contact

音楽

ゲーム

« リュック・ベッソン、監督引退を表明 | トップページ | 東京ゲームショウ2006 »

2006.09.23

マドンナ、東京ドーム公演

行って来ました!マドンナ、13年ぶりの来日公演となる東京ドーム公演最終日。5月から北米、欧州各地を周ったワールドツアー・Confessions Tourの千秋楽です。

開演前
▲開演前。

平日夜なので、仕事を早々に切り上げて水道橋へ。席は1階席だったのですが、ほどよいポジション。アリーナで下手に後ろの席になってしまうよりは良かったかも。売り子からジュースを買って、逸る気分を抑えて席に着く。しかし!待てども待てどもライブは開演しない・・・。その間、後ろのバカップルの女の方は「マドンナって~、あゆが尊敬してるんだよぉ~。だから~たぶんすごい人なんだよぉ~」とか浜崎あゆみの話ばかりしてるのが耳に入ってきて、はっ倒そうかと拳が震えるのを堪えるのに必死でした。

19時開演予定が、19時30分になり、20時になり・・・。ただ、20時前後になると、会場がザワザワしたり時には歓声が。何故かと言えば、アリーナ客席に芸能人、有名人が続々現れ始めたから。目立っていたのはSAMらTRFの面々と叶姉妹(苦笑)。叶姉妹は凄いグラサン(?)とドレスで相変わらずでした(汗)。

そんなこんなで開演、「Future Lovers」にのって巨大ミラーボールの中からマドンナが登場したのは、20時30分頃。渡辺正行の待たせたな!ばりです。最初こそこんなに待たせて外タレ調子のるのも大概にしろよなぁ~プンプン的な空気もありましたが、いきなり乗馬服で鞭を持って口枷を着けた奴隷っぽい男性を玩ぶパフォーマンスで始まって数分もすればそんなことはどこか飛んでいってしまう勢い。たちまち会場は興奮の坩堝。

もうその後は終演まで音楽とエンタテインメントの博覧会の如く、華やかなステージが繰り広げられます。

世界中で波紋を呼んだ十字架磔のパフォーマンスは、「Live to tell」。背後やステージ左右に設けられたスクリーンには、アフリカの子供たちの映像。貧困やエイズの問題を訴えかけます。宗教問題に結びつけたり、好奇心のみの報道が多かったこのパフォーマンスですが、ライブを観たらそのメッセージに感動。マドンナに対して冒涜だのなんだのとしょうもない抗議運動とかしている暇があったら、キリスト教の指導者や信者もマラウイでも行ったらどうですかね。彼らの言葉よりマドンナのメッセージそして行動の方がよっぽど説得力があるような気がします。

十字架磔パフォーマンス
▲かろうじてスクリーンに映っている十字架が分かるかな・・・!?

その次に演奏された「Forbidden Love」も、ニュース映像を交え平和を訴えかけるメッセージ色の強いパフォーマンス。イスラム教国家を想起させる三日月と星のマークを胸に描いた男性と、キリスト教を想起させる五芒星を胸に描いた男性が抱き合ったり、絡まってはほどかれる両者の腕をマドンナが間に入って組ませたり。まさに現代の世界情勢を暗示した演出。音楽に何が出来るか、考えさせられる一時でした。これがConfessions(告白、告解)の意味なのかなとか。

その他にも、♪イムニナロ~の生「Isaac」オジサン(ホントの名前分からん(汗))が登場したり、「I Love New York」ではマドンナ自身ギターを弾いてディストーションギターぐうぃんぐうぃんの大ロック大会に変貌したり、とにかく観客を飽きさせない充実したステージング。アコギも弾いてたし、マドンナのギター姿ってのはあまり印象になかったので新鮮でした。最近のステージではよくあるのかなぁ!?何せ13年ぶりの来日公演なんでよく知らないのですが(苦笑)。

終盤は、ラスト"Dancing Queen"のケープを纏い、レオタードで踊りまくる「Hung Up」まで、ドーム全体がアルバムタイトルそのままのダンスフロア状態。「Hung Up」のあのイントロがエフェクトの奥から流れてくるだけでアドレナリンが・・・。最高。♪Time goes by So Sorry~の合唱です。ギャルの皆さん方はタイムゴーズバイ・ダンス(仮称)でアゲアゲでした。10代から白髪の混じったお客さんまで幅広い層が訪れていましたし、文句なしのダンシング・クイーン。

48にしてあのセクシーさ、そして2時間弱動き回って歌うパワフルさは、はっきり言って驚異。セックスシンボル健在。いや既にセックスに留まらないヒューマンシンボルかも。英語のMCは半分くらいは何言ってるか分からなかったけど、「私のツアー最後を、この美しい街、美しい国で迎えられて嬉しい」とか言ってましたね。あと、May I pussy?とかなんとか(笑)。終演は22時過ぎ。帰宅は深夜になりました。でも許す!だって13年ぶりですもん。次は1年ぶりで是非!

ラスト、中央スクリーンに残されたメッセージは、「Have you confessed?」(あなたは告白しましたか?)でした。

http://www.confessionstour.com/

MADONNA
Confessions Tour
2006年9月21日(木) 東京ドーム

01. Future Lovers
02. Get Together
03. Like A Virgin
04. Jump
05. Live To Tell
06. Forbidden Love
07. Isaac
08. Sorry
09. Like It Or Not
10. I Love New York
11. Ray Of Light
12. Let It Will Be
13. Drowned World
14. Paradise (Not For Me)
15. Music (Disco Inferno Mix)
16. La Isla Bonita
17. Erotica
18. Lucky Star
19. Hung Up

Confessions On A Dance Floor

« リュック・ベッソン、監督引退を表明 | トップページ | 東京ゲームショウ2006 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4825/12000417

この記事へのトラックバック一覧です: マドンナ、東京ドーム公演:

« リュック・ベッソン、監督引退を表明 | トップページ | 東京ゲームショウ2006 »

無料ブログはココログ