contact

音楽

ゲーム

« 液晶テレビ買った、「ピーナッツ」観た | トップページ | プテュマヨとcontemode »

2006.09.02

globe『new deal』、TKプロジェクト『ガチコラ』

globeの『new deal』は、ミニアルバムながら昨年の『globe2 pop/rock』に匹敵する程の快作。ラテン調のエッセンスやロックのエッセンスを取り入れ、globe流に唯一無二の音楽に昇華させています。タイトル曲「NEW DEAL」の軽快なピアノのバッキングとブラストーンが気持ち良過ぎ!「Hey Say Hey Yeah!!」もギターサウンドがカッコよくて変調のある曲構成も飽きさせません。ポップな「FACES PLACES」!?前作の『maniac』はちょっとマイナーな作品でしたが、今回は万人にオススメの1枚です。decadeツアー以来、レコーディングに専念している彼らですが、良い新曲が増えてきたのでそろそろ新曲満載のライブが観たいなぁ・・・。

new deal

小室哲哉、吉本興業所属以来最大の芸人コラボプロジェクト『ガチコラ』。芸人の歌なんて・・・と最初はそれほど興味も湧かなかったのですが、CDやDVDを買ってみたら、これがなかなか面白かった。僕の印象では小室氏は"おふざけ"な曲は決してあまり得意ではなく、芸人や素人向けのプロジェクトでもつい真面目に作り過ぎてしまうきらいがあったのですが、今回は力の入れどころ抜きどころが結構良い感じ。先述のglobeのゴリゴリのサウンドなんかと比べると、片や軽いプリセットな音選びだったりアレンジだったり、ぶっちゃけ瞬間的には「手抜いてるの!?」と感じてしまうような楽曲もあります。しかし!よ~く聴いてみると丁寧に考えてレコーディングされていることが分かります。ソフトな音色選びやシンプルなリズム構成は、ガチコラ当初のマーケットである着うたのレートや出力を意識しての結果。HDサウンドから着うたまでTKのプラットフォームごとの最適な音質へのこだわりが伺えます。

歌謡曲調ありケロロ軍曹主題歌あり(笑)、今回は無理にロックだトランスだと走り過ぎず、まさに「ホタテのロックンロール」や「Rockin' on the 月光仮面」時代の隠れテク(?)発揮といったところでしょうか。芸人たちの一見真面目だけどよく聴くと爆笑的な歌詞群も秀逸。南海キャンディーズの「おしずさん」はストレートに彼らのキャラ全開。アジアの平和から飼い犬の話まで語りがじわじわ笑えるチュートリアルの「Boy meets Boy」。TKがDVDでも絶賛(?)のPOISON GIRL BANDの「角界パンク」(BANDでもパンクでもない(笑))も必聴です。イロモノながらイロモノにとどまらない、言わば小室哲哉x吉本版スネークマンショウ2006。意外にも、一度は聴いてみる価値ありです。

http://www.randc.jp/gachikora/

TKプロジェクト「ガチコラ」

母校の早実が高校野球で優勝し、マスコミには小室哲哉氏の祝福コメントが登場、少し意外に感じた人も多いかもしれません。意外と知られてはいませんが、彼は同校の卒業生。同校の百周年記念事業で記念歌「ワセダ輝く」を作曲、功績を称え小室哲哉記念ホールとその名を冠したホールまで建造されています。青春時代を過し、プロミュージシャンへの夢を確かにした思い出の母校の優勝は彼にとってもさぞ嬉しいことだったのでしょう。また1曲作っちゃったりするかも!?

http://www.wasedajg.ed.jp/50_hallceremony.html

« 液晶テレビ買った、「ピーナッツ」観た | トップページ | プテュマヨとcontemode »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4825/11728258

この記事へのトラックバック一覧です: globe『new deal』、TKプロジェクト『ガチコラ』:

« 液晶テレビ買った、「ピーナッツ」観た | トップページ | プテュマヨとcontemode »

無料ブログはココログ