contact

音楽

ゲーム

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006.06.30

映画「サイレントヒル」試写会、行って来ました

7月8日より公開される映画「サイレントヒル」を一足早く、試写会で観て来ました。1999年発売のPS第1作から原作となったゲームの大ファンなので、この日をとても楽しみにしていました。音楽は基本的には映画オリジナルですが、映画冒頭に少しだけゲームのメインテーマ曲が流れて、感無量。

さて、どう映像化されたか注目、インパクトの強いあのサイレントヒルの世界ですが、・・・悪夢のような裏世界、金網や鉄骨と内臓や血塊のような有機的な背景、不気味で独特な風貌のクリーチャー、・・・かなり良い感じで再現しています。ゲームのサイレントヒルは霧と静寂に閉ざされた街でしたが、映画では外界から隔離され灰が降り続く街として描かれています。設定こそ違えど、雰囲気はかなり忠実に映像化していると思いました。

キャラクターや各シーンも、微妙に映画なりのアレンジは加えつつもかなり原作をしっかりと踏襲して製作されているので、原作をプレイしたことのある人なら誰もがニヤリとできることうけあいです。個人的にはシビル・ベネット婦警が名前もそのままに登場するのが嬉しかったり。配役のイメージは若干異なりましたけどね。そしてトレイラー映像などで気になったリサ・ガーランド"らしき"看護婦も出てきました・・・ゲームのような涙ボロボロのエピソードはありませんでしたが、・・・ん?いや!ある意味涙ボロボロかも。ま、詳しくは観てのお楽しみで。終盤登場しますよ。

ゲームでは「SILENT HILL 2」に登場したトライアングルヘッドも出てきます!なかなか気持ち悪い&恐ろしいです。全体的にスプラッターなシーンは少ないのですが、彼の横暴と彼を凌ぐ真打登場のラストの辺りだけはちょっと強烈なシーンもあったかも。でも基本的にはスプラッターや驚かしで怖がらせるというよりもじわ~っとくる気持ち悪さを出そうとしているのはゲームと同様なので、その点も好感が持てたかな。ラストのハッピー"!?"な結末も、サイヒルらしいですよ。

サイレンがなったら悪夢の現実への浸食が始まるといった、ゲームにはなかったどこか他の作品のような演出がされているのはどうなんだろう!?という気がしないでもなかったりと、ま、些細な疑問点などはありますが、全体の出来から言ったらあまり気になりません。神と悪魔、魔女狩りといった宗教的要素や、映画ではとかく説明が冗長になりがちのミステリー面も、妻が娘を探して奮闘している間、親父をサイレントヒル外で働かせることによってうまくその解明の役割を担わせるなどなかなかうま~く見せてくれていたと思います。あの「ジョヴォーダンの獣」の監督ということもあり、ゲームをそのまま映画にしたらマニアックな映画になってしまうのではと懸念していましたが、意外と万人が楽しめる娯楽作品になっているのではないでしょうか。

あまり上映館数が多くはないようですが、僕としては期待通りかそれ以上の出来、この夏観て損はない映画だと思います。怖くて気持ち悪くて、でもどこか切なく美しい、そんなサイレントヒルの世界の映像化は一見の価値ありです。オススメ!

http://www.silenthill.jp/

サイレントヒル

2006.06.27

日本"以外全部"沈没

9月頃こんな映画が公開予定らしい。・・・「日本以外全部沈没」。

(笑)。この夏話題の草なぎ君主演のSF大作「日本沈没」とは違います。あくまで、沈没するのは「日本"以外"全部」です(笑)。本物より、ちょっと気になるかも!?

▽公式サイト、オール沈没.comって(苦笑)。
http://www.all-chinbotsu.com/

2006.06.24

秘密基地をつくろう!、ミホミホマコト、オシムJAPAN

気になるおもちゃ、というかPCアクセサリというか。「秘密基地をつくろう!」(タカラトミー)。戦隊モノや仮面ライダーの敵軍団総司令部なんかをイメージさせられるデザインの緊急ボタンやレバーなどをPCにつないで遊んじゃおうという、面白グッズ。レバーをグイッと引くとブラウザ起動!とか、緊急ボタンをポチッと押してPC終了とか・・・くだらねぇ~(笑)。9月下旬発売予定。

http://www.takaratomy.co.jp/products/himitsukichi/

秘密基地をつくろう!

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

川本真琴、朝日美穂、もりばやしみほ(Hi-Posi)の3人が新ユニットでCDデビューするそうです。ユニット名は"ミホミホマコト"。2004年からイベント出演などしていたとか。アメリカンオールディーズ風のコーラスユニットだとか。川本真琴はボーイッシュでギター抱えていた以前のイメージを思い浮かべるとだいぶ違うなぁって感じ。復活ということで、活躍を期待したいです。でも、このユニット自体は期間限定らしい。その後の3人の活動も気になります。

http://www.ceres.dti.ne.jp/~donidoni/mihomihomakoto/

ミホミホマコト

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

次期日本代表監督が、現ジェフ千葉監督のイビチャ・オシム氏となりそうです。かつて旧ユーゴを'90年伊大会でベスト8まで導き、近年はJでジェフ躍進に力を発揮しています。記者会見やインタビューでの茶目っ気と鋭さが程よく混在する絶妙の発言も印象的。知性と情熱、冷静さと厳しさの両方を兼ね備えている人というイメージがあります。Jに3年居て日本のことも熟知しているでしょうし、個人的には結構適任じゃないかなぁと感じています。少なくても海外から突如、日本には来たこともないような名監督を連れてくるよりは得策だと思います。ジェフでは新人発掘・育成にも力を発揮したので、2010年のW杯に向けてその辺も期待したいところです。日本代表に新しい息吹を。

早くも8月からはアジアカップの予選が始まるらしいですし、楽しみ楽しみ。

2006.06.20

高円寺系の真空な男

いろいろ、流行りの診断系サイトにトライしてみました。

まずは、「東京どこ系?」。・・・

------------------------------------------------------
たいむさんは高円寺 です!

● 高円寺系のあなたは、楽天家のロマンチストです。見かけが温和でおっとりした感じなのでのんびり屋に見られがちですが、実はかなりの合理主義者。何事も手際よくテキパキこなす、しっかり者です。正義感も強いので、間違ったことや理不尽なことは黙って見過ごせません。また、何事も真剣に取り組む情熱や熱意も兼ね備えています。そんな強い意志を持つ反面、デリケートでロマンチストな一面も。大きな壁にぶつかったときは、クヨクヨしないよう心がけてください。本来の楽天家気質を発揮していれば、必ずや乗り越えることができ、さらに一回り成長できるはずです。直感力にも優れているので、芸術分野などで才能を遺憾なく発揮するでしょう。

● たいむさんの金運最高デーは、10月21日です!
------------------------------------------------------

うむ、音楽好きなので高円寺は嬉しいかも。結構ネガティブな面もあるので楽天家かどうかは微妙ですが、その他については性格も結構当たってるかも。変な正義感とか無駄に強いとこあるし・・・。高円寺かぁ~、「ALWAYS 三丁目の夕日」にも出てきたなぁ。実はあまり行ったことない場所だったりして。今度遊びに行ってみるか。

次に試したのは、「成分分析」。・・・

------------------------------------------------------
×××の59%は真空で出来ています
×××の31%は玉露で出来ています
×××の7%は気の迷いで出来ています
×××の2%は成功の鍵で出来ています
×××の1%は理論で出来ています
------------------------------------------------------

×××は、本名なので伏字です。半分以上真空って、中身ないってこと!?(汗)玉露もイメージし難いですね(苦笑)。気の迷い、1%の理論は、ちょっと分かるかも。

東京どこ系?
http://u-maker.com/170276.html
成分分析
http://seibun.nosv.org/

2006.06.15

マドンナのチケット取れた。取れ過ぎた・・・

マドンナ、13年ぶりの来日東京ドーム公演のチケットがなんと取れちゃいました。しかも、2枚のつもりが3枚も(苦笑)。う~ん、1枚は余るかも・・・どうしよう、誰か誘ってみるか。が、A席 14,000円也。そう簡単にノッてくれる人はなかなかいないか。正直言って高いです!(笑)・・・でも、その価値あるコンサートになると期待しています。中学生の頃、死ぬほど聴いたよなぁ・・・。フーズ・ザット・ガールツアーのビデオも擦り切れるほど観たっけ。

Like a Virgin姉さんも今や47歳。しかし最新作『Confessions On A Dance Floor』は80年代を彷彿とさせるようなポップでダンサブルなチューン満載ですし、ポップクイーンは健在といった感じ。

公演日は9月20日。うお~、楽しみになってきた。

Confessions On A Dance Floor

2006.06.13

「ALWAYS 三丁目の夕日」

ALWAYS 三丁目の夕日」、観ました。1958年(昭和33年)東京の下町を舞台にした人間ドラマを描いています。戦後から高度経済成長へと向かう日本、風情と活気、人情の溢れる昔の日本が丁寧に再現されています。

街の小さな自動車修理工場・鈴木オートを営む鈴木一家とそこに集団就職で上京して就職した六子の物語、そしてひょんな経緯から見ず知らずの少年を養うことになった冴えない作家兼駄菓子屋・茶川の物語、この2つの物語がこの映画の核となります。

人と人のつながりの温かさや大切さ、面白さをしみじみと感じさせてくれる作品。さすがの僕も生まれていない知らないはずの日本なのに、なぜかすごく懐かしい。僕は「昔は良かった」という言葉は決して好きではありません。人間大抵過去を振り返れば良い思い出はより一層美化されて感じられるものですし・・・。ただ、それでもなおやはりこの映画を観て、胸が温かくそして切なくなる事実。物質的、経済的には遥かに発展し、様々なものを得たであろう現代の世の中において、僕らはいったい何を忘れて、また何を失くしてしまったのでしょう・・・。

少なくとも、この時代の人々、夕日町の人々が持っていた逞しさや情熱、夢に匹敵するものを、果たして僕らが持ち得ているのか、彼らが夢見、描いた"50年後の日本"となっているか、改めて自らを見つめ直し、胸に刻んでいかなければと考えずにはいられません。

「ジュブナイル」、「Returner」の山崎貴監督が、そのSF色の強い過去作で養ったSFX技術を活かして、昭和中期の日本を見事に再現しています。ストレートに古き良き日本を描いた、ありそうでなかった映画。アットホームで懐かしくて、それでいて日本の現代と未来をも考えさせてもくれる。広い世代に支持されたのも頷けるような気がします。

ALWAYS 三丁目の夕日

2006.06.12

日本、対豪州戦 3失点で敗戦

これがワールドカップなのでしょうか。たとえ相手がオーストラリアであっても、日本は世界の壁にはまだまだということなのかな。ペナルティエリアやそれに近い位置でビドゥカなど敵の主力選手を度々フリーにしてしまっていたましたし、あれだけシュート打たれればそりゃ3点くらい取られてしまうはず。テレビの解説では守備は悪くないと言っていましたが、この度に及んでマークがブレたり、敵のセットプレイにあたふたする様は滑稽でさえあり、なんだか凄く辛いというか悲しい気持ちになってしまいました。確かにオーストラリアの大きさ、強さは手強かった。が、前半1点中村のシュートもラッキーな部分があるし、後半も何度かあった決定的チャンスを決められない積年の課題を改めて思い知らされた形です。

ジーコのサッカー哲学には共感する部分もあります。負けたからって、ジーコJAPANのやり方を否定したり、あらかじめ悲観的な予測で伏線をはっておいて「ホラ言ったでしょ」的な顔するのは嫌なんです。ただ、発想や経験、素質を必要とするブラジル的な思想は、もしかしたらまだ日本には早過ぎたのかもと思うことはあります。全面公開練習とかね・・・。残り2試合(+α!?)で結果を出して、花咲かすことが出来るのか、まだ一縷の望みを持って応援を続けたいと思います。

しっかし、汚ぇ~ヒディンクに負けたのは本当に悔しい!!韓国の人々も喜んでるんでしょうね・・・。1次リーグ突破は極めて厳しくなってきましたが、クロアチアに大勝したり、それこそブラジルを下したりすることがあれば希望はあるにはあります。今日のオーストラリア戦、終盤の連続失点は精神的な焦りとかも影響していたと思うので、その辺割り切ってどうにか立て直してくれることを願ってやみません。

侍は斬られたままでは終われない、でしょ。

http://fifaworldcup.yahoo.com/06/jp/
http://fifaworldcup.yahoo.com/06/jp/w/match/template.html?id=12

2006.06.11

Buitoni、「フライトプラン」、Rubber & WAM

最近、仕事常駐先施設内のフードコートにあるBuitoniに居る女性店員さん(パート?)が気になります。めっさ可愛いです。ただ和風系パスタはいまいちなので、当日のメニュー次第でBuitoniに並ぶか否かは毎回悩むところですが(苦笑)。

ところで、このBuitoniってCASA系列だったんですね(西洋フードシステムズ)。と、さらに調べたら同じくやはりフードコートにあるKitchen Demi-glaも同様CASA系列でした。ふむふむ。

http://www.seiyofood.co.jp/

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

DVDで映画「フライトプラン」、観ました。

一緒に飛行機に乗ったはずの娘が突如姿を消すストーリー。もともと無理のある設定とはいえ、すべての乗客や乗務員までもが主人公の娘を見ていないと言い張るのは違和感がありましたが、終盤のシーンで「僕あの娘を見たんだよ」という子供の乗客の声が聞こえるところがあるので、その辺は現代の他人への無関心とか、関わりたくないと押し黙っていた人もいたことを表していたのかなと理解しました。

他にもジョディ・フォスター演じるお母さんがいくらなんでもエキセントリック、いやヒステリック過ぎとか、保安官役のピーター・サースガードがいかにも怪しい無表情過ぎと、まぁ、細かいこと言うといろいろあります。子供を見つけ出す為には手段を選ばない主人公に誰が危険人物だか分からなくなること請け合いですが・・・。ただ、子供の存在さえ否定されるという設定に「フォーガットン」が頭をよぎりましたが、あのように宇宙人落ちじゃなかっただけ最低限ホッとしました(苦笑)。

ま、DVDを借りて楽しむ程度なら、そこそこ楽しめるミステリーではあるんじゃないでしょうか。ジョディ・フォスターは大好きなのですが、彼女の魅力もいまひとつ活かしきれてないです。

フライトプラン

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

友人とフェチ(フェティシズム)の話をしていて、Rubber(ラバー)だのWet&Messyだのと言ったら「!?」という顔をされてしまった。インターネットを通しての普及等でだいぶメジャーになってきているとはいえ、まだまだワードとしてはマニアックなのかもしれませんね。スキンタイトな衣装がセクシーだとか、濡れとか滑りのエロティックな感覚とかは、誰しも少しは理解できるのではないかと思いますが・・・。

しかしフェチって、ま、前述のような物質的なものから、身体の部位、シチュエーションへのこだわりまで本当に人それぞれ千差万別。フェチなんて性欲が単なる三大欲求の生理的欲求に収まらない人間ならでは。人間の感覚とか趣向って不思議ですね。

え?なんで急にそんな話かって。いや、別にただ何となく書きたくなったからです。ま、たまにはいいでしょ。

2006.06.10

PlayStation3とWii ~魅力的な相対するベクトル

5月中旬のE3を機に、SCEプレイステーション3(PS3)、任天堂Wiiという次世代ゲーム機の詳細をそれぞれ発表。次世代機と一言で括るには、かなり異なるベクトルを持った2機種で、大変興味深く思いました。

ブルーレイディスク(BD)という次世代DVD規格を採用し、マルチタスクやグリッドの思想を持った新たなアーキテクチャを持つ高性能CPU・Cell(カスタム)がその中央演算処理を司る。HDを最大限に引き出すHDMI、無線コネクト・通信を実現するBluetoothやWi-Fiも・・・と、まさにハイテクノロジーのてんこ盛り。単なるゲームマシンと言うよりは、マルチメディアセンターと呼んでもよいでしょう。

一方、Wiiは任天堂が据え置き型ゲームのパラダイムシフトと豪語するインターフェイスが何よりの注目点。NINTENDO DSで携帯ゲーム機に液晶2画面&スタイラスペンという入出力アイデアを採用し大成功を収めた任天堂は、その発想を据え置き型ゲーム機にも取り入れ、ファミコンからプレイステーション2やXbox360に至るまで当たり前のようになっていたコントローラに変革を求めました。赤外線による画面ポインタや振りを感知するセンサ、小型スピーカなどを内蔵した片手に収まるリモコン型のコントローラ、さらにヌンチャクのように連結する補助ボタンなどが並んだコントローラをもう一方の手に持ち遊ぶという、何とも前代未聞の新しいプレイスタイル。演算や描画能力はPS3に劣るものの、HDDやWi-Fiは搭載しネットワーク等はしっかりと抑えている。ファミコンからNINTENDO64までの旧作ソフトをダウンロードで遊べるというバーチャルコンソールや、スリープ状態でアップデートやダウンロードを行なえるWiiConnect24という魅力的なサービスも発表されています。

PS3が見せる、空気感や人間キャラの温もりまでも伝わってきそうなほどのグラフィック。その時代その時代の最先端の技術が投入され、それを体験できるというのもゲーム機の醍醐味の一つだと思います。予想される価格は7万円以上(定価はオープンプライス)、HDMIを除いたりHDDの容量を減らすなどスペックダウンしたモデルでも税込6万2,790円とこれまでのゲーム機と比べると高価な印象。ただBD一つとってもみても、現在のBD専用機と比べて6割程度の価格。そう考えるとお得とも感じる。ゲーム機としてだけでなく、マルチメディアなエンタテインメントマシンとしてどれだけの価値を見出せるかによって、人により捉え方が変わってきそうですね。

Wiiはコントローラという体感できる新しさは魅力的。ハリウッドのSFX超大作映画に頭打ちが見られる映画界同様、確かにゲーム界でも高精細グラフィックや大作偏重の進化に懸念を唱える人も少なくない。多数のボタンを操る操作の複雑化が一般のゲーム離れを招いているとの指摘もあります。こうした声に対する任天堂の一つの答え、提示がこのWiiなのでしょう。ただ、欧米では大ヒットし日本では不発だったPS2のEyeToyを引き合いに出すまでもなく、動き回るには少々リビングが手狭であったり、人目を気にする羞恥心が強い日本において、これまでのコントローラに比べ大きなアクションを要するプレイスタイルが果たしてどれだけ受け入れられるのか未知数ではあります。スタイラスペンを用いた頭脳トレーニング系で、割合と高い年齢層、大人の人気も引き込むことに成功したNINTENDO DSですが、Wiiはむしろ活発な盛りの子供たちをターゲットにするのでしょうか。Wiiの長時間プレイは、大人には少々堪えそう!?

2006年後半幕を開ける次世代ゲーム機競争の行く末は、これまでになく予測が難しいかもしれません。当初はPS、PS2と築いた牙城を崩すのは難しく、PS3の独走かと思われた時期もありましたが、春から秋への発売延期があり、今回こうした強気の価格設定をしてきたことにより、序盤どれだけのスタートダッシュを切れるのかは分からなくなりました。Wiiは大変面白い試みですし、まだ発表されていない価格も20,000円前後になるだろうと予想されていて、購買意欲はそそられます。但し先述の通りそのプレイスタイルの斬新さゆえにどれだけ一般層に受け入れられるかは未知数ですし、また据え置き型では64、GAMECUBE、2世代において、2番手、3番手と後塵を拝しているジンクスを打破できるのかも気になります。

DS全盛のご時世、据え置き型ゲーム離れがこのまま進み、両者共倒れという結末だけは避けたいところ。PS3、Wii、それぞれが違った方向性で新たな遊びの創造、楽しさを提示して、共存共栄っていうのが一番理想だとは思いますがどうなるか。個人的には、今年末から来年にかけては安価でラインナップも揃いそうなWiiが好調に推移し、その後からPS3が再来年とかソフトも充実してきて値下げを始める頃から急ピッチで追い上げていくような展開になるような・・・。いずれにしろ、PS、PS2のような完全一人勝ちってのはないような気がしますが、復活をかける意気込みも並々ならぬソニーのお手並み拝見といったところでしょうか。

あ、Xbox360・・・(いや欧米では脅威ですけどね)。

2006.06.04

くいもの屋わん

蒲田で飲みに行きました。くいもの屋わん。神奈川や東京で展開している和風の創作料理や串焼きなどをメニューとする居酒屋チェーンの蒲田店。わりと肉系の料理が多かったよう印象。僕らは、春の宴会楽コース(2,500円)と、2時間飲み放題(1,480円)を注文。

変わり串の盛り合わせのエリンギ豚肉巻きや、出汁巻玉子の天ぷらなど珍しいメニューも結構ありました。デザート特選甘味のアイスチーズケーキも、アイスクリームかと思って口に入れたらチーズケーキでビックリ。最後まで楽しく、またなかなかおいしかったです。

仕事の常駐先の方たちと、同僚、上司含めて飲みに行ったのですが、普段確かに仲良いなぁと思っていた男女2人が電撃結婚発表(ま、一部は知っていたそうですが)。職場結婚かぁ。・・・一人可愛いなぁという人はいるのですが、互いにシャイなのであまり話したことないし、この日の飲み会も欠席だったんですよね~。なんかもう最近のウチの自社の飲み会は一部だけで盛り上がってるノリでいまいち楽しくないし、出会いはプロジェクト常駐先や仕事外で作っていくしかないかなぁって感じかも。

蒲田で終電近くまで飲んだのは初めて。仕事は人の入れ替わりが激しくて忙しくなってしまったりもしてるのですが、だからこそっていうかこういう機会は増えるといいなって思います。しっかし相変わらず、家が最寄り駅から遠いとタクシー代がキツい。ホント都内に引っ越したい・・・。お金貯めて、本気で考えようかなぁ。

http://www.oizumifoods.co.jp/wan/
http://r.gnavi.co.jp/a127627/

2006.06.02

「MOTHER3」とお笑いDVD、globeの話ですが、何か問題でも?

買って積みゲーになっていた「MOTHER 3」をようやくちょこちょこプレイし始めました。お母さんキャラを好きな女性の名前にしたら、いきなり・・・(苦笑)。まだ柴咲コウばりの泣き所と言うのには遭遇してませんが、ストーリーやセリフなどオリジナリティとユーモアに富んでて、なかなか面白いです。ちょっと戦闘とかはオーソドックス過ぎる感がありますけどね。

MOTHER 3

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

最近、お笑いのDVDをいろいろまとめて借りて来て見まくってます。おぎやはぎの「Best Live JACKPOT」は笑いました(少し前のDVDのようですが)。他にも、ドランクドラゴンとか、アンタッチャブルとか観て笑い倒し。近いうちに、さまぁ~ずやフットボールアワーのDVDなども借りてみようと思ってます。本当はもっと少し若手のキング・オブ・コメディとかも見てみたいところですが、さすがにDVDはないようなので・・・(汗)。

そうそう、マイナスターズのライブDVDも発売されてるんですね。こちらはなかなかレンタルとかにはないみたいなので、買おうか悩んでます。タイトルは、・・・「マイナスターズライブ ~その日雨だけどね~」。笑。

Best Live JACKPOT

マイナスターズライブ ~その日雨だけどね~

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

globeが早くも、今度はミニアルバムをレコーディング(『NEW DEAL』)。今月末にもリリースになるとか。小室さん、プロデュースも含めて、近年稀に見る創作意欲です。当初シングルカットの予定も浮上してアルバム収録に落ち着いた「Soldier」のニューバージョンを柱とした作品になる模様。楽しみです。昨年の今頃でしたか、言っていたfeaturingだのextremeだのという話はどこかへ行ってしまったかのようですが(苦笑)、ま、スタイルや名前はともかく、積極的にリリースしてくれるのはファンとしてはそれはそれで嬉しいわけで。

ミニアルバムの、というか、現在のglobeのテーマは"3Q"らしいです。Quick、Quantize、Quality。よう分からんけど(笑)、小室さんらしい。スピード感と微妙なクォンタイズによるグルーヴ、そして高音質、ってことかな!?

http://www.avexnet.or.jp/globe/

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

無料ブログはココログ