contact

音楽

ゲーム

« 「ダ・ヴィンチ・コード」 | トップページ | やせっぽちジーコ、テレビはサラ金、保険のCMだらけ、太蔵に大失望 »

2006.05.24

「アンジェラ」

映画「アンジェラ」観てきました。リュック・ベッソン監督最新作です。ベッソン作品には大好きな映画が多いので、約6年ぶりという今回の監督作はとても楽しみにしていました。近年はプロデュースや脚本にすっかりその活動の重点を移してしまっているベッソンですが、正直「TAXi」シリーズとかはあんまり好きではなくて、やっぱ"監督"作を早く観たい!とずっと思ってました。ただ、結構以前から本人自身監督業は引退を匂わせていて、あとは現在製作中のアニメ作品で最後とも言われています。つまり実写映画としてはこの「アンジェラ」が最後の監督作品になるかもしれないのです。まだ若いので、いつか気が変わることを切に願いますが、とりあえずこれは観に行くしかないでしょ、ってもんです。

モノクロームで描かれるパリを舞台にしたファンタジー。コメディタッチのシーンというか、ベッソンらしいユーモアを散りばめつつ、ラストは幻想的でちょっと切ない、そんな映画。ちょっと間抜けで短絡的で事業の失敗や借金ばかりしている男・アンドレは、ついに追い込まれアレクサンドル三世橋からセーヌ河に身投げをしようとする。しかし、そこに突如として現れるのが、謎の長身の美女アンジェラ。娼婦を思わせるファッションに身を包んだ彼女はアンドレのためなら何でもすると彼に付き纏う。この突飛な出来事に最初は不信に思うアンドレだが、彼女と行動し不思議な体験をするうちに惹かれ、また自分の人生について考え直し始めていく・・・といったあらすじ。

突如として現れる不思議な女性・アンジェラは、「フィフス・エレメント」のリールーを彷彿とさせるし、クラブや喧嘩のシーンのユーモアなど、そこかしこにベッソンらしさが見られます。どこか無機質で幻想的なパリの風景と艶かしいアンジェラの姿の対比も美しい。全体的な雰囲気はとても良いです。中盤以降アンジェラの秘密がちょっとずつ明かされ、ラストは思いがけない展開になります。

ストーリーというか、全体的なプロットは、男なら誰しもが憧れるようなファンタジーで、悪くないと思います。ただ、過去のベッソン作品と比べるとどこか感情移入も感動もいまひとつでした。それはたぶん、1時間30分という短い時間の中で、中盤からラストに向けてのアンジェラの心境の微妙な変化や、彼女が抱える弱さが描ききれていないというのが大きいのではないでしょうか。例えば終盤、アンドレが借金相手に思いの丈を正直に吐露し、アンドレが自分を見つけるシーン、それを見つめるアンジェラが部屋の隅で涙しますが、あそこはアンジェラの微妙な心境を描く重要なシーン。演技とかもっとクローズアップされるべきで、そこまでの流れももっと作ってあげるべきだと思いました。

まるで漫才やコントのように畳み掛けるふたりの台詞も、コメディとしてはそれでいいのかもしれませんが、中盤以降はちょっと疲れてくるというか、もっと心の機微とか情景とかそういった描写の方に、限られた時間、シフトしてもよかったんじゃないかなって気がします。"天使"っぽさも、ラストのSFXだけではなくて「グラン・ブルー」を撮ったベッソンなら、抽象的な表現ももっと含めて幻想的に描けたんじゃないのかって残念に感じるのは期待し過ぎでしょうか・・・。

う~ん、「ジャンヌ・ダルク」の反動なのか、純真・純愛を描くために意図的にシンプルにしようとしたのか、全体的に時間も短いしショートストーリー的に映画が終わってしまう印象。ベッソンが温めていたシナリオというだけに、もっと演出次第では大化けしそうな気もするのですが、なんだか小さくまとまってしまった感じです。評論家などからの評価も悪く、フランス本国そしてこの日本での興行成績もあまり思わしくないようで、ま、ファンとしては酷評するほど悪いとは認めたくありませんが、確かにこれが最後の実写作品になるとすればちょっと・・・というかかなり残念です。物足りない。ベッソンの才能が枯れたとは思いたくないですし、出来ればまた10年後でもいいので映画撮ってリベンジ願いたいところです。

久々のベッソン監督作という期待でちょっと辛口に書いてしまいましたが、さらっと見ればそれなりに楽しめる小粋な映画にはなっていると思います。ベッソンが嫌いでないなら、損ではないかと。

ところで、ベッソンが製作中のアニメって、どんな作品になるんですかね・・・!?

http://www.angel-a.jp/

« 「ダ・ヴィンチ・コード」 | トップページ | やせっぽちジーコ、テレビはサラ金、保険のCMだらけ、太蔵に大失望 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4825/10213047

この記事へのトラックバック一覧です: 「アンジェラ」:

« 「ダ・ヴィンチ・コード」 | トップページ | やせっぽちジーコ、テレビはサラ金、保険のCMだらけ、太蔵に大失望 »

無料ブログはココログ