contact

音楽

ゲーム

« THE AURIS (SUPER) BAND、U_WAVE | トップページ | 浦和、悲願のリーグ優勝に向けて »

2006.11.04

宇都宮隆 U_WAVE、Zepp Tokyoライブ

U_WAVEのライブを観に、Zepp Tokyoへ行って来ました。宇都宮隆のライブは、TM NETWORKを除くと、'95年(!)のBOYO-BOZO以来かな!?ちょっと記憶が定かではないのですが。とにかく超久々。そろそろ小室さん以外のメンバーのライブにも行きたくなってきてたところ、豪華メンバー集結のU_WAVEのライブがあると聞いて、これは観ておかなければ!って感じですね。

U_WAVEの特徴である森雪之丞のポエムリーディングを合間合間にフィーチャーした構成。ステージに幕を降ろしスクリーンにしてワードを映したり、ウツをはじめバンドメンバー全員で掛け合いでリーディングしたり。ちょっとした演劇調の演出も。

「Rag Doll」の前には、ヴォーカル&パフォーマンスの日永沙絵子、ドラムの小林香織、女性陣によるコント風寸劇も。「宇都宮さん、40代で独身。ギリギリだけど」に笑ってしまいました(笑)。しかしTMでのブレイクが既に30代で少し遅めだったってのもありますが、来年で50って信じられないですよね。ウツの声の印象も相変わらず澄んでるし。っていうか、歌い方を若干変えたからというのもあるかもしれませんが、TMN終了後辺りから現在まで益々若返ってる気がするのは僕だけでしょうか!?音程とか声量とかで言えばもっと優れたヴォーカリストはいると思いますが、ウツの声質はやっぱ素晴らしいなと。昔はそれほど意識しませんでしたが、最近それは改めて感じます。

先日、アルバムの感想で、もっと野村義男のギターをといった主旨のことを書きましたが、その点、ライブでは完全補完と言うか、かなり音も演出も前に出していてバッチリでした。それとドラムの小林香織が期待以上にカッコよかった!女性とは思えないほどパワフルと言ったら偏見になってしまうかもしれませんが、それくらいパワフルで、かつ上手い。昔の葛G、山田亘も痺れましたが、よっちゃん、小林香織も強烈なインパクトとして僕の中には残りました。

U_WAVE、ソロ、T.UTU with The Bandと新旧バランスの良い選曲で、長期ブランク組の僕でも充分楽しめました。「Lap Trap」とかライブで聴けて凄く嬉しかったです。各曲、「Happy Go Round」とか、日永さんのパフォーマンスに合わせて一斉に観客が振り付けを真似るのには圧巻。みんなビックリするほど合っていて、熱心なファン、常連のお客さんが多いんだなってことを体感しました。ちょっと宗教かアイドルかってほどで、久々の僕はちょっと引いちゃいましたけど・・・。やはり客層は圧倒的に女性が多かった印象です。TMのセックスシンボル健在。ウツ独特の手振り、ステップも変わらず、「あ~、ウツだわ~」と意味不明な感動を覚えたりして。

ポエムリーディングをフィーチャーしていることもあって、MCは少な目。というかメンバー紹介以外、ほとんど喋らなかったと思います。その代わり、よっちゃんがギター背面にメッセージを書いてそれを観客に見せて笑わせたりはしてましたけど(笑)。ポエムの演出は画期的だし、いろいろ深く考えさせられる部分もあって面白かったですが、純粋に音楽ライブとしてはテンポが崩れますし、やはり人によっては受け付けなかったりしっくりこない人も少なくないみたい。隣の女性なんて、歌のときはノリノリなんだけど、雪之丞大先生の朗読が始まると一転ふてくされて「何が言いたいのか分からないし、気持ち悪い」とまで仰ってました(汗)。ウツのチャレンジ精神はTMメンバーのDNAとも言うべきで、僕は大いに買いますけど・・・ね。

アンコール最後の曲は、「RUNNING to HORIZON」。小室哲哉作曲のあの曲です。会場入口に小室氏からの花が飾ってありました。先日インタビューでTM活動再開を問われた小室氏は「ウツも今はU_WAVEを頑張ってるから」と言ってましたしね。好きだなぁ、TMの人間関係。このラスト選曲をもって、「次はTM?」なんて期待もチラホラあるようですが、果たして。

そうそう、曲発表方法として配信を主軸に置いてきたU_WAVEですが、配信元のoricon styleが音楽配信から撤退してしまうということで、今後はどのような展開となるのかも注目されます。まだU_WAVE自体は続きそうな雰囲気なんですけど、メンバーも忙しい人が多いですしどうなんでしょうか。ちなみにoricon styleの配信は11月いっぱいまで。未CD化の楽曲も多数ありますので、興味のある方は是非お早めに。

宇都宮隆
CONCERT TOUR 2006 U_WAVE "SECOND THEME"
2006年11月3日(祝・金) Zepp Tokyo

01. Theme of U_wave
02. Lap Trap
03. Daydream Tripper
04. Bye & Good Luck
05. Happy Go Round
06. Story to History
07. IDDD
08. Innocent Cloud
09. Love & Peace & Doubt
10. Rag Doll
11. In This World
12. Smoky Woman
13. STRANGE GUITAR
14. Dance Dance Dance
15. Stand up! Get up!
16. 悠久の風

Encore -
17. ???
18. RUNNING to HORIZON
※誤りあるかも。一部曖昧です・・・。

http://www.oricondd.com/special/utunomiya/

U_WAVE

« THE AURIS (SUPER) BAND、U_WAVE | トップページ | 浦和、悲願のリーグ優勝に向けて »

音楽」カテゴリの記事

コメント

行ってきたんですね~~(´∀`*)ニカー
やっぱりUTSUの声っていいよねvvv
またトリビュートやってくれないかな~~(* ^ ^ *)

行ってきましたよ~(^^)
トリビュートかぁ、本物のTMじゃなくて!?(笑)
浅倉大ちゃんがいるからかな?( ̄ー+ ̄)

昨年globe、今年U_WAVE、あとは・・・木根さんだなぁ(苦笑)。

僕もU_WAVEのツアー見に行ってきました~
横浜ブリッツの方でしたが、ソロ時代の曲も
含めて完成されたライブだなって思いましたね。

ポエムの力ってすごいなと思うようなってから
自分でも作詞というかフレーズを書いていますが
なかなかできないですね。

>わんちゃんさん
お久しぶりです。書き込みありがとうございます!

U_WAVE、行かれたんですね!!短いフレーズでいかに、思いや考え、あるいはストーリーを伝えるか。詞って奥深いですよね。森雪乃丞的な作風というのは、いまの若者からみれば、ひょっとすると前時代的なのかもしれませんが、最近は口語的でストレートな表現が台頭しているなか、ちょっと気恥ずかしいくらいのポエム然とした詞、歌詞というのを見直すのも、またいいのかなという気がしてます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4825/12549009

この記事へのトラックバック一覧です: 宇都宮隆 U_WAVE、Zepp Tokyoライブ:

« THE AURIS (SUPER) BAND、U_WAVE | トップページ | 浦和、悲願のリーグ優勝に向けて »

無料ブログはココログ