contact

音楽

ゲーム

« 刑事に聞き込まれ | トップページ | なぜに京都? »

2007.05.28

2つの衝撃的な死

今日は2つの衝撃的な死を報道で知りました。

一つは松岡利勝農水大臣の自殺。現職大臣の自殺。以前このブログでも批判的に書いたように、厚顔無恥という印象でしたが、緑資源機構の談合問題で三度疑惑が取り沙汰され万事休すといったところか、残念にも自殺という選択がなされてしまいました。安倍首相の擁護がむしろ彼を追い詰めたのではと評しているメディアがありましたが、なるほど、もっと早い時期に辞任でもしていれば事態は変わっていたのかもしれません。

命を絶つほどの決意があるのなら、他に道があったのではないか。生きて真実を語り生きて責任を取るべきだったと思います。支持者に対しても、疑惑を持っている国民に対しても双方においてそうするべきでした。何かを独り抱え込んで墓まで持っていかなければならなかったのでしょうか・・・。

昨今の年金問題でも、あれは、政府、与党側はもちろんですが、衆議院厚生労働委員会での野党側の対応、乱闘など茶番ぶりにも反吐が出る思いがしました。馴れ合いで意味のない国民へのポーズにしか見えません。私は反自民的な人間ですが、野党にもほとほと失望させられます・・・。

もう一つはZARDの坂井泉水さんの死。メディア露出が少なかったアーティストだけにガンで闘病中の事故死というのは衝撃度も大きかったです。これだけ頑なにアーティストイメージを守りぬいた人も少ないかと。当初は同じような戦略だった大黒真季なんて、昨今はテレビに出まくってますしね。最近はZARDも稀にライブなどを行っていたようですが、僕なんかにはどこか現実には存在しないかのようなイメージさえありました。だから死んだと言われてもちょっとピンとこない感覚も。ライブに足を運ぶようなファンはともかく、一般的にはそういう人意外と多いのではないでしょうか。

「揺れる想い」はCMで聴いて気に入って、よく聴きました。個人的には大ファンというわけではなかったですが、織田哲郎の美しいメロディに、坂井のストレートな歌詞のハーモニーには、爽やかで清々しい気持ちにさせられたものです。90年代はビーイング系なんて言われて一斉を風靡しましたよね。ご冥福をお祈りします。

ちなみに、お二人とも亡くなった(死亡が確認された)のは、東京新宿の慶応大病院だとか。悲しい偶然。人の生き死にを、改めていろいろ考えさせられる一日でした。

« 刑事に聞き込まれ | トップページ | なぜに京都? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4825/15237460

この記事へのトラックバック一覧です: 2つの衝撃的な死:

« 刑事に聞き込まれ | トップページ | なぜに京都? »

無料ブログはココログ