contact

音楽

ゲーム

« Perfume、原宿アストロホールライブ | トップページ | 「ホテル・ルワンダ」 »

2006.12.24

Xbox360期待作「ブルードラゴン」

ブルードラゴン」、本体同梱で購入し遊んでます。

豪華スタッフですが、それだけに「FF」「ドラクエ」など既存作テイストを抜け出せないのではないかといった不安があったのも事実。プレイ序盤も正直、グラフィックの美麗さは実感できたものの、「ん?良質だけど普通のRPG!?」ってな感想を一時持ちました。

・・・しかし、ゲームが進むに連れて認識は一新!サークルの範囲内の敵に同時に戦闘を仕掛けることができて、相性の悪い敵同士だと勝手に仲間割れを始めるMonster's Fightとなったり、フィールドのあちこちを「調べる」ことができたり。安心感ある定番のRPGの形は踏襲しながらも、程好く新しい要素が織り込まれ丁寧に作られている印象。

スキルの付け替えで、ある程度の自由度で幅を持って出来るキャラ育成。魔法などは良くある感じではあるのですが、この作品の特徴の一つでもある「影」の存在が、マンネリを感じさせないエッセンスとして活きています。ま、「FF」の召喚獣のような大技が加わるわけではないので、影である必要性に説得力があるかどうかは微妙なところがありますが。まだDISC1枚目中盤。ストーリーが進むと、もっと影らしい成長、活躍も見られるのかな!?

ストーリーは、FFほど難しくなく分り易い。純粋に冒険心を駆り立てられます。キャラクターは、鳥山明らしさ全開。キャラにもその他でもやたらウンチが出て来ますし(苦笑)、誰かさんを想起させるガスマスクを付けたオッサンも出てきたり。ドラクエなど以上に、鳥山ワールド全開です。音楽は、なかなか良いのは良いのですが、戦闘勝利の時やシープの村の音楽など、良くも悪くもFFっぽ過ぎる楽曲も。ま、鳥山明や植松伸夫のファンの方がたくさん買うでしょうし、期待にそのまま応えるという意味ではこれでよいのかなという気はしますが。

・・・といろいろ書きましたが、DVD3枚組の超大作。中盤以降はストーリーも大きく展開していくようですし、何はともあれじっくり楽しめそうです。次世代機になって大作RPGとなるとコストがかかり過ぎることもあり、人気作以外のオリジナル作品などが出辛い昨今の業界ですが、そういった意味では貴重な1作なんじゃないかなと思います。しかもXbox360でですしね!!

初週約9万本を売上げ、Xbox360本体も約4万台と今年最大の台数が売れたらしいです。WiiやPS3と比べれば地味な成果かもしれませんが、苦戦していたXbox360だけにこの数字は立派。いかにライトユーザを取り込んだかが分かります。坂口博信率いるミストウォーカーは、来年も「ロスト・オデッセイ」というRPGを控えていますし、Xbox360をどれだけ牽引できるか引き続き注目です。

ブルードラゴン

Xbox360コアシステム ブルードラゴン・プレミアムパック

« Perfume、原宿アストロホールライブ | トップページ | 「ホテル・ルワンダ」 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4825/13177515

この記事へのトラックバック一覧です: Xbox360期待作「ブルードラゴン」:

« Perfume、原宿アストロホールライブ | トップページ | 「ホテル・ルワンダ」 »

無料ブログはココログ