contact

音楽

ゲーム

« なぜに京都? | トップページ | アリオ亀有で、映画と両さん »

2007.06.03

「大日本人」

松本人志監督の映画「大日本人」、観て来ました。
一言で言うと予想通りの内容、出来かなという感じです。イイ意味でも、悪い意味でも。

松ちゃんらしい間とグダグダ感、哀愁漂う主人公、シュールな「獣」というモンスターたち。ごっつでやっていたゴレンジャイとか、正義の味方、トカゲのおっさんといったコントを彷彿とさせる設定やシチュエーションが満載で、松っちゃんファン、ダウンタウンファンはいろいろニヤリとさせられるのではないでしょうか。

著書や日頃のトークなどでも垣間見せている、世間や世相への松っちゃんの考えや皮肉、批判も随所に散りばめられています。政治、環境、人権、家系や世襲、家族や家庭、・・・。もちろん、基本はコメディなので、真正面から真面目に訴えるというわけではありませんが、そこはかとなく監督の思想が感じ取れる描き方ではあります。

で、映画としてどうだったかというと、正直、ダメだと思います・・・(苦笑)。コントや短編だったら持つあの独特の間も中盤以降は少々冗長気味、終盤前まで続くドキュメンタリ風の演出も単調でだんだん鬱陶しくなってきます。また、台詞や演出は、即興も多かったらしく、若干のチグハグ感があります。それでいて、最後までそれで通すかと思うと、オチは急にいかにも日本のテレビのお笑い的な感じですし。メディアの視聴率至上主義やヤラセとか、日本とアメリカの関係への皮肉とかいろいろな意味を込めているのは分かったのですが、笑いが急にあまりにテレビコント的ですし、ちょっと違和感を感じてしまいました。ま、どれも「らしい」っちゃらしいですし、監督としては最後に意図的に崩したつもりなのかもしれませんけど・・・。脚本は実質、共作の高須光聖の影響が強いと思うので、その辺もチグハグ感やテレビ的になる要因ではあるかもしれませんね。

その終盤の展開もそうですが、先述のいろいろなテーマが込められているということも、そうすることによって演出やメインストーリーの単調さをカバーする意図だとは思いますが、ちょっと詰め込み過ぎて煩雑になった印象。逆に分かり難くつまらなくしてしまったかも。もっと世襲ヒーローの哀愁なら哀愁に絞ってもよかったんじゃないかなぁと感じました。

テーマや一つ一つのアイデアは天才的だし大好きなんですが、いっそ短編やコントで見てみたかったくらい。例えばコントのミラクルエースとかのようなキレは残念ながらいまいち感じられなかったです。数分から30分程度のコントや短編と、2時間の長編の壁は意外に大きかったかなと。

松っちゃんは、感性の人だし、広く深い「お笑い」を体現できる数少ない人。ただ、普通の映画監督っぽいインテリジェンスとかアーティスト性というのは個人的にはこれまでも正直あまり感じてませんでした。初監督作品を観て、ちょっとやっぱりな思うところもあり。松っちゃんは映画を「壊す」と話していましたが、まだ映画の枠を抜け出しきれなかった印象。その抜け出しそうで抜け出せない感じが、全体のいまいち感の原因かなという気も。ただ、今回でだいぶ勉強になったでしょうし、次回作があるのなら、まだ期待できる余地はあるのかなとも思いますが、果たして。単館上映の短編とかの方が面白いのが出来そうですけどね。北野武がフォローしていたようにこれからだと思うし、吉本にヘンに使われて潰されないことを祈りたいです。

シネマ坊主で「大日本人」を評したら星いくつになるんでしょうか!?(笑)しかし、これをフランスで上映したってのは、よく考えると凄いなぁ。日本人でも好み分かれるし、分かる人にしか分からないような微妙な笑いが多いのに・・・。フランス人はいったいどこで笑ったんでしょう!?気になります。

「大日本人」鑑賞記念に貰ったポストカード

« なぜに京都? | トップページ | アリオ亀有で、映画と両さん »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4825/15302090

この記事へのトラックバック一覧です: 「大日本人」:

« なぜに京都? | トップページ | アリオ亀有で、映画と両さん »

無料ブログはココログ