(汗)。

2007.07.07

まぁるいチーズケーキ

雪玉のような丸い形のちょっと変わったレアチーズケーキ。ネット(北国からの贈り物)で注文した雪丸というケーキ。たっぷりのレアチーズのなかにハスカップのピューレを染み込ませたスポンジが入ってます。

北国からの贈り物、雪丸

チーズは程好い酸味のシンプルな味で舌触りが軽く、口の中でフワッと溶けました。中央のハスカップも良いアクセントになります。それでも一玉丸ごとは二人で分けても多いくらい。冷凍で送ってくるので、ホームページに書いてある通り、半解凍、全解凍と数回に分けて食べ方を変えてみると楽しいかもしれませんね。

北国からの贈り物、雪丸

箱や包み紙が可愛らしいです。東京駅八重洲口のHOKKAIDO FOODISTなど店舗販売でも人気だそうです。は~、レアチーズケーキは、やっぱウマいのぉ。

http://www.foodist.co.jp/shokai.html
http://store.yahoo.co.jp/snowland/102954.html

2007.07.05

Perfume、代官山UNITライブ

半年とちょっとぶりの単独ライブ。今回はお代官山のUNITという箱。オサレなライブハウス。ドリンクコーナーでジントニックを1杯かっくらって、いざ!・・・と思ったら入場から開演まで30分以上待ち。立ちっパでオッサンにはちょっと辛いっす。

今日は初っ端からノリ凄かったです。開演した途端、どさくさ紛れに後ろから野郎が押し寄せたのにはちょっと腹立ったけど、「チョコレイト・ディスコ」のリフレインにそんなことはすぐ吹っ飛んじゃいました。少しずつ箱も大きくなって、明らかにファン層も広がってきて、Perfume順調ですね。

中田サウンドの4つ打ちにはいつも以上にトランス状態。クロックを上げてあったり微妙なオケのアレンジが嬉しい。ホント改めてイイ曲多いなぁ。今日はゲストもなく、本当に純粋な単独ライブということで(客側フロアには掟ポルシェが居てビックリしましたが(笑))、恒例のインディーズ時代発表曲なんかも含めて内容もたっぷり。七夕スペシャルとして、(3人の自己満足)カバーコーナーも。かしゆかの「はじめてのチュウ」でスタート(笑)。のっちは「POP STAR」、あ~ちゃんはセーラームーンの歌うたったり。Perfumeの歌は無機質な感じや可愛らしいのが多いので、あんな熱唱は初めて聴いた気が。正直そんな上手いわけではありませんですが、なんか新鮮で楽しかったです。そうそう、衣装の浴衣も可愛かった!っていうか、浴衣以外もライブ始終ずっと可愛かったけど。

ライブのタイトルが、「ひこぼし☆募集中」だったので、好きな男性のタイプの話なんかも出てドキドキ。3人とも大学生だですもんね~、こんな3人絶対ほっとかれないよな~。恋は仕方ないけど、モー娘。のような切な~いてん末にならないよう宜しくお願します!(笑)「彼氏募集中」は、当然七夕"ひこぼし募集中"バージョン。歌詞の中で自分たちの好きなタイプを告白。ちなみに、あ~ちゃんはメガネ、のっちは肌が白い、かしゆかは病的でミステリアスな男が好きだそうです。なんじゃそりゃ。ま、総じて知的でひ弱なインテリ系!?(汗)

あ、ちなみに、僕もおりひめ☆募集中です(笑)。

アンコールでは、期待の新曲「ポリリズム」をいち早く聴かせてくれました!まだレコーディングも終わってないらしく、まさに出来たてならぬ、出来る前ホヤホヤ。音楽的にはあまりポリリズムではない気もしますが!?Perfumeサウンドならではのキュンとくるサビがたまらないです!CMは1年続く(!)らしいので、少しでも売れるといいな。

11月にはワンランク上のLIQUID ROOMでも単独ライブが決定したそうです。また平日なので次は行けないかもしれないのですが、TV-CM、新曲でまたファンも増えていそうですし、期待したいです。

繰り返す このポリリズム
あのメッセージ まるで恋だね
繰り返す いつかみたいな
あの光景が蘇るよ
♪Perfume / ポリリズム

ポリリズム

Perfume
ひこぼし☆募集中
2007年7月5日(木) 代官山UNIT

01.チョコレイト・ディスコ
02.コンピュータードライビング
03.コンピューターシティ
04.リニアモーターガール
05.ファンデーション
06.Twinkle Snow Powdery Snow
07.ビタミンドロップ
08.モノクロームエフェクト
09.イミテーション・ワールド
10.パーフェクトスター・パーフェクトスタイル
11.リアルな乙女の恋心キラリ☆LOVEレボリューションin代官山 -
 はじめてのチュウ(あんしんパパ)/かしゆか
 ~POP STAR(平井堅)/のっち
 ~ムーンライト伝説(DALI)/あ~ちゃん
 ~Twinkle Star(HALCALI)/かしゆか
 ~ほうき星(ユンナ)/のっち
 ~明日もいつも通りに(aiko)/あ~ちゃん
 ~EVERYDAY AT THE BUS STOP(Tommy february6)
12.彼氏募集中
13.エレクトロ・ワールド
14.おいしいレシピ
15.ジェニーはご機嫌ななめ
16.Perfume
Encore -
17.ポリリズム
18.スウィートドーナッツ
19.wonder2

2007.07.01

「ダイ・ハード4.0」

1日で映画が1,000円ということもあって、「ダイ・ハード4.0」を観てきました。SF映画は大好きだけど、純粋なアクションはあまり観ないほうで、ダイ・ハードシリーズも劇場で観るのは初めて。実は当初はそれほど興味がなかったのですが、なかなか面白かった。っていうか、爽快でした(笑)。これは家の小さなテレビでは面白さ半減、劇場大スクリーン大音響向けという典型的な映画ですね。

今回のマクレーン刑事は、経験と年齢を重ねてより一層スーパーマン。これまでのシリーズ作品と比べると、嫌々ながら巻き込まれていく感じとか、ピンチ連続の可哀想感はあまりないので、その点はファンには賛否両論かもしれません。ただ、派手なアクション、有り得な~い!!というシーンの連続で、もう笑けてくるくらい(笑)。数十分で、観ているほうもハイテンションになってきます。トレーラーで飛ばす高速道路のシーンとか、凄かったです。銃撃や格闘シーン満載ですが、良くも悪くも映画然としたタッチなので、それほど暴力的には感じません。ホントTV-CMじゃないけど、マクレーン刑事と比べれば、魔法とかマスクとか相手じゃないくらいです(笑)。ストーリーとか置いておいて、これぞハリウッドな爽快な楽しさは存分に味わえる作品だと思います。

ストーリーとか細かい舞台設定とかはもうどうでもいいって映画だと思いますが、ただ、その中でも、アメリカの国家や社会の現状とか、英雄観を風刺するセリフもあって、自国、強いアメリカ万歳みたいな大作映画が多い中では、しっかり筋を通しているんじゃないかなぁと感じました。また、コンピュータ社会、情報化社会の脆さや怖さってのは、少し考えました。日本でも、「消えた年金」とか昨今問題となっていますが、あれはサイバーテロでもシステムダウンでもなくインプット時の人為的ミスではあるけれど、記録をコンピュータに依存していて、データが消えたり狂って大パニックという点では、少し通じる点があるなぁと。年金でこれなんだから、交通から証券市場、銀行、生活インフラなどで大規模障害が起きれば、映画のようなパニックも決して空想ではないでしょうね。それがテロなら尚更。マクレーン刑事やアクションは完璧なフィクションだけど、その舞台となる環境や社会は現実社会とそれほどかけ離れていないというのも良かった気がします。

発電所や高速道路、ヘリコプターやトレーラーをことごとく破壊しまくり、銃弾を何発か浴びても死ぬことはない。マクレーン刑事、恐るべし。こういう映画では、日本や韓国はいつまで経ってもアメリカには勝てない気がします。

http://movies.foxjapan.com/diehard4/

ダイ・ハード トリロジーBOX

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

無料ブログはココログ