contact

音楽

ゲーム

« 台場一丁目商店街 | トップページ | 超個人的2006ゲーム総括 »

2006.12.31

超個人的2006音楽総括

2006年の音楽鑑賞を振り返ります。

まず今年インパクトを与えた3曲から。

1. グライダー / capsule (Album『L.D.K.』)
2. エレクトロ・ワールド / Perfume (Single)
3. This Love / アンジェラ・アキ (Single)

この3曲に尽きます。初めて聴いたときに鳥肌が立つというか、自分のツボにピッタリハマるというか久々にそういう3曲でした。2曲は、中田ヤスタカです。「グライダー」は、ポップなんですけどなんかとても胸が切なくなってもうたまりません。「エレクトロ・ワールド」もそう。映像とかストーリーがパーッと頭の中に広がる感じも好きです。僕はこの2曲で余裕で泣けますよ(笑)。

「This Love」も同じく初めて出会ったときは"来たー!"って感じでした。デビュー曲の「HOME」からずっと気になっていたアーティストではあったのですが、この曲で完全にファンになりました。サビとかブリッジの展開は、もう感情をグワーッと持ってかれます。詞は決して饒舌ではないと思うのですが、ここまで心に訴えかけてくるのはやはり彼女の魂と実力の成せる技かなと。

今年は楽曲別は、この3曲に留めました。もちろん今年も他にもいっぱい好きな楽曲はあるのですが、TRFの復活も良曲揃いですし、YUKIの「メランコリニスタ」なんかもよく聴きました。でも、この3曲3アーティストは格別という感じなので、あえて絞ってまとめました。

・・・で、capsule、Perfume、アンジェラ含めて、今年はアルバム単位で聴き込んだ気がします。というわけで、アルバムは10枚ピックアップ。

1. L.D.K. ~Lounge Designers Killer~ / capsule
2. Home / アンジェラ・アキ
3. Perfume ~Complete Best~ / Perfume
4. new deal / globe
5. Chorion / ルルティア
6. Confessions On A Dance Floor / MADONNA
7. COLTEMONIKHA / COLTEMONIKHA
8. TKプロジェクト「ガチコラ」
9. Lif-e-Motions / TRF
10. Mirrors / フルカワミキ

こんな感じでしょうか。やはり上位はこの3組です。正直アルバム丸ごとどの曲も好きですね。アンジェラは「HOME」も良いですし、Perfumeも「コンピュータ・シティ」は「エレクトロ・ワールド」に匹敵するほど衝撃的だったので。来年早々、両者ともニューシングルやらDVDが決定してますし、capsuleも何やらリリースするようなので目が離せそうにないです。

globe『new deal』はミニアルバムながらなかなかの佳作でした。春にリリースされた『maniac』が正直少々消化不良な感があったのですが、見事に挽回してくれました。ラテンの要素を取り入れたり、まさに小室さんらしいカテゴリミクスチャ魂健在。

ルルティアはインディーズ初のアルバムで、もちろん素晴らしかったのですが先行シングル曲が多いこともあって、インパクト的にはこのくらいだったかなと。でもラフなヴォーカルやオルタナ色を強めたアレンジ、「ABINTRA」のスピーディな節回しのメロディなど、これまで以上のチャレンジが垣間見えるのも確か。変わらず来年も期待しています。

マドンナは東京ドームライブ前後に聴きまくり。COLTEMONIKHAは中田ヤスタカの別ユニット。「そらとぶひかり」は可愛くて名曲です。「ガチコラ」も意外によく聴きました。最初はそれほど期待していなかった作品なのですが、シュールで笑える曲あり、J.K.の「晴れる道」などはオリコンベスト20に入っただけあってコメディソングであって上質な励まし系ポップソングでもあったりして。小室さんの新境地を見た感じです。TRFは7年ぶりのオリジナルアルバムでした。「Where to begin」はTRF復活!って感じで、これまた聴くと血湧き肉踊る楽曲ですね。10番目のフルカワミキは、決して名作という出来ではないのですが、微妙な力具合の楽曲の数々に(笑)ローテーションで聴いているとじわじわハマる感じです。なかでも先行シングルとなった「Coffee & SingingGirl!!!」はポップでグループ時代には聴かれなかった彼女の魅力が味わえてとても好きです。

期待していたYUKIの『WAVE』や中島美嘉の活動は、個人的にはいまいちだったかな・・・。YUKIは子育て休暇中なので静かに見守るしかないですね。中島美嘉はJazzyな楽曲やゴスペルに挑戦したもののチャートの反応は今ひとつ。NANAとしてのヒットのほうが目立ったのは皮肉なところ。ロックを中島美嘉にも取り込むか、あるいは原点回帰で良いバラードをヒットさせるか来年も勝負が続きそうですね・・・。

恒例のゲーム版は、来年アップになるかな。
何はともあれあっという間の1年でした。
まだ何かブログに上げるかもしれませんが、とりあえず・・・
よいお年を!

« 台場一丁目商店街 | トップページ | 超個人的2006ゲーム総括 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4825/13280401

この記事へのトラックバック一覧です: 超個人的2006音楽総括:

« 台場一丁目商店街 | トップページ | 超個人的2006ゲーム総括 »

無料ブログはココログ