contact

音楽

ゲーム

« 新宿の個室レストラン&カラオケ、aria blu TOKYOと王の宴 | トップページ | キュウリ味のコーラと、ハイチュウ・ドリンク »

2007.06.10

SPIN OFF from TMライブ、NHKホール

SPIN OFF from TMライブ、行ってきました。実は僕自身初のSPIN OFF鑑賞。

TM NETWORK以上に、TM NETWORK。
しかし、TMにあらず。

それが僕の印象。TM以上にTMというのは、往年のヒット曲、名曲の数々を原曲や当時のライブアレンジを大事に忠実に再現しているから。では、なんでなのに「TMにあらず」か。それはもちろんTMの核とも言うべき小室哲哉が存在しないというのが最大の理由。そして、彼がいないことによって、TM NETWORKのコンセプチュアルな部分やアグレッシヴだったり、アバンギャルドな部分がほとんど感じられないからだと思います。「GET WILD DECADE RUN」でも、Log-on to 21st Centuryでも、『NETWORK』でも、決して懐古主義に終始することはよしとしなかったのが小室哲哉。ファンも年齢を重ね、保守的になるというのもありますし、青春時代に愛した楽曲を当時のままにたっぷり聴きたいという要求は確実且つ強いと思います。おそらく大半のファンは、『NETWORK』のミディアムナンバー新曲や過去曲のトランス趣向のアレンジには付いていけない部分があった。ま、あれは作品としても決して傑作ではなかったと思いますが、でも、TMはこれまでもファンの「次はこう来るだろう」といった推測や期待を衝撃的なまでに裏切り、時に突き放し、でもその新鮮さやサプライズで再びファンを魅惑する、そういうことを繰り返してきたユニットではあったと思います。「Come On Let's Dance」でFANKSを提示したとき、『CAROL』でミュージカルだアニメだと言い出したとき、『RHYTHM RED』でTMNにリニューアルしハードロックに衣替えしたとき、僕らはどんなインパクトやパニックを感じたことか(笑)。この一連のSPIN OFFが決してTM NETWORKを名乗れない、名乗らないのは、小室哲哉がいないということ以上に、そういうTMの宿命とか、TMであり続けるための配慮なのかなと思います。

ま、堅苦しい理屈はその程度にして(この辺は語り出すとキリがない(苦笑))、純粋にライブとしてはなかなか楽しかったです。キーボードブースに小室哲哉ではなく浅倉大介が居て、やはり手弾きやアレンジ、音など細かい部分にどうしても浅倉色が感じられてしまうのは避けられないわけで、正直ライブ序盤は何とも言えない違和感に戸惑う感覚はありました。ただ、そのアレンジや演奏には浅倉大介のTMへの強い思い入れや愛、情熱がこもっていたし、現在においては小室哲哉以上に当時の小室を再現しているとも言え(笑)、まさにタイムマシンで過去へ連れて行かれたようで不思議でした。「Secret Rhythm」なんかもやっちゃって、涙ちょちょ切れそうになりました。これがもし小室さんだったら、僕は尚更たぶん失神してるかもなぁ・・・。いつかまた聴ける日は来るのかなぁ。

「GET WILD '89」や「Self Control」のボイスサンプリングのフレーズもバッチリ再現していたし、アレンジもよく研究してるなぁ~と敬服&圧巻。しかし、TM楽曲を久々にライブで聴いて、「Love Train」のギターパートとか「Self Control」のベル音とかそういう細かなセンスもやっぱ凄いなぁ好きだなぁ~と小室哲哉に改めて惚れ直しました。「Just One Victory」のカットインとか、「Be Together」や「Children of the New Century」のアレンジとか、いま聴いてもカッコ良さ新しさがあるし。これだけのオリジナリティを持ったグループは、やはりそれほど日本の音楽史には存在しないと言っていいのではないのでしょうか。

相変わらず、ウツ&キネのトークには爆笑(ちょっと喋り過ぎですけど(笑)ま、これも"TM"ではないから出来ることなのかな)。フォーク調の「Be Together」とか勘弁してください(笑)。あ、ただ、べーやんの「ネギがキライ」はちょっと引きました。さすがにやり過ぎ感がありましたね~・・・(いや曲自体は知ってたし面白いと思うんですけどね、なんて言うかべーやん自身も言っていたけどタイミング的に・・・)。

この日は千秋楽ということもあって貴水博之も登場し浅倉大介はaccessとして2曲を披露。大ちゃんファンは大喜びでした。しかしこちらも変わらず音圧かけ過ぎハイトーン路線を堅持してますね~(笑)。確かデビュー当初の活動はわずか2年ちょいとかで休止したと思うのですが、accessもなんだかんだで15周年とのこと。カーッaccessが15周年かい!と年月が経つ早さを改めて実感させられた次第。

木根さんのソロ曲はとても良い楽曲でしたね。最新アルバム『道』に収録されているとか。これは買わねば。前奏とAメロが「Pure Snow」に酷似だったことは、そっと胸にしまっておきます。それを差し引いても、間奏のラララの展開とか鳥肌立って、好きです。木根さんのソロも、アルバム買ったりライブ行こう行こうとは常日頃思ってるんですけどね~。是非近々実行します・・・。

この日一番嬉しかったし、感動して正直泣きそうになった曲は、「Time Passed Me By」です。リリース当時からホントに大好きな曲で、いつ聴いてもいま聴いても幼い恋心とかいろんなものを想起させられて感情をグワーッと揺さぶられます。楽曲自体は、すごい甘く優しいんですけどね。TMの楽曲、キネバラのなかでも、特に好きな曲の一つですね。確かTMN終了ライブのときも歌ってくれて、泣いた覚えがありますです。

で、

11月にパシフィコ横浜のイベント(楽器フェア?)で、TM NETWORKがパフォーマンスを行うことが決定したそうです。

嬉しい!楽しみ!・・・なのですが、えっ11月?イベント出演?というのがちょっと気になるところ。夏にも活動再開という話は・・・?秋までおあずけ!?本格的な再始動ではないの!?まだ詳しい部分が見えないので何とも言い難いところが。メンバー3人の公式サイトなどで発表していくそうなので、辛抱強く待つしかないかな。

ジャニーズばりにネオンスティックだらけなのも、TMとしては違和感ありましたね(汗)。ウツのソロとかもそうだけど、なんか女性ファンが歳とって応援が昔よりもジャニーズっぽくなっているのはなんでなんでしょう・・・!?あ、あと、終演後、客電付いても鳴り止まないアンコールは感動的でした。だのに、スタッフの方々、対応できないのは分かるけど、BGMやアナウンスのボリューム上げて退場を急かす感じはちょっとイヤな感じでした。と一応書いておいたりする。

tribute LIVE III
SPIN OFF from TM 2007 TOUR FINAL
2007年6月8日(金) NHKホール

01.CHILDHOOD'S END~TAKE IT TO THE LUCKY
02.Dragon the Festival
03.PRESENCE
04..Come Back to Asia
05.君がいる朝
06.君への道 (木根尚登)
07.DRASTIC MERMAID (access)
08.瞳ノ翼 (access)
09.GET ON YOUR EXPRESS (宇都宮隆)
10.Time Passed Me By
11.ネギがキライ (阿部薫)
12.SOLO~ギタリストを撃つな!~ (葛城哲哉)
13.We Love The Earth
14.Secret Rhythm
15.COME ON EVERYBODY
16.Love Train
18.Get Wild
19.Be Together
20.Self Control
Encore -
21.JUST ONE VICTORY
22.Children of the New Century

SPIN OFF from TM 2007 TOUR FINAL

from “SPIN OFF” 2005 to 2007

« 新宿の個室レストラン&カラオケ、aria blu TOKYOと王の宴 | トップページ | キュウリ味のコーラと、ハイチュウ・ドリンク »

音楽」カテゴリの記事

コメント

「GET WILD '89」や「Self Control」かぁぁ。
聴いてみたいなぁ(#^.^#)
忠実に再現したライブっていうのはかなり気になります。
accessが15周年かぁ~すげー。なんか歳とったなぁ~って再度実感…。
しかし、小室っちがいないSecret Rhythmも聴いてみたい(笑)

はじめまして。
TBありがとうございました。

>ジャニーズばりにネオンスティックだらけなのも、TMとしては違和感ありましたね(汗)。

ホントホント、これは本当に違和感。
昔はこういうの持ってこないでねって言ってたのに。

トリビュートはやっぱりトリビュート。
これに行くと、早く本物が見たくなります。
11月が楽しみですね。

>Lcarsさん
RHYTHM REDツアーの時は、大ちゃん、シンセベースだったから(笑)、やりたかったんだろうな~「Secret Rhythm」のメインキーボード。

「Children of the New Century」では木根さんがベース弾いたりもしたんだよ~。


>takaponさん
はじめまして。コメントありがとうございます。
ネオンは、木根さんも毎回ネタにしているみたいだから、本人たちも違和感というかこれまでにない感じだったんでしょうね。トリビュートならではですね~。

11月やるならカッコよく決めて欲しいな。「ラフ&ピース」とかAAAみたいな軽いイベント復活でないことを祈りたいです。っていうか、どうなったTM Junior・・・(^^;;

>「Children of the New Century」では木根さんがベース弾いたりもしたんだよ~。

これこれ、絶対聴きたい!
この曲好きだから余計に聴きたいの。

あ、そういえば何年か前にトリビュート見にいったんだった(笑)福岡で。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4825/15375997

この記事へのトラックバック一覧です: SPIN OFF from TMライブ、NHKホール:

» SPIN OFF from TM 2007 -tribute LIVE Ⅲ-ファイナル@NHKホール [|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο]
小室哲哉抜きのTM NETWORK(爆)『SPIN OFF from TM 2007 -tribute LIVE Ⅲ-』もついにファイナルてっちゃんからの花は、前回(ココ)と同じか?(爆)セットリストはあんまり変わってないし、曲については前回(ココ)触れたからいいかぁwなんか貴水博之が出て来て、access...... [続きを読む]

» SPIN OFF ファイナル! [のんびりいきましょ。]
トリビュートファイナル公演に行ってきました〜。 前日も行った友達から「11月にTMだってー!」という連絡があり、 普段よりテンション高めで参戦したNHKホール。 今回もまた例のライトがキラキラしてましたねえ。{/face_acha/} (木根さんは「タッキーのコンサートみたい」と称していたっけ) 青いライトだけ全部回収してライオンズの応援に使いたいくらいだよ。 構成はほとんど変わりなく。 「Chase In Labyrinth」が「COME ON EVERY BODY」に変わったくらいかな。 こ... [続きを読む]

» SPIN OFF from TM 2007-tribute LIVE III- 千秋楽@NHKホール [GREEN DAYS 〜緑の日々〜]
SPIN OFF from TM 2007-tribute LIVE III-も本日ツアーファイナル。 ツアーファイナルらしく、ひときわ盛り上がりました。 ライブDVD用のカメラも入ってましたので、参加されなかった方はDVDでその盛り上がりはお楽しみ下さい。 ぐだぐだトークもTMネタ(歌ってない曲シ...... [続きを読む]

« 新宿の個室レストラン&カラオケ、aria blu TOKYOと王の宴 | トップページ | キュウリ味のコーラと、ハイチュウ・ドリンク »

無料ブログはココログ